« 競走馬名の由来 (2024.3.10) | トップページ | 競走馬名の由来 (2024.3.24~31) »

2024年3月18日 (月)

競走馬名の由来 (2024.3.17)

3/17(日)、年度末もすぐそこ、ばんえい競馬では最強馬決定戦「ばんえい記念(BG1)」が行われる本日も、語学学習と競馬観戦のコラボ企画(主旨:言語学的に気になる競走馬名の由来を調べながらその馬を応援)の9回目をやっていきたいと思います。今回もJRAのHPにお世話になります。

阪神4R①アスターディゴン (Aster Digon):冠名+二角形
二角形とは、球面幾何学において、2つの頂点と2つの辺からなる(平面に投影するとラグビーボールのような形になる)
球面多角形のことだそうです。レース(障害未勝利戦)の結果は大差(10馬身超の差)の着。多角形シリーズについては、同馬主が所有するアスターヘキサゴン (Aster Hexagon: 冠名+六角形)やアスターデカゴン (Aster Decagon: 冠名+十角形、登録抹消)、同馬主の夫が所有するカフジテトラゴン (Kafuji Tetragon: 冠名+四角形)、カフジオクタゴン (Kafuji Octagon: 冠名+八角形)、カフジエニアゴン (Kafuji Enneagon: 冠名+九角形)がいます。これらの馬は全て同世代(現5歳)で、出世頭はカフジオクタゴン(OP馬)。

中山10R⑭デュアリスト (Dualist):二元論の支持者
⇒二角形の次は二元論。母名のデュアルストーリー (Dual Story: 二つの同時進行する物語)からの連想も一役買っていそうな命名です。結果は8着(8人気)。一般的な二元論は、背反する2つの要素や原理(善と悪、保守と革新など)を使って
物事を単純化するのでわかりやすいですが、それ以上の思考を停止させてしまうリスクもあります。実際、世の中の事象はもっと複雑で、そこに課題がある場合は解決に全く別の視点が必要になることも。ちなみに、現役馬にラテラルシンキング (Lateral Thinking: 水平的思考。既存の常識にとらわれない自由な発想法)がいますが、なぜかいつも人気がありません(現在放牧中)。

中山12R⑥ダノンピーカブー (Danon Peekaboo):冠名+いないいないばあ
⇒いつからか、JRAの競走馬名に時々見かけるようになったピーカブー。通常、名詞としてはpeek-a-boo、形容詞のpeekabooは(服の生地が)透けた~という意味になります。結果はこちらも8着(8人気)。関連情報として、パッカパッカブー (Pakka Pakka Boo: 馬が走る音+いないいないばあ(ピーカブー)より)という現役馬もいますが、馬が走る(歩く)パカパカ(パッカパッカ)は英語でclip-clop(名詞・自動詞)だそうです。ちなみに、馬のいななきのヒヒーンはneigh [néi]。

|

« 競走馬名の由来 (2024.3.10) | トップページ | 競走馬名の由来 (2024.3.24~31) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 競走馬名の由来 (2024.3.10) | トップページ | 競走馬名の由来 (2024.3.24~31) »