« 語形成の突然変異 | トップページ | アワード vs. アウォード »

2024年1月15日 (月)

Mnemonic Aids

今回は mnemonic (aid)=記憶を助けるもの、つまり単語などを暗記してすらすらアウトプットするための語呂にフォーカスします(過去記事でもpunとして少し触れています)。まず、mnemonic という単語自体が覚えづらいわけですが、私は鶏のムネ肉をイメージして「ムネも肉」と覚えています(ただし実際の発音は冒頭のmが黙音なので注意です)。以下、前半は綴りや発音が難しい(と思う)英単語の覚え方、後半は英文法(概念)関連の有名な覚え方をそれぞれご紹介していきます。

<単語編>
bleary [blíəri] ぼやけた
 意味を「ブレあり」でぼやけた、と覚える。

Caribbean [kəríbiənカリブ人[海] (の)
 ①「カリブ豆(Carib+bean)」でカリビアンコーヒー豆を意識。
 ②「カリッビアン」を意識してbbとダブる。
 「カリブ語」はCarib [kˈærib]。

dinosaurs [dáinəsɔ̀rz恐竜(複数形)
 綴りをディノサウルス(架空の恐竜)と覚える。発音に要注意!
 単数形は最後にs [z] がない。

・euthanasia [jùːθənéiʒə] 安楽死
 発音を youth in Asia(アジアの若者)と覚える。ネイティブ直伝。

hierarchy [háiərɑ̀rki] ヒエラルキー、階層
 発音を Hi, Araki!(はーい、荒木!)と覚える。

juxtaposition [dʒ`ʌkstəpəzíʃən] 並置二物衝撃(俳句)
 意味を、熟したポジションの俳人の円熟テクニック=「二物衝撃」と覚える。oxymoron(撞着表現)もその1つ。

mnemonic aid 記憶を助けるもの(語呂など)
 最初のが黙音であることに注意しつつ、綴りを「ムネも肉」と覚える。
 語源は mnesia 記憶(ラテン語)。cf. amnesia 健忘症 (a=否定の接頭辞)

ruddy 血色のよい
 綴りは、血液が流れてddとダブる。
 cf. ruddy Rudy 血色のよいルディ
 cf. ruddy apple 真っ赤なリンゴ(<An apple a day

vulnerable [vʌ́lnərəbl] 脆弱な/傷つきやすい/(経済が)不安定な
 意味を「バーナー(で)あぶる」と脆くなる、と覚える。
 cf. (gas) burner (ガス)バーナー

<文法編>
FANBOYS:7つの等位接続詞⇒ for, and, nor, but, or, yet, so
 基本は、[第1文], 等位接続詞 [第2文] のように使います。
 ×[第1文]の後にコンマを打っていきなり[第2文]を続ける
 ×[第1文] 等位接続詞 [第2文] (文同士が短い場合を除く)
 [結果の文], for [理由の文]。倒置しない(becauseと同様)
 yetは逆接の等位接続詞で、butよりも意外感が出る
 soは口語的(文頭のSo(接続副詞)は特に)⇒論文ではNG

CHIN FAT TO MOM:12個の接続副詞(文語調)
⇒consequently, however, indeed, nevertheless, furthermore, as a result, therefore, thus, on the other hand, moreover, otherwise, meanwhile
 文語では、[第1文]; 接続副詞, [第2文] の使い方が便利です。

BE WISE AT WAR:11個の従属接続詞
⇒because, even if, when, if, since, even though, although, though, while, as, whereas
 ①[主文] 従属接続詞 [従属文] or ②従属接続詞 [従属文][主文]
 ②の「,」は倒置のコンマ(cf. Joe Shimamura=Shimamura, Joe)
 because+[初出の理由]は①、since/as+[既知の理由]は②の形
 whereasの意味でwhileを使わない(The ACS Style Guide)

MEGAFEPS(メガフェプス)動名詞だけを目的語に取る動詞
⇒mind, enjoy, give up, avoid, finish, escape, practice, stop
 追加でPACSMIDA(パクスミダ)(韓国語っぽい自作の語呂)
  postpone, admit, consider, suggest, miss, imagine, deny, advise

MPTルール副詞(句)の基本的な配列順序
 
[主語]+[動詞](+[目的語])+[方法(Manner)]+[場所(Place)]+[時間(Time)]
 ただし、副詞句の長さに割と差があるときは短い方が前に来る

学生だった頃、『英単語連想記憶術』(青春新書) なる本を買ったことがありましたが、その中に「ラーメン食べる(lamentable悲しい受験生」というフレーズがあったのを今でも覚えています。実際の発音は [ləméntəbl] で少し違うのと、ラーメンは ramen です、とツッコミをしたくなりますが、それが気にならないくらい語呂も良くて秀逸な作品です。そういえば「r」の発音を苦手にしている日本人が自虐的に言う「日本のラーメンは他の国と違って lamen と書くんですよ」というジョーク(from 杉田敏先生)を思い出しました。
  

2_20240124223901
LAMEN
日本のラーメンは一味(一文字)違う!

|

« 語形成の突然変異 | トップページ | アワード vs. アウォード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mnemonic Aids:

« 語形成の突然変異 | トップページ | アワード vs. アウォード »