« アーセナル | トップページ | Redundancy(重言表現) »

2009年1月 2日 (金)

縁起物

あけましておめでとうございます。

諸事情があり昨年はなかなか更新ができませんでしたが、今年も「実ビジ」を中心に、ブログ記事を少しカジュアルで短めにしながら地道に続けていきたいと思います。

突然ですが、長いことで有名な単語(ドイツ語)に次のようなものがあります。
Donaudampfschiffahrtsgesellschaftskapitän
ドナウ川蒸気船会社船長

さらにこれに続けて以下のような例も。Donaudampfschiffahrtsgesellschaftskapitänskajütenhund
ドナウ川蒸気船会社船長室の犬

ドイツ語の場合、上のように単語と単語を「s」あるいは「n」でつなげていくのはごく自然ですが、英語では「o」(直前に母音が重なる時は省略)で1回つなげる程度ですね。

長いものは縁起物、ということでご紹介しました。
今年もよろしくお願いいたします。

|

« アーセナル | トップページ | Redundancy(重言表現) »

コメント

やまちゅうさん
家族が1番
お仕事2番
英語は3番か4番あたりで今年もよろしくお願いします。
上のドイツ語、どこで意味的に切れて、どう読むのか、まーったくわかりませんが、縁起物だそうで、そういわれて見るとなんとなくありがたい気もいたします。

ラジ子さん
説明不足ですみません。取り急ぎ、単語同士の接続に使われている「s」と「n」に下線をつけてみました。あとは日本語訳と同じ語順です。
ドイツ語ではこのような長い語を「ヘビのような言葉」と呼ぶそうですが、日本語で漢字をつなげていく感覚と少し似ていますよね。
Work-Life balanceをうまくとりながら、これまでと同様、英語も趣味的に続けていきたいです。今年もよろしくお願いいたします。

【やまちゅう@管理人】

投稿: ラジ子(返信付) | 2009年1月 2日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縁起物:

« アーセナル | トップページ | Redundancy(重言表現) »