« 学術用語の市民権 | トップページ | 韻キャな音楽家たち »

2023年10月30日 (月)

ケースコントロール

まずはじめに、本記事の内容は分析疫学の症例対照研究(case-control study)についてではありません(まぎらわしくてすみません)。今回は、英文タイトルの大文字・小文字の制御(ケースコントロール)について取り上げます。例えば、英語の記事・論文・本などで、headline(大見出し)、title(表題)、caption(図表の題目・説明文、見出し)について主要な品詞の頭文字を大文字にする表記をtitle case(タイトルケース)といいますが、ほかにも、大文字化(capitalization)の適用パターン等によって以下のような表記法があります(英語部分はそれぞれの表記法に従って表示)。

センテンスケース (Sentence case):How to control the case
タイトルケース (Title Case):How to Control the Case
キャメルケース (CamelCase):YouTube、TikTok、McDonald
スネークケース (snake_case):case_control_study

Snake_case_1

次に、上記の表記法を使用場面や用途によって選択するわけですが、英文校正でよく相談を受ける案件の一つに、文書内が多層構造になっていてそれぞれの階層に見出しを付ける場合のケースコントロールがあります。新聞や論文であれば決まったフォーマット(規定)に従えばよいのですが、特に決まりや縛りがない場合はどうすればよいのでしょうか。例えば、階層順が(表紙の)タイトル→大見出し→中見出し→小見出しであれば、
  アッパーケース(upper case、全部大文字)
    タイトルケース(主要な品詞のみ頭文字が大文字)
      センテンスケース(先頭の単語の頭文字のみが大文字)
        ローワーケース(lower case、全部小文字)
などとすればメリハリをつけることができます。ただし、これはやや極端な例で、多重括弧(括弧内括弧内括弧…)と同様、そもそも日本人が作る文書は階層が多いと言われがちですので、読みやすさの観点から多層構造がすぎると思われる場合には、可能なら文書の構成を見直すのも一考です。

ちなみに、タイトルケースは参考にする学会や大学のスタイルガイドによって大文字化のルールに少しずつ違いがあります。通常、タイトルケースでは主要な品詞以外である冠詞や前置詞は小文字表記ですが、単語を構成する文字数が4あるいは5文字以上(例:through)になると自動的に(頭文字の)大文字化を適用する場合もあります。米語の文書で特にスタイルに制約のない場合であれば、メジャーなChicago Manual of Style(CMOS)がおすすめですし、Web上に数多く公開されている無料の自動変換ツール(シンプルで使いやすいのはHEADLINE CAPITALIZATION←CMOSは上から3つ目を選択)などを利用するのも手です。

そういえば昔、洋画のエンドクレジットでキャストやスタッフの名前が全てlower caseになっているのを見たことがありますが、普段見慣れない表記なので新鮮でアートっぽく感じました。また、近年の日本スポーツ界では(IOCに倣って?)選手の名前をDaiki HASHIMOTO (JOC) やYuya OSAKO (Jリーグ) のように姓をupper caseで表記する傾向があります。こういったケースの工夫は分野や組織によって特色があるようです。

|

« 学術用語の市民権 | トップページ | 韻キャな音楽家たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学術用語の市民権 | トップページ | 韻キャな音楽家たち »