« 便利な検索リスト | トップページ | 歌詞に学ぶ言語楽 (Vol. 1) »

2023年12月25日 (月)

競走馬名の由来 (2023.12.24)

12/24(日)は中央競馬(JRA)のグランプリレース「有馬記念」の日です。と来れば・・・語学学習と競馬観戦のコラボ企画(主旨:言語学的に気になる競走馬名の由来を調べながらその馬を応援)の2回目をやっていきたいと思います。今回もJRAのHPにお世話になります。果たして待望の初勝利なるか? 

中山4R⑩コンドライト (Chondrite):ケイ酸塩鉱物 (chondrules) を主要組成とする隕石。
⇒ギリシア語由来:chondr(粒)+ite(石)。新古典複合語の一種。結果は4着(単勝オッズ1.5倍!)。ケイ酸塩鉱物関連では、アイオライト(Iolite、菫青石)というオープン馬が現役で走っています。

中山5R⑭マインドブロン (Mind Blown):衝撃を与える(管理人訳:衝撃を受けた心)
馬主さん的にはmind-blower (人の心を吹き飛ばすような馬) の意味を持たせたかったのでは?結果はこちらも4着。似たコンセプトでは、過去にアイポッパー (Eye Popper: 度肝を抜くような馬) がいました

阪神9R⑧スマラグドス (Smaragdos):緑の石(ギリシャ語)。エメラルドの語源。母名(エメラルドスター)より連想。
⇒なかなかオシャレな命名。以前にギリシア/ラテン語由来の色を調べましたがこの緑 (smaragd) は初めて。(宝)石系の馬名(例:ローゼライト (Roselite: 宝石の一種))は意外と多いかも。ちなみに祖母はAres Vallis (アレス渓谷@火星)で色が赤⇔緑で反転。結果は6着と振るわず。

阪神10R⑬シェイクユアハート (Shake Your Heart):心を揺さぶる。
⇒shake one's heartは、心を揺さぶってネガティブな影響を与えるという印象があります(be shaken:心が動揺する、くじける)。結果は惜しくも2着。似たパターンでは、ロックユアハート (Rock Your Heart: あなたの心を揺り動かす) が現役で走っています。

中山11R有馬記念 (GI) ⑤ドウデュース (Do Deuce):する+テニス用語(勝利目前の意味)。
和製英語のようですが、決勝線手前で追いつき最後に差し切る同馬にピッタリの命名。結果は・・・鞍上の武豊JKとともに復活のV!さすがはあの世界最強のイクイノックスを下したダービー馬。ちなみにスポーツ用語関連では、秋天を制したオフサイドトラップ (Offside Trap) が思い出されます。

以上、なかなか時間がかかりましたがついに本企画から勝ち馬が出てほっとしました。その勝ち馬、ドウデュースは去年の凱旋門賞(仏)で屈辱の19着。今年はGI戦連敗からの復活で、あのオグリキャップの有馬記念を思い出したファンも多かったのではないでしょうか。ほかの注目馬たちもぜひ今後の成長と活躍を期待したいです。また、今回は注目した馬名から連想される馬たちにも友情出演していただき、賑やかで楽しい回となりました。最後に英語のコメントを1つだけ。感情(系)動詞は、例えば今回の有馬記念のようなexcitingなレースにワクワクした私は、I was excited.(×I was exciting.)のように受動態で使われますのでうっかりしないように気をつけたいです。


Photo_20231228210001
来年もう一回行こう。フランス行こう
(レース直後に武豊JKが愛馬に掛けた言葉)

|

« 便利な検索リスト | トップページ | 歌詞に学ぶ言語楽 (Vol. 1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 便利な検索リスト | トップページ | 歌詞に学ぶ言語楽 (Vol. 1) »