« Redundancy(重言表現) | トップページ | 実ビジL7の復習 »

2009年1月12日 (月)

ギリシア/ラテン語由来の色

かなり昔に発見されたカラフルな化合物にはしばしばギリシア語またはラテン語でその色を意味する接頭辞がついています。ちょっとマニアックかもしれませんが、主だった例を挙げてみます。---(参考:現代化学2008年11月号,p.47)

albo- / argenti- / leuko-

amauro- / atri- / cani- / cinereo- / glauco- / polio-

melano- / nigri-

coccino- / eo- / erythto- / flammeo- / rhodo- / roseo- / rossi- / rubri- / rufi- / rutuli-

aureo- / chryso- / cirrho- / flavo- / fulvi-

fusci- / luteo- / ochreo- / xantho-

chloro- / prasini- / viridi-

ceruleo- / cyano- / iodo- / violaceo-

porphyro- / puniceo- / purpureo-

興味深いことに、今回挙げた例では、続く語幹との接続は必ず「o」か「i」を介しています(40個のうち「o」が28個、「i」が12個)。これらのうち個人的に気になった接頭辞は・・・

leuko- [lú:k(ou)-, -k()-/ljú:-]→leukocyte(白血球)。leuco~とも。

viridi- →絵の具のviridian(ビリジアン)は深い青緑色。
       (絵の具に「緑色」がないのはなぜでしょうか?)

chloro- chlorophyll(葉緑素)。染料にも使用。

argenti- Argentina(アルゼンチン)は「白」に間接的に関与。
→独立当時の名称は「リオ・デ・ラ・プラタ連合州」
 *Río de la Plata(スペイン語)=の川
→銀をラテン語のArgentumに変換(スペイン色を払拭するため)
→地名表現のため女性名詞化してArgentina 
 つまりラテン語で「白い金属」が銀だったわけです(-um/-iumは金属を意味する接尾辞:例外はhelium)。ちなみに「銀」の元素記号はラテン名に基づき「Ag」。cf. argent 銀(の)

|

« Redundancy(重言表現) | トップページ | 実ビジL7の復習 »

コメント

お久しぶりです^^
この間は、フラっとお会いできて、よかったですね~♪ 私は、酔っ払いでしたが^^;

病理用語、何やら、難しいと思っていたら、ラテン語だったんですね・・・。どおりで、英語も同時に存在したりするわけだ(´;ω;`)
leukocyteはwhite blood cell (WBC)の方が一般的ですもんね。
同じようにerythrocyte (RBC), melanocyteなんかもありますね。

そういや、albino ratも白いって意味からきてるんですね。。。

MAMIさん
先日はどうも^^
ラテン語っぽいスペルってありますよね。一般的にはだいぶ淘汰された感のあるラテン語ですが、専門用語としてはまだまだ生き残っていきそうですね。

【やまちゅう@管理人】

投稿: MAMI(返信付) | 2009年1月14日 (水) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリシア/ラテン語由来の色:

« Redundancy(重言表現) | トップページ | 実ビジL7の復習 »