« レトロニム | トップページ | クセ強な英単語 »

2023年9月25日 (月)

Dog as a God

今回は、矛盾し合う単語や対義語または対立する概念が同居する、ちょっとoxymoronicな文章を集めてみました(最初の2つは既出)。

These Are the Good Old Days ―Albert Hammond (artist, 1975)
 今こそ古きよき時代 →Those were the good old days.(あの頃はよかった。)というclicheの時制を現在形にズラしたもの。

Up (step) is a strange way to go down (to the sunken garden). 東後勝明先生のNHKラジオ「英語会話」 (1980年代)
 (沈床園に)降りていくのに上り(の階段)なんておかしな行き方だね。→場所はカナダのバンクーバー島だった気がします。

Colorless green ideas sleep furiously. ―Noam Chomsky (linguist, 1955/1957)
 無色の緑の考えが猛烈に眠る。 →意味論的にはnonsenseだが、統語論的には正しいという、言語学史上、最も有名な例文の一つ。

God Lived as a Devil Dog ―Foie Gras (artist, 2014/2019)
 神は悪魔の犬として生きた。 なぜか、ギリシャ神話の冥界の番犬で、ハリポタのフラッフィーのモデルにもなったケルベロス(挿絵左)を連想してしまいました。

Dog, as a devil deified, lived as a God. ―Anonymous
 
悪魔が神聖なことと考えていたように、犬は神として生きた。 これが本当の犬神様? なお、最初のasは前置詞ともとれますが、ここは「様態」の接続詞として訳しました。

最後の2つの文章は神と悪魔の対比があるだけでなく、どちらも回文(palindrome)になっています。まさか、ワンちゃん(dog)と神様(God)が表裏一体の関係にあったとは!?

Photo_20230927074701

|

« レトロニム | トップページ | クセ強な英単語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レトロニム | トップページ | クセ強な英単語 »