日記・コラム・つぶやき

2024年1月29日 (月)

ガチョウ騒動について

つい先日、ガチョウ(goose/geese)にまつわる翻訳記事が原因でちょっとした騒ぎがありました。それは、昨年末から年初にかけてJRA短期免許を初めて取得し日本競馬に騎乗していたL. Morris騎手(英国)が、自らの申請で免許取消、予定より1か月早く帰国して英国メディアに「I couldn’t turn geese into swans.」とコメントしたことに端を発します。日本のS社は、彼のコメントを「ガチョウを白鳥には変えられない」と直訳してネット配信したのですが、これが騎乗馬の質が悪くてどうにもならなかった(日本での通算成績:80戦1勝)という「捨て台詞」として受け取られ、日本で同騎手を批判する声が相次ぐ事態になりました。直訳記事はその後まもなく「長所を最大限に引き出すことができなかった」という同騎手の反省の弁に訂正されましたが、すると今度は批判の矛先がMorris騎手からS社に移り、「turn geese into swans」は「長所を最大限に引き出す」という意味の慣用表現なのだから誤訳(直訳)には悪意がある、Morris騎手に正式に謝罪すべきとの意見が出る始末・・・

ところで、私は「turn geese into swans」が上記の意味の慣用句だという話には懐疑的です。ただ、「All his geese are swans. (自分に身近な人やものは全てよく見えるものだ.)」という諺は有名なのでgoose (geese)とswan(s)の対比はしっくりきます。そもそも「What a goose! (なんてバカなんだ!)」という表現があるくらい、英語圏ではガチョウにあまりいいイメージがないので、Morris騎手のコメントに「ガチョウ=駄馬」という皮肉はなかったとしても、これを長所云々と訳すのはちょっと飛躍している感じがしました。

となるとこれは文脈上の意訳かと思い、英国レーシングポスト紙の元記事を読んでみました。すると該当箇所は「I had just the one winner and many places, but it’s quite tough going and I worked out that the average SP (管理人注: starting price) of my rides was 54-1. I soon realised that I couldn’t turn geese into swans.」となっていました。つまり、Morris騎手は、事実としてオッズで低評価だった自分の騎乗馬(ガチョウ)を勝ち馬or着順上位馬(白鳥)にすることはできなかったと冷静に状況分析をしているわけです。私がもしコタツ記事を書くとしたら「私が勝てたのは1度だけで2、3着は何度もありましたが、状況はかなり厳しく、計算したら私の騎乗馬の平均最終オッズは55倍でした。この低評価を覆して大きな成果を上げるのは難しかったとすぐ理解しました。」という感じになります。昨今のメディアやネット民は「切り取り」がすぎるので、S社も無難に意訳しておけばいろいろとカドが立たず、炎上拡大阻止のため妙な訂正でお茶を濁すこともなかったかもしれません。

ちなみに、元記事の中でMorris騎手は、今回の日本での騎乗をタフだが素晴らしい経験だったと述べ、JRAへの深い感謝や再来日への意欲も示しています(なので捨て台詞を吐くわけがありません)。公式には「一身上の都合」とされている早期帰国の理由も、騎乗停止処分(2/3,4)を受けたこととJRAは土日しかレースがないので、とビジネスライクな対応(短期免許取消と同日(1/24)に早速英国で騎乗再開)だったことが明かされています。

それにしても、今回の騒動は洋の東西を問わず「白鳥がガチョウよりも優れている」という共通認識(見た目?or ガチョウ=家畜だから?)が根底にあり、ガチョウにとっては相変わらずかわいそうな役回りでした。ですが、そのガチョウにも「golden goose (無限に利益を生むもの)」という最強のポジティブ表現があります(イタリアの人気アパレルブランド名にもなっています)。これは「kill the goose that lays the golden eggs (目先の利益に目がくらんで将来の利益を台無しにする)」という慣用句と同様、「黄金の卵を1日に1個ずつ産むガチョウ(golden goose)を持っていた男が、一度にたくさんの黄金の卵を手に入れようとしてそのガチョウを殺してしまった」というイソップ寓話に由来しています。いつか「○○○グース」と名付けられた競走馬にMorris騎手が騎乗してスワンS (GII)を勝ったら最高のリベンジになりますが、その確率は・・・オッズで555倍くらいでしょうかw


Photo_20240128233501
「金の卵を産むガチョウ」は時々
 なぜか全身も金色で描かれます。

| | コメント (0)

2024年1月22日 (月)

アワード vs. アウォード

今回は「award」の発音にまつわる雑談回です。日本語で賞を意味する「アワード」が定着してから大分時間が経った気がしますが、awardの発音は[əwɔ́rd (US)/əwɔ́ːd (UK)]なのだから、日本語もアウォードとするべきだという人がいます。なぜなら「Star Wars」は「スター・ーズ」ではなく「スター・ウォーズ」ではないか、と。実は外国語の言葉を日本語に取り入れる場合には字訳、音訳、または意訳があり、どれが採用されるかはその言葉次第なところがあります。このawardに関しては、アワードが字訳でアウォードが音訳ですので、字訳が広く受け入れられているという現状です。心配なのは、英語を喋るときに綴りやカタカナ語に引きずられて発音を間違えてしまうことですが、それはawardに限らずよくある話です。綴りでいうと、spinach(ほうれん草)はスピッチではなくスピッチ [spínitʃ] と発音するのが個人的には最もインパクトがあるトラップです(ほかにも、bury [bri], women [wmin] など)。

さて、実際にググってみると検索結果数はアワードが全体の99%以上(アワードとアウォードの二択で)を占めており圧倒的でした。言葉は「一度定着したものは回収しがたい」性質があるので、この状況だとアウォードがメジャーになることはほぼないかもしれません。そんな中、果敢にもあえてマイナーなアウォードの方を公式に採用している団体や組織があるのか調べてみると以下の2つが見つかりました。

Jリーグアウォーズ((公社)日本プロサッカーリーグ (Jリーグ))

東京ドラマアウォード((一社)日本民間放送連盟)

やはり、アウォード派を探すのは一苦労で、ほとんどがアワード派でした。上記の2団体(社団法人)には「アウォード賞 (AWARD AWARD)」を差し上げて、その勇敢さを称えたいと思います。ちなみに、NPB AWARDS(プロ野球)や B.LEAGUE AWARD(プロバスケ)など、あえて英語のまま(発音は謎ですが)にしている団体もありました。

外国語の単語をカタカナ語にする場合、音訳には原語自体の発音ゆれの問題や音声学的な限界がある一方、字訳に頼ると原語の発音からは遠ざかることになります。ダイアベティス(糖尿病の代替語候補)もそうですが、学術用語には字訳が多い印象です。ちなみに、日本化学会には化合物の化学名(メインはカタカナ表記)が一通りに決まる字訳基準表があります。例えば、化学物質のxyleneは、日本語では字訳により「キシレン」となりますが、英語では「ザイリーン [záiliːn]」なので発音にはかなりの開きがあります。学術界で字訳を採用する理由としては、原語の発音を犠牲にしても表記ゆれをなくすことを優先し、論文や特許の正確な検索をしやすくするメリットなどが考えられます。

Photo_20240129005801
 この賞は「アウォード・アワード」と読みます。

| | コメント (0)

2023年9月11日 (月)

ヒヤリハット事例

下の写真、どちらもよく見かける看板ですが、作りが似ているようで実は違うことに最近気付きました。左側は読んで字のごとく「黄色い帽子」ですが、問題は右側のピザハット。「Pizza Hut*」の文字が麦わら帽子のような絵の下に書かれていることもあり、「Pizza Hat」だとずっと勘違いしてました。 *ピザ(を作る)小屋の意。

Photo_20230911011501
<問題点>
タイポグリセミアなどを防ぐために単語を文字単位まで分割して綴りを確認しても、そもそも間違ったことを思い込んでいたら修正が利きません。特に今回のように、企業名などの固有名詞を間違えてしまうと深刻な問題にもなりかねず・・・。日本語ですら、大手企業の「キノン」や「富士フルム」のように発音と綴りに乖離があるものなど、校正者泣かせのトラップはいろんなところに存在するようです(そのうち類型化できたらいいなぁ)。

ここで、自戒の念も込めて、わかりやすい挿絵を作ってみました。

Photo_20230911001701

以上、最近のヒヤリハット事例のご紹介でした。

| | コメント (0)

2023年8月20日 (日)

ブログ再開のお知らせ

このブログの読者のみなさまへ

 

大変ご無沙汰しております。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は本ブログ再開のお知らせになります。諸事情により10年以上ブログを更新しておらず、みなさまには大変ご心配をおかけしました。また、長期間無償でこのブログをキープしていただいていたココログ様に深く感謝いたします。

 

再開のきっかけは尊敬する友人の後押しでした。幸いなことに、ブログ休止期間中も英語に関わらせていただくことが多く、言語への興味も尽きることはありませんでした。そして最近、新たにお伝えしていきたいことが結構あることにふと気付き...という感じです。

 

とはいえ十数年前とは環境がガラリ一変。昨今のSNSの発展になかなかついていけず「浦島太郎」状態です。そんな私ですが、これまた幸いなことに、私にないスキルを持った心強い友人たちがサポート(コラボ?)してくれることに!本当にありがたい限りです!

