« クセ強な英単語 | トップページ | Vitreous Humor? »

2023年10月 9日 (月)

自己言及型の事象

今回は、現象や方法などを表す英語のうち、自己言及型になっているものを取り上げます。なお、RAS syndromeは再登場ですが内容を一部更新しています。

<事象編>
Hobson-Jobson ホブソン・ジョブソン
 外国語の単語や成句に、自国語による発音と綴りを当てはめて取り入れること。同名のAnglo-Indian語彙集が1886年に出版されており、Hobson-Jobson自体がアラビア語の "Yā Ḥasan! Yā Ḥosain!"(儀式中に繰り返される叫び)を英語化したものとなっています。例としては、cucaracha(スペイン語)→ cockroach(英語)。まさか、あの陽気な ♪「ラ・クカラーチャ」が「G」の歌だったとは!

Hj_20231118000401

得意芸は「ヤホー漫才」

Martingale betting strategy マルチンゲール戦略
 負け続ける限り、賭け金を2倍にしていく方法(18世紀の仏で流行)で、勝つ確率が50%の公平なゲームにおける必勝法と思われがちですが、実は賭けの前と後で所持金の期待値は数学的に同じになります。つまり、この戦略は「過去の情報に制限して計算した期待値と未来の期待値が同一になる」という確率過程の性質 「martingale」を有しています。固有名詞的な戦略名(由来は不明)から一般的な数学用語が作られた点がおもしろいです。

RAS (Redundant Acronym Syndrome) syndrome 冗長頭字語症候群
 2001年造語。JIS standardsやGPS systemのように、頭字語(acronym)や頭文字語(initialism)の一部が重複してしまっている表現(tautologyの一種)のことで、この単語自身が「RAS syndrome」の症例になっています。RV車、ATM機、SI単位系のように、外国語の文字と日本語の文字が混在すると、この現象がさらに起こりやすくなるようです。

Stigler's law スティグラーの法則
「科学的発見に第一発見者の名前が付くことはない」という法則(1980年提唱)。スティグラー自身が、この法則の発見者はR. Merton(社会学者)であるとして、この法則自体も「スティグラーの法則」を満たしていると述べています。例として、ハレー彗星(1759年命名。紀元前240年、司馬遷の『史記』に記載あり) やピタゴラスの定理(ピタゴラス以前に古代バビロニアで既知)が挙げられていますが、後者は、
1972年に提唱された「数学の公式や定理には通常、本来の発見者の名前が付かない」というボイヤーの法則(Boyer's law)の例とするのが適切かもしれません。

|

« クセ強な英単語 | トップページ | Vitreous Humor? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クセ強な英単語 | トップページ | Vitreous Humor? »