« Embedded(入れ子)型 | トップページ | Career in Korea »

2008年12月 6日 (土)

羊の神

bovine ウシ亜科(の)/のっそりした
ovine 羊(のような)

前回の記事でEmbedded(入れ子)型のrhymeを探していたら、bovine(ウシ、バイソン、スイギュウ等の総称)とovine(ヒツジ)を思い出し追記しました。これらは名詞と形容詞が同形で、前にも1文字違いの単語として取り上げたことがありました。もしも、ウシとヒツジ、どっちがどっちだったか忘れた時は、「狂牛病」=BSEのBがbovineだからbovine=ウシとすればOKでした。これで一件落着かに思われたのですが・・・私的にはまだ続きがありました。

それは・・・発音の問題です。つまり、bovineovineはなんとなく後の-vineの方にアクセントがあると思い込んでいたのですが、実は両方とも第1音節に強勢があったのです([bo'uvain]&[o'uvain])。そこで今回はヒツジの方に光を当てて一句。

Oh my God! Ovine God! 何ということだ! 羊の神!

[o'u mai gád] [o'uvain gád] とリズミカルに発音すれば、強勢と発音の問題はほぼクリアできるのではないでしょうか(笑)。ちなみにこの文章は頭脚両韻型のrhymeに仕上がっています。
実際に、世界中にはさまざまな「羊の神」が存在するようです。

|

« Embedded(入れ子)型 | トップページ | Career in Korea »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羊の神:

« Embedded(入れ子)型 | トップページ | Career in Korea »