« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月24日 (土)

あさみとトム(erratic編)

もう何回も見ているシーン。営業のトムが仕事で失敗したのかうなだれて外回りから戻ってきました。同期のあさみは内勤で主にPCのシステムを担当。最近、トムとは勘違いの連続で気まずくなっていましたが、逆にトムへの好奇心は募る一方です。トムが例によって席を外すのを確認すると、ついに、あさみはトムの後をつけました。しばらく廊下を進んでいくとトムはトイレへ。しばらく廊下で待つあさみ。・・・5分・・・「な、長い・・・。ていうか私、何やってんだろ」。このまま見張るべきか・・・さて・・・と、あさみのピッチにコールが入りました。いつもPCをおかしくするドジ男・フランク(Frank)からです。

Frank: Something is wrong with my computer again. I need your help.
Asami: ...“O”“K”.(チッ。またFlunk「落第男」か)

仕方なく引き返すあさみ。30分ほどFrankのPCと格闘してから職場に戻ると、今度はトムの上司のグラナダ(Granada)が「トムはどこだ!」といらいらしてます。おまけに自分のPCもトラブったらしく、あさみが呼ばれました。あさみがPCをみている間、グラナダが話しかけます。

Granada: You know Tom is erratic. Where on earth is he?
Asami: er... I don't know. How can I know that?

グラナダ:トムは気まぐれなヤツだよな。彼は一体どこなんだ?
あさみ:え・・・知りません。知るわけないです。

今の会話、あさみの脳の中ではerratic(気まぐれ、[ae])→erotic(エロい、[a]) と変換されてしまったようです。確かにどちらもアクセントが第2音節だし、その母音が違うだけなので似ています。あさみは、何かトムの事情を知っていそうなグラナダの一言で混乱してしまいました。トムは席を立ってから1時間後に戻ってきました。まさかずっとトイレ?トムについてのキーワード、vagrant(放浪者), a small fortune(大金)にerotic?が加わり、あさみは自分の気持ちの制御に限界を感じ始めていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

PUN その12(fiddle 2)

考えてみたら今年初めてのPUNの更新です。

To fiddle a fiddle is a fiddle-faddle. 
 ヴァイオリンをいじくるのはばかげたことだ 
 最近、「fiddle-faddle」 という曲名を目にしたのでpunにしてみました。fiddleは2回目の採用(前作はこちら)ですが、どうもfiddle を使うpunは自虐ネタになる傾向があります(笑)。実際、素人考えで駒をいじくったヴァイオリンを弾いていたら、知人のプロの方に細工を一発で見抜かれました。つまり、駒を低くする→指板と弦の距離を縮めることで少しでも運指を楽にしたかったからなのですが、生兵法は何とやらですね、やっぱり。

さて、以下の2つはともに脚韻を踏んだ言い回しです。

I gave him a nudge, but he wouldn't budge.(2007年度「ビジ英」
 彼を(注意するために)ちょっとこづいたが彼は態度(意見)を変えようとしなかった。 
 nudge(=gentle push)はよい結果を招くことが多いと説明されていました(byクリスさん)。こういうニュアンスを伝えたい時ってあるかもしれません。この場合、nudge の代わりにpushやpressure だったら結果が違ったのでしょうか?

If it bleeds, it leads.(2007年度「ものしり」
 残酷な事件ほどトップニュースになる。
 これはメディアのあり方に警鐘を鳴らす、「見出し」チックな皮肉になっています。確かに、そんな気がしますね。似たようなものに、ラテン語由来のBuyer beware.「買い人よ、注意せよ」などがありました。なお、見出しのpunを覚えるといいことがあります。それはbleed「出血(する)」とbreed「品種・血統」のつづりを迷わなくなることです。どちらも「血」に関係する単語なので時々こんがらがるのですが、もう大丈夫!

後半2つはEnd Rhyme(脚韻)型にも掲載しました。最近、フレーズ編と文章編に分けてみましたので興味のある方はご参照下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

皮肉表現(Allegedly&Richie)

allegedly  (本人の)申し立てによると/~だとされている
 動詞allége(申し立てる)は、(訴訟など)わりとformal な場面で使われるので、allegedly は、casual な使用では真偽のほどが疑わしいという皮肉に響く表現だそうです。そういえば昔、アメリカに、Alleged とその娘のMiss Alleged という競走馬がいましたが、考えてみるとちょっとヘンなネーミングですね。

ex.(ビジ英08-2月号p.96, BWP, No.8より)
A: Why didn't Jane show up at the meeting today?  Was she sick?
B: She allegedly had an appointment with her client. She never mentioned it before, though. 

A: ジェーンはなぜ今日の会議に現れなかったの? 病気?
B: 彼女の説明によるとクライアントと約束があったんだって。もっとも、そんなことちっとも言ってなかったけどね。

そういえば今年度の「実ビジ」には巻末のquiz、BWP(Business Word Power)がなくなってしまいました。少なくとも(私が杉田先生の番組を聴き始めた)1997年には既に連載されていて毎回楽しみにしていたのでとても残念です(入門ビジネス英語の方に連載だそうです)。

Richie
I begged Richie to lend me a hundred bucks, but he shook his head, saying, "I'm broke, too." (DUO No.22) 
 
リッチーに100ドル貸してと頼んだが、彼は首を横に振りながら「僕も一文無しなんだ」と言った。
 Richieと名のつく人は、「名前がRichie(rich)なのに貧乏」という皮肉なジョークを一生に一度くらいは自分で言ったり言われたりしそうです(想像)。
少し前のTV「ドラマで楽しむ英会話 MIAMI7」のpunに関する話題で、出演者のRichieと肘井美佳ちゃんとのこんなやりとりがありました。
 肘「(punの例として)Richie is rich. っていうのは?」
 R「全然違うよ。だってリッチーとリッチでしょ。
   それ、オヤジギャグでしょ、美佳ちゃん。」
 肘「そっか。ま、そもそも rich じゃないしね、却下!」
と突っ込まれていました。
 一応調べたら、Richieには「リッチ」という発音も辞書に載っていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »