« ヒヤリハット事例 | トップページ | Dog as a God »

2023年9月18日 (月)

レトロニム

ある名詞Aについて、時代とともにその新しいタイプが広まったため、元のAを指すためにわざわざAに形容詞等を付けて説明(再命名)した言葉を retronym1980年に造語)といいます。このretronym、技術・芸術・思想などが加速度的にそれぞれ進歩・変化・多様化していく現代では量産傾向にあり、そろそろ専門辞書が編纂されていてもよさそうですが、英和辞書でretronymを引くと「レトロニム」と書いてあり、字訳以外の訳語はまだ決まっていないようです。

<日本語の例> 登場時⇒再命名の順、括弧内が生成理由
ウルトラマン初代ウルトラマン、初代マン(ウルトラシリーズのヒット)
携帯ガラパゴス携帯、ガラケー(スマホの普及)
チョコレートホットチョコレート(元は温かい飲み物→→固形チョコの普及)
ブレーンバスター垂直落下式ブレーンバスター(安全な改良型の普及)
八ツ橋焼き八ツ橋(元は焼き菓子→→生八ツ橋の普及)

<英語の例> 登場時⇒再命名の順、括弧内が生成理由
guitaracoustic guitar(アコースティックギター)(electric guitarの普及) ※発音注意!→アクースティク。
gymnasticsartistic gymnastics(体操競技)(新体操=rhythmic gymnasticsのオリンピック種目追加)

mailhard/snail mail(紙の郵便)(emailの普及)
ovenconventional oven(従来型のオーブン)(電子レンジ=microwave ovenの普及)
pandalesser panda(レッサーパンダ)(giant pandaの発見(1869年)と認知度UP)
・(tele)phoneland-line (tele)phone(固定電話)(携帯電話=mobile (tele)phoneの普及)

televisionon-air television(従来型のテレビ)(cable televisionの出現)

さて、retronymの訳語を造語するなら「再命名語」あたりが無難かと思いますが、言語学者の方々におかれましては絶妙なネーミング(dangling modifier=懸垂修飾語のようなw)を今後期待しております。よい訳語がひらめいた読者の方はぜひコメント欄までお寄せください!

|

« ヒヤリハット事例 | トップページ | Dog as a God »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レトロニム:

« ヒヤリハット事例 | トップページ | Dog as a God »