« 競走馬名の由来 (2024.2.18) | トップページ | 競走馬名の由来 (2024.3.3) »

2024年2月26日 (月)

競走馬名の由来 (2024.2.25)

2/25(日)、今週は海外(サウジアラビア)で世界最高賞金レース「サウジカップ」が行われる週ということで、語学学習と競馬観戦のコラボ企画(主旨:言語学的に気になる競走馬名の由来を調べながらその馬を応援)の6回目をやっていきたいと思います。今回もJRAのHPにお世話になります。

阪神4R①ブリックワーク (Brickwork):レンガ造り
⇒偉大な父ブリックスアンドモルタル (Bricks and Mortar: レンガとモルタル) の作品はレンガ造りというシャレた命名
。結果は低評価(10番人気)を覆す着。ちなみに○○ワークという現役馬は、奇しくも同期にアートワーク (Artwork: 芸術作品)とサルヴェージワーク (Salvage Work: 海難救助作業) がいます。

中山6R⑧イージーブリージー (Easy Breezy):とても簡単な
⇒脚韻を踏んだ同意語からなる反復セット。
結果は、気の若さを見せながらも着。似たパターンの馬名としては、現役のサンデーファンデー (Sunday Funday: 楽しい日曜日) が挙げられます。ちなみにイージーを名に持つ現役馬は、本日中山7Rで2着に好走したイージーオンミー (Easy on Me: お手柔らかに) やスピークイージー (Speakeasy: 米国の禁酒法時代のバー) らがいます。

中山11R中山記念 (GII) ジオグリフ (Geoglyph):地上絵
⇒母の母がナスカ (Nasca)なので「隔世命名」。最強世代と呼ばれる現5歳で、あのイクイノックスを破って皐月賞を勝った馬。その後は連戦連敗で低迷中でしたが、今回
は復活を十分に予感させる着(4番人気)。ちなみに、1番人気で1歳下の皐月賞馬ソールオリエンスSol Oriens: 朝日(ラテン語))はジオグリフから半馬身遅れの4着。

さて、サウジカップは日本の総大将ウシュバテソーロUshba Tesoro山の名+冠名)が後方から会心の追い込みを決めた!と思ったところを、人気薄のセニョールバスカドール(米国、Senor Buscador: Mr. 探究者(西))が図ったように差し切る(アタマ差)という結末でした。さすがはダート競馬の本場=米国の面目躍如、層の厚さも感じられました。後日、セニョールバスカドールに斤量違反(規定より1 kg増で出走)が発覚しましたが、self-handicappingなので失格とはならず、実際の着差以上(おそらく1馬身以上と推定)に強かったことも判明しました。気を取り直して、ウシュバの次走はドバイワールドカップ(予備登録済)、ぜひ連覇を期待したいです。


|

« 競走馬名の由来 (2024.2.18) | トップページ | 競走馬名の由来 (2024.3.3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 競走馬名の由来 (2024.2.18) | トップページ | 競走馬名の由来 (2024.3.3) »