Abbreviation(略語)

2023年11月27日 (月)

製薬関連の略語集

今回はシンプルに製薬関連の略語をまとめてみました。

CMC(Chemistry, Manufacturing and Control)
 特性解析、製造及び品質管理
 医薬品承認申請資料に記載する情報(特性解析=原薬・製剤の化学)。

CTD(Common Technical Document)
 コモン・テクニカル・ドキュメント
 日・米・EU共通の医薬品承認申請様式で、5部のうち2~4部が全地域で共通の構成。

DDS(Drug Delivery System)
 ドラッグ・デリバリー・システム
 目標患部に薬物を効果的・集中的に送り込む技術。副作用軽減も期待できる。

EBM(Evidence-Based Medicine)
 根拠に基づく医療
 臨床研究の客観的データに基づく、患者に最も有益で害の少ない医療とされる。

FDA(Food and Drug Administration)
 米国食品医薬品局
 米国の食品および医薬品に関する行政を専門に行う連邦機関。

GCP(Good Clinical Practice)
 医薬品の臨床試験の実施の基準
 
日本ではICH-GCPに基づくGCP省令が施行(1997年~)。臨床試験への参加は患者の自己責任(文書同意)のもと決定される。

GMP(Good Manufacturing Practice)
 医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令
 各製造工程で品質管理を確保し、汚染を防ぎ良質な医薬(部外)品を製造するために、製造業者が遵守すべき規則。

GLP(Good Laboratory Practice)
 医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施の基準
 医薬品や化学物質の安全性試験評価試験の信頼性確保を目的とし、試験施設が備えるべき設備・機器・組織・試験操作等の手順及びその条件に関する品質システム。

Gap

IC(Informed Consent)
 治験参加希望者の、説明を受けた上での同意
 治験において、担当医師またはコーディネーターから治験に関するあらゆる角度からの説明が十分になされた上で、被験者が自由意志により参加に文書同意すること。

ICHThe International Council for Harmonisation of Technical Requirements for Pharmaceuticals for Human Use
 医薬品規制調和国際会議
 日・米・EU間で治験方法を統一し治験データに互換性を持たせて治験にかかる期間と費用の低減を図り、新医薬品開発の迅速化・効率化を目指す会議。構成員は日米EUの各規制当局及び医薬品業界代表者。ICHで合意されたガイドラインは厚生労働省医薬・生活衛生局から通知される。

MR(Medical Representative)
 医薬品メーカーの医薬情報担当者
 医薬関係者を訪問し、医薬品の適正使用情報を提供・収集するスタッフ。対人スキルと専門スキルの両方が求められる高度な職種。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2023年11月20日 (月)

Clipped Phrases

今回は、行動や状況の例えに使う英語の諺や名言などが比較的長い場合について考えてみます。ちなみに日本語では、諺の冒頭以降を「なんとやら」で省略するパターンがみられ、例えば『呪術廻戦』では「頭が高い」漏瑚に対して宿儺が「実るほどなんとやら(実るほど頭を垂れる稲穂かな)だ」と皮肉と斬撃で一刀両断するシーンがありました。さらには、故事(中国の古典等)から名詞(句)が独立した「矛盾」や「紅一点」のような故事成語(故事成句)もあります。一方、英語にもこうしたclipped phrase(切り取られたフレーズ)とでもいうべき便利で端的な表現が数多くありますので、ここで少しご紹介したいと思います。

a piece of cake 朝飯前、楽勝
<as easy as eating a piece of cake
 (ケーキひと切れを食べるくらい簡単な)

different strokes 十人十色
Different strokes for different folks. ―Muhammad Ali (1966)
 (相手によってパンチの打ち方はそれぞれ違う。)

greener pasture 今よりも良い所、新天地
<The grass is always greener on the other side of the fence.
 (隣の芝生は青い)

a nine days' wonder 人の噂も七十五日
A wonder lasts nine days, and then the puppy's eyes are open.
 (子犬が世界を不思議に思うのは目が開くまでの9日間だけである)

squeaky wheel 声に出して自己主張をする人
<The squeaky wheel gets the grease.
 (きしむ車輪は油を差してもらえる)

【雑感】
日本語では人の噂も75日(春夏秋冬+梅雨=5季節の約1つ分)ですが英語だと9日(両手で足りる日数)だったり、声に出して自己主張をする人は英語圏では報われるのに日本では「騒ぎ立てる人」のような否定的な印象を持たれがちだったり、といった文化的背景も関連していそうな表現の違いが興味深いです。また、現代に語り継がれている諺、名言、故事成語などは、その内容が今の時代や国々にacceptableかつcatchyであることが必要条件であると考えられます。となると、例えば「a piece of cake」は例の「パンがなければケーキを食べればいい」が反感を買うような時代ではもちろん、今も貧しい国では成立しない場合もあるわけで、ポリコレ的にちょっと微妙な慣用句です。いずれにしても、学生時代にひたすら丸暗記した知識をTPOを考えずに条件反射で使ってしまわないよう気をつけたいと思います。

