« ゴロピカの不一致 | トップページ | 便利な検索リスト »

2023年12月11日 (月)

競走馬名の由来 (2023.12.10)

今回は語学学習と競馬観戦のコラボ企画です。主旨は、中央競馬(JRA)に出走する競走馬のうち、言語学的に気になる馬名の由来を取り上げながら、ついでにその馬を応援していこうというものです。つまり、勉強と趣味を同時に行う時短?の実験企画です。ちなみに、現在のJRAのHPには競走馬の馬名の英字表記とその意味が公式に掲載されているのでとても助かります。それでは、12/10(日)の分を早速やっていきましょう!

中京1R③ファルギュラントFulgurant):驚くほどに印象的な。稲妻の閃光を思わせる。
⇒初めましての形容詞。impressiveと同義。結果は7着と爪跡を残せず・・・。ちなみに、このレースの
勝馬は独語で稲妻(blitz)を名に持つキャッシュブリッツ (Cash Blitz) というオチ。

阪神2R④アクシノスAxinos):ギリシャ語、価値のある(Axios)と血統(Genos)の組合せ。
⇒ギリシア語からの造語ですが、言語学的にはアクシオゲノスとしたいところ。結果は伸びそうで伸びない4着。

中山3R⑧エスペラードEsperado):期待通り(西)。
⇒スペイン(西班牙)語。結果
は・・・なんと期待(5番人気)を最大限に裏切るドン尻の11着で入線。

阪神3R⑧ステイチューンドStay Tuned):乞うご期待。
⇒CM前の「チャンネルはそのままで!」というMCの決め台詞。過去にも同名の馬がいたような気が・・・結果は着とまあまあ。

中山10R⑦パワーブローキングPower Broking):権力争い 。
⇒broker (仲介業者)→broke→broking という逆成語。「権力の取引」に大失敗して結果は10
着。

中山11R⑫ベルダーイメルVerdad Imeru):真実(西)+稲妻(アイヌ語)。
⇒かなりレアなハイブリッド馬名。そして稲妻関連では本日3言語目の登場。3番人気で期待されるも結果は6着。

阪神11R阪神ジュベナイルフィリーズ (GI)ルシフェルLucifer):明けの明星(ラテン語)。母名(Alluring Star)より連想。
⇒綴りは堕天使ルシファーと同じ。
lucifer (match) だと黄燐マッチ。結果は輝ききれずに6着。

以上、応援した馬たちはさっぱりの結果で残念でしたが、なかなかおもしろい知見が得られました。特に、個人的には新発見だった逆成語のbroke (broking)。少し調べたところ、この単語の経歴はおそらく、ラテン語のbroccare (葡萄酒仲買人)→古フランス語のbrocheor→中フランス語のbrocour→英語のbroker→broke (動詞が逆成!)→broking という流れです(前半の流れは諸説ありそうです)。

さて、JRAの競走馬名の意味を調べていて、以前よりも英語以外の外国語、特にフランス語が多用されていると感じました。英語がそろそろネタ切れ気味なのかもしれませんが、フランス(ロンシャン)の凱旋門賞出走へ思いを馳せて・・・というのもわかります。いずれにしても、今回の企画はシリーズ化する予定で、余裕が出てきたら以前のようにまた競馬関連の英文記事も紹介していきたいと思います。


2_20231211233701
イクイノックス、おつかれさまです!


追記:同日に香港で国際競走が行われ、日本馬も多数参戦!

シャティン4R 香港ヴァーズ (G1) ⑧レーベンスティールLebensstil):生き様(独)。母名 (Tokai Life)、父名 (Real Steel)より連想。生き様で魅了する馬になるように。
ドイツ語の複合語で、英語でいうとlifestyle。Lebensstil = leben (人生) + s (接合辞) + stil (型) で、父名の一部=英語の steel (鋼) を独語の stil へ変化させているのがおしゃれ。結果は若さを見せて8着と殿負けを喫しましたが、まだ人生(馬生)始まったばかり。これからの活躍に期待です。

|

« ゴロピカの不一致 | トップページ | 便利な検索リスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロピカの不一致 | トップページ | 便利な検索リスト »