« Green Wedding の復習 | トップページ | ネヴィル・マリナー »

2008年1月27日 (日)

meter

以前、barometer を取り上げましたが、今回は「meter」を含む複合語について、単語のアップデートをし、さらにアクセントの問題ももう少し考察してみたいと思います。
meter」はアルクの語源辞典によると、ギリシア語のmetron(=measure)由来の語で、①何かを計測する機器(-meter)、②(計測した結果の)長さの単位(meter)を意味します。ちなみに、「ネイティブの「造語力」を身につける!」という本には「ラテン・ギリシア語由来」という記述がありましたが、ラテン語の直系ならmetorとなっていてもよさそうな気もしました。

計測機器系-meter の直前の音節にアクセント
 日本語の感覚とかなりズレたものもあるので要注意です。

altimeter 高度計
anemometer 風力計
audiometer 聴力計
barometer 気圧計/バロメーター
chronometer (高精度)腕時計
hygrometer 湿度計
manometer 圧力計(blood pressure ~で血圧計)
micrómeter 測微装置/精密測定器(②の項も参照)
odometer オードメーター・走行距離計
parameter パラメータ(ー)、変数
pedometer 歩数計
perimeter 視野計/(飛行場・基地の)周辺
seismometer 地震計(地震のサイズもう見た?)
speedometer 速度計
 *発音が気になる方は→こちら(衝撃です!)
thermometer 温度計
tachometer タコメーター(回転速度計)
telemeter 遠隔計器

単位系第一音節にアクセントの傾向
 おそらく初めは接頭辞のアクセントが優先されていたものが、①の語形成の流行とともにアクセントパターンが①へ移行する現象も出てきたのではないかと考えられます(ex. kilometer)。 

céntimeter センチメートル(cm)
kilómeter キロメートル(km) *例外的なパターン
 *[ki]を強める発音もあり(byクリスさん)。
míllimeter ミリメートル(mm)
mícrometer マイクロメートル(μm) *0.001mm
nánometer ナノメートル(nm) *0.001μm

今回とくにおもしろいと思ったのは、micrometer です。これを単位として使う場合、辞書にはたいてい①のパターン(micrómeter)が載っていますが、先日仕事でイギリス人(男性,30歳前後)のプレゼンを聞いていたら、やはりmícrometer と発音していました。もっとも、彼はほとんどの場合、同じ意味でmicron [maikran] を連発していました。やはり口語ではmicrometerは長すぎるようで、その辺りは日本語の「ミクロン」と同じだと思いました(発音は違います)。
また、-metryは測定法の意味の接尾辞で不可算名詞を作ります。この関係は、-graph(記録のための機器)と-graphy(記録法)と同じです。

|

« Green Wedding の復習 | トップページ | ネヴィル・マリナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: meter:

« Green Wedding の復習 | トップページ | ネヴィル・マリナー »