最後に、会話や文章の流れの中で諺や故事成語を導入したいときのテクニックをご紹介します。

①引用する文に副詞の「proverbially(諺にあるように)」を挿入する。
②冒頭を「As they say, ...」や「As the old saying goes, ...」で始める。
③“~” approach, “~” attitude, “~” situation 等の~に入れる。

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月31日 (金)

略語のまとめ

本ブログの略語

頭文字語・頭字語ネット語3Rs
Clipped WordClipped Phrase (作成中)

補足
*
*
*
*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

Clipped Word

lab.(<laboratory)のように英単語1語の省略語は通常最初の3文字にドットをつけて表記しますが、中には省略を示すドットが落ちて単語としての独立権を得た語もあります。それらをclipped wordと呼びます。以下に一例を示します。

amp(<amplifier) アンプ・増幅器
chum(<chamber fellow, Oxford Univ.) 仲良し・ルームメイト
con(<confidence) 詐欺
condo(<condominium) (分譲)マンション
flu(<influenza) 流感・インフルエンザ
gym(<gymnasium) 体育館・スポーツクラブ
hi-fi(<high fidelity) ハイファイ・高忠実度
limo(<limousine) リムジン [límou]
pep(<pepper) 元気・活力
perk(<perquisite) 特典・特権
perm(<permanent) パーマ(をかける)
prop(<property) 財産
pub(<public house) 酒場・パブ
sci-fi(<science fiction) 空想科学小説・SF(←英語としても可)
sales rep(<representative) 販売員・販売代理人
spec ①仕様・スペック(<specification)②思惑・投機(<speculation)
vet(<veterinarian) 獣医
zoo(<zoological gardens) 動物園

余談ですが、上記で「一例を示します」と書いてふと思い出したことがあります。プレゼン等で発表者が時々「次に例をお示しします」、「さきほどお示ししました~は」と言っていることがあります。よく考えると「示す」主体である自分に敬語を使っていておかしな表現です。最近は敬語用の「お」が丁寧語の代用にもなり得るとのことでOK(NHK教育:ナットク日本語塾)なのかもしれませんが、私はこの「お示し~」に違和感を感じるタイプです。実際に「お示し」連発で、慇懃無礼とはいかないまでも、その場が妙な空気になることがありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

頭文字語と頭字語

最近、「黒単(第2版)(三修社)」を購入しました。語源タイプの参考書ですが、内容が深く読み物としてもなかなか面白い本です。その中で、なるほどと思った単語の1つにradar(レーダー)がありました。私はつづりをraderと思い込んでいました。しかもradarが頭字語(acronym)だったという事実も知りませんでした。以下、記載されていた頭字語の一部を示します。
radar(レーダー、電波探知機):radio detecting and ranging(p.104)
sonar(ソナー、音響探知機):sound navigation and ranging(p.102)
scuba(スキューバ):self-contained underwater breathing apparatus(p.103)

ということは、laser(レーザー)あたりも・・・と思って調べてみたらこれもやっぱり頭字語でした(<light amplification of stimulated emission radiation)!その他のacronymの例としてはタバコのMarlboro(<Man always remember love because of romance only.)があります。

一方、これらの頭字語(acronym)と似た略語(abbreviation)に頭文字語(initialism)があり、こちらはU.S.A.U.N.などのようにアルファベットをそのまま発音します。言ってみれば、「頭字語=頭文字語の高級なもの」で、概念的には頭文字語は頭字語を含む(initialism⊇acronym)としてよいと思います。
 実は、これら2つの略語について、私自身はこれまで区別していませんでした。調べてみるとメディアでも混同されていることが多いようです。一例を示します(誤→正の順)。

・「黒単(第2版)」(三修社)
 p.103の8,11行目:acronymの項でinitialismのQ.E.W.やU.N.を紹介
 p.104の2行目:頭字語initialism(p.59)→頭字語acronym(p.102)
・「ネイティブの「造語力」を身につける!」(国際語学社)
 p.154,156:頭字語→頭字語の誤り
「ものしり英語塾」,2007.12.12放送(マーシャ先生)
 BTW, FYI, JICなどのネット語(Netspeak)acronymとして紹介
 →initialismの誤り

ということで、ここで両者を確認の意味でまとめてみます。

initialism(頭文字語):各単語の頭文字(initial letter/word)をつなげたもので、アルファベットを一つずつ発音するもの。最近ではネット語(Netspeak)で多用されている。
 例:GP(=general practitioner):一般開業医、RN(=registered nurse):正看護婦、3R's

acronym(頭字語):頭文字語の中でも、とくに一つの単語のように発音が可能なもの。
 例:NASA(=National Aeronautics and Space Administration):米航空宇宙局