 

ブログを足掛かりとして、これまでの枠にとらわれない活動にもいろいろ挑戦する予定です。「語学=語楽」をモットーに、英語や日本語の面白さを皆さまとまた気軽に楽しんでいけたらと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

やまちゆう@管理人

| | コメント (2)

2007年11月23日 (金)

イズム

ism」はもともと、①学説、主義、傾向などを示す接尾辞ですが、とくに1960年以降は②差別・ひいきといった意味で使われることも多くなったようです(昔のビジ英より)。これらのうち、最近気になった単語をまとめてみました。

学説・主義・傾向
Darwinism ダーウィン説(ビジ英10月号,p.75中ほど)
 いわゆるダーウィンの進化論(Darwin's theory of evolution)ですが、最近では一般化して、発展や淘汰のしくみを指して、日本語でも「経済/社会/言語のダーウィニズム」と言ったりするようです。
environmentalism 環境保護主義/環境決定論(ものしり英語塾11/19,20)
 「環境保護主義」は今や一般常識として国際的にかなり浸透し、環境保護団体 Greenpeace の活動などにも象徴される考え方ですね。一方、心理学の分野では、人格形成が遺伝よりも環境が支配的であるとする「環境決定論」という意味もあるそうです。似た意味で「Nurture is above nature.(育ちは遺伝より大切である)」という格言もありました。
absenteeism 計画的欠勤・サボリ癖
 これも現代病の1つでしょうか。ちなみに本ブログの勘違い英会話のトムもちょっとこの傾向があるのかもしれません。これとは対照的に、presenteeism(欠勤すると失業するかもしれないという恐れなどから正当な欠勤理由があっても出勤してしまう状況または感情)という単語もあるそうです(ビジ英2月号,p.27)。

 その他、vandalism(故意の破壊行為)などもありました。この単語はヴァンダレイ・シウバ(格闘家)からの連想で覚えました。

差別・ひいき
 この用法は、racism人種差別,1933年)の概念がきっかけなのだそうです。以下、( )内はその語が作られた年を示します。
ageism 年齢による差別(1969)
chauvinism 極端な排他主義/性差別主義
 ex. male chauvinism 男性至上主義
lookism 容姿による差別(1978)
nepotism 縁故者びいき
sexism 性差別(1968)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

お知らせ(revised)

今回は、いつもお世話になっております読者の皆様にお知らせがあります。

本日(11/22)発売の月刊誌「AERA English(1月号),p.23」に、このブログを軸とした私の英単語学習法の紹介記事を載せていただいきました。今までこのブログの中でご紹介できなかった「語源マトリックス(接頭辞と語根を2次元のエクセル表にまとめたもの)」も取り上げていただいています。皆様の英単語学習にお役に立つかどうかは自信がありませんが、ご参考までにご一読下されば幸甚です。

本ブログの構造はちょっと雑然としていますので、上記の記事のポイントに従ってカテゴリーを仕分けしてみました。

英単語に関連して、
①法則を見つける→語源、語源マトリックス、アクセントの法則
②韻に着目する→語呂
③自分で物語を作る→Theater DUO勘違い英会話

また、英単語の記憶法に関する私の大まかな考え方を以前に考察したことがあります→こちら

それでは、今後とも本ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

追記:
「語源マトリックス」はエクセルで作っています。日々更新中なのですが、もし現時点の元ファイルを見てみたいという方がいらっしゃいましたら、メールにて添付送付をさせていただきますのでご連絡下さい(もちろんfree of chargeです)。今後は、何とかブログでうまく閲覧できるようにしたいと考えています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

記憶法(revised)

 1年くらい前に単語の「記憶法」について自分の考え方を書いたことがあるのですが、それを今回見直してみました。私が難しい単語を記憶する時はとりあえず以下の方法のいずれかを頼ってみます。

 (1)語源(etymology)
 (2)連語(collocation)
 (3)(rhyming)
 (4)語呂(pun)
 (5)反復(repeat)

 (1)は意外な事実がわかることがあって単純に楽しいですし、(2)や(3)で覚えたものは語にまとまりがあるので表現に重厚感が出せます。(3)、(4)は音に頼る記憶ですが、他にも、自分の好きな歌の歌詞などに出てくればlucky ですね。記憶に関しては、ある程度の塊(chunk)の方が頭に残りやすく、あまり見なれない短い単語を単独で覚えるのは逆に難しいような気がします。
 また、英会話では頭が英語モードなので、(4)に日本語のだじゃれを使っていると会話にスムーズさを欠く恐れがあるかもしれません。私の場合は、(4)は知っている単語の発音をネイティブっぽくするのに使っているかもしれません。小学生の頃聴いていた「基礎英語」でcamera がどうしても「木村」に聞こえたのが始まりで、hierarchy (ヒエラルキー、階層) が「Hi, Araki!(は~い!荒木)」とか(笑)。余談ですが、アメリカの学生さんなどはeuthanasia (安楽死)を「youth in Asia(アジアの若者)」という語呂で覚えるという話を聞いたことがあります(でもこれ、なんだかhate-crime (人種差別犯罪)を誘発しそうという意見もあって微妙です・・・って考えすぎ?)。
 最後の(5)は力技。例えば、頻繁に使うようなログイン時パスワードに使用して毎回打ち込んで覚えるという荒技もあります。もちろんパスワードに単語だけを使用するのは危険ですが、うまく数字や記号と組み合わせて打ち込めば安全かつ効果的な学習法になると思います。ま、もちろんニーズのない無機質な単語を無理やり覚える必要はないのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

記号系

化学系の英語論文を書く時に最も参考になる本の1つに、アメリカ化学会(ACS)が出している「The ACS Style Guide」があります。今回はこの本をベースに、記号の中でもとくに句読点(punctuation)の一般的な使い方に焦点を当てて自分なりにまとめてみます。

①「'アポストロフィapostrophe/プライムprime
②「,コンマcomma [kα'mэ])cf. coma [ko'umэ] 昏睡状態
③「:コロンcolon [ko'ulэn])cf. colon 結腸(発音・綴り同一)
 →結腸のcolon についてはラジ子さんのブログに解説があります。
④「;セミコロンsemicolon

各論
アポストロフィ所有格、短縮形、文字・数字・記号の複数形を示します。
 記号等の複数形の例 the 1980's(1980年代)、three 7's(3つの7)
→ただし、この類のアポストロフィは最近は省略する傾向があります(1997年のビジ英で既に省略例あり→3R's)。
 プライム: 2’を日本語ではなぜか「にダッシュ」と言いますが、英語読みでは「two prime」と発音します。この「’」は発音の第一アクセントの場所を示す記号(primary accent mark)の転用のようです。あくまでもダッシュ(dash)は「―」のことで、ハイフン(hyphen)「-」もその1つです(ACSの定義)。

年月日の日付と年の間には「,」を入れます
 Tuition will be raised by nearly ten percent as of April 1, 2001. (DUO3.0, No.333)
 2001年4月1日から授業料が10%近く値上げになります。
 →ただし、日付がない場合には、コンマは必要なしですが月名は完全にスペルアウトする必要があります(ex. April 2001)。

 ついでに日付の書き方についてDUOに解説があります。
米国式:月/日/年 11/4/2007
英国式:日/月/年 4/11/2007
→ビジネス文書では混乱を避けるため、月名(あるいはその略語)はスペルアウトするべきとされています(日向先生のビジ英より)。

コロンの役割
 先行する情報の説明/展開に語・句・文を導入する時に使います。動詞や前置詞とそれらの目的語の間に用いるのはNGです。
 The electron density was studied for the ground state of three groups of molecules (1) methane-methanol-carbon dioxide, (2) water-hydrogen peroxide, and (3) ferrous oxide-ferric oxide.
 3群の分子の基底状態に対する電子密度が調べられた:(1)メタン-メタノール-二酸化炭素、(2)水-過酸化水素、(3)酸化第一鉄-酸化第二鉄。
 なお、日本語では列挙するときの番号に、1)のような片かっこをよく使いますが、英語では(1)のような両かっこが正式です。

セミコロンの役割
 接続詞を用いずに独立節同士を分離する時に使います。独立節と従属節の間は通常のコンマで十分ですね。
 All solvents were distilled from an appropriate drying agentTHF and ether were also pretreated with activated alumina.  
 全ての溶媒は適切な乾燥剤存在下で蒸留し、THFとエーテルは活性アルミナで前処理も行った。
 なお、「コンマが既に使われている事項」を区切りたい時もセミコロンを使います。

