« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月15日 (日)

実践ビジネス英語(L6)

最近の実ビジ、Lesson6からの抽出作業です。
まずは、頭韻表現から。

worth someone's while (人の)時間をかけるだけの価値がある
the cream of the crop 選び抜かれた精鋭
the best and (the) brightest 最高の人材

下2つは互いに言い換えが可能。2つめはtextではcream-of-the-crop と形容詞形で出ていました。ちなみに最後の表現は最上級のダブルですがよく見ると頭脚両韻型です。
そういえば何かの歌に「taller than the tallest tree」という歌詞が出てきました。最上級をさらに比較級で強調した詩的な表現だと思いました。

次は脚韻もどき。

overachiever とくに優れた成果を上げる人

最後はpunがらみの表現です。

bad pun だじゃれ(punだけで「だじゃれ」のニュアンスが強い)
hone a horn ツノを磨く *[houn] と [ho:n] (能力を磨くのも可) 
staple stapler 重要なホチキス

そのうちセットフレーズ集の中に、bad pun のような「冗長表現(pleonasm)」もまとめてみたいと思います。

さて、私の今年の英語?の目標の1つに、「空耳作品を作り、空耳アワーで採用されること」というのがあります。だいぶ時間がかかったのですが、1作目の「空耳」が出来上がり先週投稿しました。ふだん洋楽をあまり聴かない上に、歌詞をまともに英語で理解しようとしてしまうのでなかなか難しいですが、1,2ヶ月番組を見てダメだったらまたチャレンジします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

unique favorite

少し追記しました(ピンク字)。

久しぶりの意外シリーズの更新です。

favoriteとuniqueの強調形
 これらの形容詞は、もはやそれ自体が最上級とも言えるため、その意味の性質上、比較級・最上級がありません。またveryで修飾することも通常はしないとのことです。uniqueに関しては日本語で「とてもユニーク」とよく言うので、「very unique」と言わないように注意したいです。ところが最近、これらの強調形を目にしました。

absolute favorite 最高にお気に入りの(名詞としてもOK)
absolutely unique まったく類を見ない

こんなのもいけるかもしれません↓
unique favorite 独特のお気に入り

意外といえば、最近、私は背が伸びているようです。多少誤差はあると思いますが、半年ごとに行う会社の健診で、ここ2年で約1cm伸び、現在179.4cmになりました。こうなると身長180cm超えを目標にしたくなるのが人情。さて今後、どうなりますか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »