« お知らせ(revised) | トップページ | PUN その9(disconcert&fiddle) »

2007年11月23日 (金)

イズム

ism」はもともと、①学説、主義、傾向などを示す接尾辞ですが、とくに1960年以降は②差別・ひいきといった意味で使われることも多くなったようです(昔のビジ英より)。これらのうち、最近気になった単語をまとめてみました。

学説・主義・傾向
Darwinism ダーウィン説(ビジ英10月号,p.75中ほど)
 いわゆるダーウィンの進化論(Darwin's theory of evolution)ですが、最近では一般化して、発展や淘汰のしくみを指して、日本語でも「経済/社会/言語のダーウィニズム」と言ったりするようです。
environmentalism 環境保護主義/環境決定論(ものしり英語塾11/19,20)
 「環境保護主義」は今や一般常識として国際的にかなり浸透し、環境保護団体 Greenpeace の活動などにも象徴される考え方ですね。一方、心理学の分野では、人格形成が遺伝よりも環境が支配的であるとする「環境決定論」という意味もあるそうです。似た意味で「Nurture is above nature.(育ちは遺伝より大切である)」という格言もありました。
absenteeism 計画的欠勤・サボリ癖
 これも現代病の1つでしょうか。ちなみに本ブログの勘違い英会話のトムもちょっとこの傾向があるのかもしれません。これとは対照的に、presenteeism(欠勤すると失業するかもしれないという恐れなどから正当な欠勤理由があっても出勤してしまう状況または感情)という単語もあるそうです(ビジ英2月号,p.27)。

 その他、vandalism(故意の破壊行為)などもありました。この単語はヴァンダレイ・シウバ(格闘家)からの連想で覚えました。

差別・ひいき
 この用法は、racism人種差別,1933年)の概念がきっかけなのだそうです。以下、( )内はその語が作られた年を示します。
ageism 年齢による差別(1969)
chauvinism 極端な排他主義/性差別主義
 ex. male chauvinism 男性至上主義
lookism 容姿による差別(1978)
nepotism 縁故者びいき
sexism 性差別(1968)

|

« お知らせ(revised) | トップページ | PUN その9(disconcert&fiddle) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イズム:

« お知らせ(revised) | トップページ | PUN その9(disconcert&fiddle) »