« アワード vs. アウォード | トップページ | 競走馬名の由来 (2024.2.4) »

2024年1月29日 (月)

ガチョウ騒動について

つい先日、ガチョウ(goose/geese)にまつわる翻訳記事が原因でちょっとした騒ぎがありました。それは、昨年末から年初にかけてJRA短期免許を初めて取得し日本競馬に騎乗していたL. Morris騎手(英国)が、自らの申請で免許取消、予定より1か月早く帰国して英国メディアに「I couldn’t turn geese into swans.」とコメントしたことに端を発します。日本のS社は、彼のコメントを「ガチョウを白鳥には変えられない」と直訳してネット配信したのですが、これが騎乗馬の質が悪くてどうにもならなかった(日本での通算成績:80戦1勝)という「捨て台詞」として受け取られ、日本で同騎手を批判する声が相次ぐ事態になりました。直訳記事はその後まもなく「長所を最大限に引き出すことができなかった」という同騎手の反省の弁に訂正されましたが、すると今度は批判の矛先がMorris騎手からS社に移り、「turn geese into swans」は「長所を最大限に引き出す」という意味の慣用表現なのだから誤訳(直訳)には悪意がある、Morris騎手に正式に謝罪すべきとの意見が出る始末・・・

ところで、私は「turn geese into swans」が上記の意味の慣用句だという話には懐疑的です。ただ、「All his geese are swans. (自分に身近な人やものは全てよく見えるものだ.)」という諺は有名なのでgoose (geese)とswan(s)の対比はしっくりきます。そもそも「What a goose! (なんてバカなんだ!)」という表現があるくらい、英語圏ではガチョウにあまりいいイメージがないので、Morris騎手のコメントに「ガチョウ=駄馬」という皮肉はなかったとしても、これを長所云々と訳すのはちょっと飛躍している感じがしました。

となるとこれは文脈上の意訳かと思い、英国レーシングポスト紙の元記事を読んでみました。すると該当箇所は「I had just the one winner and many places, but it’s quite tough going and I worked out that the average SP (管理人注: starting price) of my rides was 54-1. I soon realised that I couldn’t turn geese into swans.」となっていました。つまり、Morris騎手は、事実としてオッズで低評価だった自分の騎乗馬(ガチョウ)を勝ち馬or着順上位馬(白鳥)にすることはできなかったと冷静に状況分析をしているわけです。私がもしコタツ記事を書くとしたら「私が勝てたのは1度だけで2、3着は何度もありましたが、状況はかなり厳しく、計算したら私の騎乗馬の平均最終オッズは55倍でした。この低評価を覆して大きな成果を上げるのは難しかったとすぐ理解しました。」という感じになります。昨今のメディアやネット民は「切り取り」がすぎるので、S社も無難に意訳しておけばいろいろとカドが立たず、炎上拡大阻止のため妙な訂正でお茶を濁すこともなかったかもしれません。

ちなみに、元記事の中でMorris騎手は、今回の日本での騎乗をタフだが素晴らしい経験だったと述べ、JRAへの深い感謝や再来日への意欲も示しています(なので捨て台詞を吐くわけがありません)。公式には「一身上の都合」とされている早期帰国の理由も、騎乗停止処分(2/3,4)を受けたこととJRAは土日しかレースがないので、とビジネスライクな対応(短期免許取消と同日(1/24)に早速英国で騎乗再開)だったことが明かされています。

それにしても、今回の騒動は洋の東西を問わず「白鳥がガチョウよりも優れている」という共通認識(見た目?or ガチョウ=家畜だから?)が根底にあり、ガチョウにとっては相変わらずかわいそうな役回りでした。ですが、そのガチョウにも「golden goose (無限に利益を生むもの)」という最強のポジティブ表現があります(イタリアの人気アパレルブランド名にもなっています)。これは「kill the goose that lays the golden eggs (目先の利益に目がくらんで将来の利益を台無しにする)」という慣用句と同様、「黄金の卵を1日に1個ずつ産むガチョウ(golden goose)を持っていた男が、一度にたくさんの黄金の卵を手に入れようとしてそのガチョウを殺してしまった」というイソップ寓話に由来しています。いつか「○○○グース」と名付けられた競走馬にMorris騎手が騎乗してスワンS (GII)を勝ったら最高のリベンジになりますが、その確率は・・・オッズで555倍くらいでしょうかw


Photo_20240128233501
「金の卵を産むガチョウ」は時々
 なぜか全身も金色で描かれます。

|

« アワード vs. アウォード | トップページ | 競走馬名の由来 (2024.2.4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アワード vs. アウォード | トップページ | 競走馬名の由来 (2024.2.4) »