ちなみに、acronymの語源は、acro(先端・頂点・高所)+nym(=name)→「単語の各先端を集めてできた名詞」です。頭文字を並べただけのinitialismの-ism(~表現)とは違い、-nymに「単語化されている」という特徴がよく現れていると思います。

※頭(文)字語の元の意味が知りたい時に便利な検索サイトがありました。
 →Acronym Finder

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

3Rs

今回は、いわゆる3R をまとめてみました。なお、本来は3R's と表記しますが、最近では3Rs (ビジ英テキスト)のようにアポストロフィ「’」をつけないことが多いようです。

しつけ編(1)
 ・Reading 読むこと 
 ・Writing 書くこと
 ・Arithmetic 算数

 どれも最初の(強勢)音が[r]の音になっている3R
 いわゆる「読み・書き・そろばん」ですね。

しつけ編(2)<「ビジ英」1997年8月p.72
 ・Respect 尊重
 ・Responsibility 責任
 ・Restraint 自制

 最後の「自制」の意味では、self-discipline も出てきていました。ちなみに、プロ野球ロッテのバレンタイン監督は最後のRestraint を Reality と置き換えて3R としていました。

環境編
 ・Reduce (消費)削減
 ・Reuse 再使用
 ・Recycle 再生利用

 ノーベル平和賞(2004年)も受賞したワンガリ・マータイ(Wangari Muta Maathai)氏の提唱する「もったいない」の精神を具体的な行動に表した3R

サッカー編
 ・Ronald ロナウド
 ・Rivaldo リバウド
 ・Ronaldinho ロナウジーニョ

 2002年のワールドカップで優勝したブラジル代表チームの攻撃の中心であった3選手のこと。

メンタル編
 ・Rest 休息
 ・Recreation 気晴らし
 ・Relaxation くつろぎ

 ストレス解消法で効果的な3R

日本動物実験代替法学会編(Russel and Burch, 1954)
 ・Replacement 動物実験以外の方法への置き換え
 ・Reduction 動物実験使用数の削減
 ・Refinement 動物への苦痛を減らす実験の改良

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

ネット語(Netspeak)

2007年度の「ものしり」はLisa 先生の「Word Watcher」のコーナーで、わりと新しい(newish)単語を紹介しています。その中で出てきたのですが、ネット上のコミュニケーションを円滑にするため、短い単語や略語、記号、数字などをベースにした言葉をネット語=Netspeak(or Chatspeak)と言うそうです。主にE-mail などで発達した「記号」と言った方がしっくりくるでしょうか。もともとは電報などで文字数をなるべく減らしコストを節約する目的で作られ始めたそうです(byマーシャ先生)。ざっと、私がこれまでに見たり聞いたり、あるいは教えてもらったりしたNetspeak をまとめてみます。

AFAIK 「as far as I know」
ASAP 「as soon as possible」
B4 「before」
BFN 「Bye for now.」
BTW 「By the way,」
BYOB 「Bring your own booze/beer/beverage/bottle.(飲み物持参)」
 *boozeは「酒」のくだけた言い方。
CUL8R 「See you later.」
FYI 「For your information, (ご参考までに)」
GJ 「good job」
H2CUS 「Hope to see you soon.」
HTH 「Hope this helps.」
IMHO 「In my humble opinion, (私のつたない意見ですが)」
JIC 「just in case(念のため)」
PS 「postscript(追伸)」。*追伸の後に書く「追々伸」はPPS。
LOL 「laughing out loud=爆笑」
LOLOLOLOL・・・「=大爆笑」
PLZ/PLS/PLSE 「please」
TGIF 「Thank God, it's Friday!」→いわゆる「花金」。 *金曜日の退勤時限定。
TIA 「Thanks in advance.」
 *相手に頼み事をする時にあらかじめお礼を言うフレーズ。
TNX 「Thanks.」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

「略語」の語源

 「略語」を意味するabbreviationは、学術雑誌などのindexのタイトルなどで見かけることが多いですが、それを発音する機会はなかなかありません。その上、スペルも難解でそれこそ略語が必要なくらい妙に長い・・・と思ったら実際にabbr.または abbrev.という「略語の略語」がありました。しかし、この「略語の略語」にしても4~6文字という長さ!(単独の英単語の略語は普通は最初の3文字)。スペル中、「brev」あたりがラテン語のshortに相当する部分のようです(cf. brevity 短さ・簡潔さ)。

 また、略語の1つに頭字語(acronym)がありますが、-nymで終わる名詞で会話に使えそうなものをpick and choose しておきます。
 autonym(本名、実名)、pseudonym(偽名/ペンネーム)、anonym(匿名者)。これらのうち、後ろ2つは語尾に-ousをつけて形容詞化でき、その場合には語頭のアクセントが1音節後ろにずれます。ふと、anonymous の響きからunanimous (満場一致の)を連想しましたが、こちらのスペルは「-nymous」ではなく「nimous」なんですね(アクセントパターンは一緒)。→cf. anonymous unanimous

| | コメント (0) | トラックバック (0)