« あさみとトム(束縛編) | トップページ | イズム »

2007年11月22日 (木)

お知らせ(revised)

今回は、いつもお世話になっております読者の皆様にお知らせがあります。

本日(11/22)発売の月刊誌「AERA English(1月号),p.23」に、このブログを軸とした私の英単語学習法の紹介記事を載せていただいきました。今までこのブログの中でご紹介できなかった「語源マトリックス(接頭辞と語根を2次元のエクセル表にまとめたもの)」も取り上げていただいています。皆様の英単語学習にお役に立つかどうかは自信がありませんが、ご参考までにご一読下されば幸甚です。

本ブログの構造はちょっと雑然としていますので、上記の記事のポイントに従ってカテゴリーを仕分けしてみました。

英単語に関連して、
①法則を見つける→語源、語源マトリックス、アクセントの法則
②韻に着目する→語呂
③自分で物語を作る→Theater DUO勘違い英会話

また、英単語の記憶法に関する私の大まかな考え方を以前に考察したことがあります→こちら

それでは、今後とも本ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

追記:
「語源マトリックス」はエクセルで作っています。日々更新中なのですが、もし現時点の元ファイルを見てみたいという方がいらっしゃいましたら、メールにて添付送付をさせていただきますのでご連絡下さい(もちろんfree of chargeです)。今後は、何とかブログでうまく閲覧できるようにしたいと考えています。

|

« あさみとトム(束縛編) | トップページ | イズム »

コメント

さっき、ブログにアエラのことを書かせてもらいました。今日あたり本屋さんで「これがやまちゅうさんね!」と言いつつ記事を読んでいる人がいるかも。まさかバイオリンを持っての写真撮影とは想像できませんでした。inconceivable!(すみません、使いたがりやなもんで…。)

投稿: ラジ子 | 2007年11月22日 (木) 13時28分

ラジ子さん、もったいないお言葉を本当にありがとうございます。今回の取材には「音」つながりということで愛用のヴァイオリンも一緒に連れていきました。今の楽器はもう20年近い付き合いになりますが、おかげさまで、My fiddle is as fit as a fiddle.です(すみません、言いたがりなもんで・・・)。ともあれ、引き続きよろしくお願いいたします。

投稿: やまちゅう | 2007年11月22日 (木) 22時44分

アエラを拝見しました。「音」繋がりでヴァイオリンの登場だったのですね。語源をまとめたエクセル表は、理系のやまちゅうさんらしさを感じましたよぉ~(^o^)テキストの例文から登場人物像が浮かんでくる所などは、テキストを使い込んでいる様子が感じられ、簡単に身につくものではない・・・とつくづく思いました。

PS:今回の記事で「bowel」は、忘れることのない単語となりました(^_^;)

投稿: しろた | 2007年11月23日 (金) 20時05分

しろたさん、いつもお世話になっています。
職業がら英語雑誌には場違い?と心配していましたが、ありがたいコメントをいただけて安心しております。
記事をよく読んでみたら、「語源マトリックス」(←私の造語です)という用語は使われていませんでしたね(汗)。本文中で補足させていただきました。
物語の方はほぼ直感で書いています。書くというよりも、勝手に湧き上がってきたイメージを記事にしている感じです。そのため更新は不定期になりますが、無理はせずマイペースで続けていきたいと思っています。今は「あさみ&トム」が頭の中に居候してます・笑。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: やまちゅう | 2007年11月23日 (金) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お知らせ(revised):

« あさみとトム(束縛編) | トップページ | イズム »