« 実ビジL7の復習 | トップページ | Spoonerism »

2009年1月15日 (木)

パイプ

昨日「実ビジ」に登場したconduit(導管/パイプ役)は知りませんでした。[kndwit, -djuit, kndit, -djuit]など、いくつか発音パターンがあるようですが、放送では一番目のように聴こえました。ということでpunを一句。

 I can do it as a conduit.
 私はパイプ役としてそれができます。

導管と聞くと「duct」が真っ先に浮かびますが、ductは接頭辞をつけてさまざまな動詞を作る語幹としても使われていますね。でも、conduitの「パイプ役」のように比喩的な使い方はしないようです。一方、pipeline(パイプライン)は「パイプ役、情報ルート」も意味します。とくに、イディオム的には次のような表現をよく見かけます。

 The product X is in the pipeline.
 製品Xが開発中です(まもなく市場に出ます)。

最近は「開発パイプライン」のように日本語にもなっていますね。

その他
pipe down 黙る/静かになる *作業終了の笛(pipe)が吹かれて甲板の艦員が下の船室に戻ると、甲板が静かになるところから(イデ由No.560)。

|

« 実ビジL7の復習 | トップページ | Spoonerism »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイプ:

« 実ビジL7の復習 | トップページ | Spoonerism »