 以上、なるべく一般性の高い事項に絞ってまとめてみました。この他、ハイフンのつなぎ方(hyphenation)や数学記号の使い方にはかなり厳密な規則があります。日本化学会でもようやく昨年、化学英語に関するスタイルガイドが監修され、体系が整備されてきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

国名・地名(Revised)

先日、mijoka さん、gunn さんに勉強させていただいた、国名がらみの話題を簡単にまとめてみました。

-land で終わる国名
 基本公式は2つあるようです。
①「民族名+land=国名
AngleEngland *the English(イングランド人)
FinnFinland *nが1つ欠落する
ÉrainnIreland *the Irish(アイルランド人)
PolePoland *形容詞/~人はPolish [po'uli∫] ⇔ polish(磨く)は[pa'li∫]
ThaiThailand *日本語ではタイ(王国)なので要注意

②「地名/地形+land=国名
Iceland スカンディナビア語で「氷の島」
Netherland オランダ語で「低い土地」
 *「オランダ」はポルトガル語経由の日本独特の呼称
New Zealand ラテン語でNova Zeelandia=「新しい海の土地」
Switzerland Schwyz州<古独語 swaijazari「酪農場」の転訛+land
 
*Swiss スイス人/スイスの(タイと同じパターンで注意)

その国の人は「~lander」または「民族名+ish」が基本形です。あるいは「形容詞形+people」でもいいですね。
 一方、中央アジアから中東にかけての地域では-land の代わりに-stan (ペルシア語で国・地方を意味する接尾辞)がよく使われています。

Afghanistan アフガニスタン
Pakistan パキスタン
Kazakhstan カザフスタン
Uzbekistan ウズベキスタン
etc.

要注意の地名
Argentína [アージェンティーナ] アルゼンチン(Árgentineは形容詞/~人)
Athens [スンズ] アテネ
Belgium [ルジャム] ベルギー *発音注意。「ベルギー」はオランダ語発音。
Florence [flo'(:)r(э)ns] フィレンツェ(伊)
Georgia グルジア *米のジョージア州と同じ綴り&発音。
Mongolia [mauli] モンゴル
Munich [mju':nik] ミュンヘン(独) *発音注意。
Prague [pra':g] プラハ-Praguer (プラハ市民)
 *plague [ple'ig] は、疫病・災難/疫病にかからせる・悩ます
 $plague in Prague プラハの疫病
 *plaque [plaek] は、飾り額、盾/歯垢(プラーク)
Warsaw [ウぉーソー] ワルシャワ 

上述したplaque は歯磨き粉の宣伝でプラーク・コントロールのような形で耳にしますが、宣伝で専門用語をそのままカタカナ的に使う手法は、歯の分野でも「オーラル・ケア(oral care)」や「カリオロジー(cariology:齲蝕学)」などと目立ってきています。
また、plaque のように、総じて[ae]の母音は日本語ではなぜか「アー」と長音で表されることが多いような気がします(ex. fast food →ファーストフード)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

コンプレックス

コンプレックス(complex)とは、心理学・精神医学的には、ある事象と本来無関係な感情が結合された「感情複合」の状態を指します。complex は元々neutral な単語ですが、日本においては、コンプレックス=「劣等感」というイメージが定着してしまっています。ちなみに劣等感は英語ではinferiority complex となります。
また、コンプレックスはフェティシズム(fetishism)と同義で使われることもあります。ただし、マザー(orファザー)コンプレックスは和製英語でした。
ということで、今回は正式な単語として辞書に載っているコンプレックスを以下にまとめてみました(俗語は除きました)。

心理系
guilt complex 罪責コンプレックス
inferiority complex 劣等感 ⇔ superiority complex 優越感
persecution complex 被害妄想(paranoiaとも)

心理的/性的思慕(主体→対象)
Electra complex 娘→父親
Lolita complex 大人→少女
Oedipus complex (主に)息子→母親
Phaedra complex 人→継子

複合体
cinema complex 複合映画館(略:cineplex)
educational-industrial complex 産学協同
military-industrial complex 軍産複合体

心理的なcomplex は平たく言えば「強迫観念」ですが、心理学や精神医学などの症例や、化学の世界では「錯体」を意味するなど、学術用語のイメージを引きずるため少し重たいカンジがします。なので、一般的には、obsession (ビジ英9月号p.40参照)あたりが使いやすいかもしれません。なお、ある病気をしたことによって他の病気を併発する場合の「合併症」には、complication を使います。

最後に、何かをしたくてたまらず「衝動的な」という意味の形容詞には次のようなものがあります(<は異常度)。
impulsiveimpetuousobsessivecompulsive

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