« Vitreous Humor? | トップページ | ケースコントロール »

2023年10月23日 (月)

学術用語の市民権

2023年9月22日、日本糖尿病学会と日本糖尿病協会は、糖尿病(diabetesの訳語として1907年から使用)の新たな呼称案「ダイアベティス」を発表しました。この背景には「糖尿」という言葉が病態を正確に表していないことや、糖尿病への社会的な誤解・偏見を払拭したいという思いがあるとのこと。「ダイアベティス」が市民権を得るかどうかは要経過観察ですが、学術用語や学名が諸事情により変更された例はこれまでにも数多くあります。今回の記事では、それらの中から個人的にインパクトが大きかったものをピックアップしてみます。

Brontosaurus ブロントサウルス
 竜脚類の恐竜として有名なブロントサウルス(O. C. Marsh, 1879年発表)は、先に見つかっていたアパトサウルス(Apatosaurus)と同じ恐竜(の属)と指摘され、国際動物命名規約による先取権の原理(principle of priority)に基づいて学術的には不使用になりました。ただし、E. Tschoppらの再研究(2015年)では、ブロントサウルスはアパトサウルスとは異なる独立属であることが示唆されており、論争はまだ続いているようです。

Photo_20231023003701

color blindness 2色覚 (旧来の色盲)/異常3色覚 (旧来の色弱)
 従来より「色盲」を避けて「色覚異常」に訳語が統一されていましたが、日本眼科学会(2007年)や日本医学会
(2008年)の改訂用語ではこのように提示されました。さらに、日常生活に本質的な不便さがない遺伝形質に対して「異常」と呼称するのは違和感ありとのことで、2017年に日本遺伝学会と日本人類遺伝学会は、邦語と英語のセットで「色覚多様性(color vision variation)」という概念(教育用語)を提案しています。

dominant/recessive 顕性/潜性
 2017年9月、日本遺伝学会が遺伝学用語の改訂
(訳語のみ)を提案し、メンデルの法則でもおなじみだった「優性・劣性」が「顕性・潜性」に変更されました。その理由は、「優」や「劣」が強い価値観を含む語感を持ち、疾患を対象とする臨床遺伝分野で「劣性」遺伝のもつ負のイメージが深刻なためとのことで、「糖尿病」や「色盲」の場合と同様、ポリコレ(political correctness)的な配慮がうかがえます。

それにしても、昔学校で習った知識や以前見聞きした情報がいつの間にか上書き(無効・変更・訂正・追加)されていることがあります。上記のほかにも、計量法やJISにおける「規定度」の廃止、そのJISの和名は日本工業規格→日本産業規格に変更(英名はJapanese Industrial Standardsのまま)などなど、いろいろアンテナを張って過去に得た知見をアップデートしていかないとと痛感します。特に、のちの再調査/新発見による科学的事実や史実の修正・追加ならびに社会情勢の変化などに対応した用語・名称の変更(酸素のように市民権を得すぎていて変更不可の場合も多々ありますが)には今後も注目していきたいと思います。

|

« Vitreous Humor? | トップページ | ケースコントロール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Vitreous Humor? | トップページ | ケースコントロール »