« プリケア? | トップページ | Mandarin Way »

2007年11月 2日 (金)

国名・地名(Revised)

先日、mijoka さん、gunn さんに勉強させていただいた、国名がらみの話題を簡単にまとめてみました。

-land で終わる国名
 基本公式は2つあるようです。
①「民族名+land=国名
AngleEngland *the English(イングランド人)
FinnFinland *nが1つ欠落する
ÉrainnIreland *the Irish(アイルランド人)
PolePoland *形容詞/~人はPolish [po'uli∫] ⇔ polish(磨く)は[pa'li∫]
ThaiThailand *日本語ではタイ(王国)なので要注意

②「地名/地形+land=国名
Iceland スカンディナビア語で「氷の島」
Netherland オランダ語で「低い土地」
 *「オランダ」はポルトガル語経由の日本独特の呼称
New Zealand ラテン語でNova Zeelandia=「新しい海の土地」
Switzerland Schwyz州<古独語 swaijazari「酪農場」の転訛+land
 
*Swiss スイス人/スイスの(タイと同じパターンで注意)

その国の人は「~lander」または「民族名+ish」が基本形です。あるいは「形容詞形+people」でもいいですね。
 一方、中央アジアから中東にかけての地域では-land の代わりに-stan (ペルシア語で国・地方を意味する接尾辞)がよく使われています。

Afghanistan アフガニスタン
Pakistan パキスタン
Kazakhstan カザフスタン
Uzbekistan ウズベキスタン
etc.

要注意の地名
Argentína [アージェンティーナ] アルゼンチン(Árgentineは形容詞/~人)
Athens [スンズ] アテネ
Belgium [ルジャム] ベルギー *発音注意。「ベルギー」はオランダ語発音。
Florence [flo'(:)r(э)ns] フィレンツェ(伊)
Georgia グルジア *米のジョージア州と同じ綴り&発音。
Mongolia [mauli] モンゴル
Munich [mju':nik] ミュンヘン(独) *発音注意。
Prague [pra':g] プラハ-Praguer (プラハ市民)
 *plague [ple'ig] は、疫病・災難/疫病にかからせる・悩ます
 $plague in Prague プラハの疫病
 *plaque [plaek] は、飾り額、盾/歯垢(プラーク)
Warsaw [ウぉーソー] ワルシャワ 

上述したplaque は歯磨き粉の宣伝でプラーク・コントロールのような形で耳にしますが、宣伝で専門用語をそのままカタカナ的に使う手法は、歯の分野でも「オーラル・ケア(oral care)」や「カリオロジー(cariology:齲蝕学)」などと目立ってきています。
また、plaque のように、総じて[ae]の母音は日本語ではなぜか「アー」と長音で表されることが多いような気がします(ex. fast food →ファーストフード)。

|

« プリケア? | トップページ | Mandarin Way »

コメント

きゃぁ~。やまちゅうさんの「発音注意」の注意書きのとおり、ベルギー、ミュニッチだと思ってました。ベルギーは綴りさえ確認したことなかったです。ありがとうございました。ひとつ、いや、ふたつ勉強になりました。

投稿: mijoka | 2007年10月29日 (月) 06時23分

mijoka さん、こちらこそありがとうございます。
発音がまぎらわしい地名として、
・チューリッヒ→ズーリック
・サンクトペテルブルグ→セイントピーターズバーグ
などもありましたね。

投稿: やまちゅう | 2007年10月29日 (月) 13時04分

再び失礼します。
昨日、BBCのニュースをチェックしていて、plagueが使われているのを発見しました!

やまちゅうさんのブログで勉強させていただいた単語が出てきたので嬉しくなって思わずもう一度コメントしてしまいました・・。

アドレスをコピーしておきますね。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/middle_east/7069109.stm

投稿: mijoka | 2007年10月31日 (水) 20時43分

mijoka さん、ありがとうございます。
なるほど、BBCの記事では動詞(受身)で使われていますね。難しめの単語の実例を見ると使われているんだとほっとしますよね。
私はplegue を見るとfatigue=疲労(する/させる)を連想します。どちらもネガティブ系ですし、どことなく似ています。

投稿: やまちゅう | 2007年11月 1日 (木) 01時34分

mijoka さん、すみません。
前のコメントでチューリッヒの発音が間違えていました。英語だと一般的には「ズーリック」でした。以前、下記の記事で少しまとめていたのを思い出しました。

http://procrastinator.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_7213.html

投稿: やまちゅう | 2007年11月 1日 (木) 08時13分

やまちゅうさん、本当に手取り足取りという感じで教えていただいて、ありがとうございます。

過去ログも読ませていただきました。
Munich に、歴史的背景から「屈辱的な妥協政策」という意味がある・・なんてこと初めて知りました。

ちょっと賢くなった気分です♪

投稿: mijoka | 2007年11月 1日 (木) 22時08分

mijoka さん、私も自分の過去ログをすっかり忘れていました^^;私の場合、「ブログ=マイ単語帳」なので、検索やリンクを使い、もっとブログの中を行ったり来たりして脳を活性化しなきゃです。

投稿: やまちゅう | 2007年11月 2日 (金) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国名・地名(Revised):

« プリケア? | トップページ | Mandarin Way »