« 国名・地名(Revised) | トップページ | 記号系 »

2007年11月 3日 (土)

Mandarin Way

ビジ英L3の(1)(07-10月号, p.75)で気になる単語がいくつか出てきました。

Mandarin 標準中国語(北京官話)
 これを聞いて最初に連想するのは「mandarin orange」で、いわゆる日本の(温州)ミカンに相当します。この、mandarin は普通名詞化しているためMが小文字で(ex. romaine lettuce)、アクセントは第1音節です。ちなみに、tangerine 単独では日本語の「オレンジ」で、こちらは最後にアクセント。これらのアクセントの位置に関して、個人的な経験則を以下に記します。

「子音+in」の語尾には強アクセントがない(2音節以上)
例: áspirin(アスピリン), sávarin(サヴァラン)etc.
例外:akín や仏語由来の単語

強勢なしの語尾+「e」→その語尾に強勢移動(母音も変化)
例:
gérman(同父母から生まれた)→germáne(密接に関係した)
húman(人間)→humáne(人間味のある)
ócal(地元の人/普通列車/支部etc.)→locále(現場/場面)
móral(モラル、教訓)→ morále(士気)
rátional(理性的な/合理的な)→ rationále(論拠・原理)
támbourin(タンブラン*)→ tambouríne(タンバリン)
 *南仏地方の細長い太鼓/その踊り・舞曲
例外:専門用語
sílicon [si'likn] シリコン,ケイ素
sílicone [si'likoun] 有機ケイ素化合物,シリコーン(<silico-ketone)
 *発音は変わりますがアクセントはそのまま。

A little language goes a long way. 少しの言葉がずいぶん役立つ
 気になるのはgo~way の関係で、~way は副詞句と考えています(名詞の副詞的目的格)。このパターンはいろんなバリエーションがあります。

go all the way 行くところまで行く
go the way of the dinosaurs すたれる・滅亡の道をたどる
go one's way 自分の思い通りになる/いく
A little goes a long way. 少しがずいぶん役立つ

|

« 国名・地名(Revised) | トップページ | 記号系 »

コメント

A little language goes a long way.は、馬越先生のベストセレクションに出てきましたね。最初聞いたとき、単語ひとつひとつは誰でも知っているようなものなのに、文としてそれがどういうことを言っているのかよくわかりませんでした。
英語っておもしろいですね。

投稿: mijoka | 2007年11月 1日 (木) 22時15分

mijoka さん、同感です。
私なんて、この文を最初に聞いたとき、
A little language goes a wrong way. と聞き違えました。文字通り wrong way じゃん、と自分でつっこみを入れました(笑)。格言にしても、言い回しにしても、知っていれば聞き間違えようがないところなんですが・・・。
ということで、今日のQuote...Unquote は以下の文章です。
A little knowledge goes a wrong way.
        ―Yama-chew (Japanese blogger and punist)

投稿: やまちゅう | 2007年11月 2日 (金) 00時41分

ラジ子さんのブログでお名前を拝見していたのですが、訪問させていただくのは今日が初めてです。montoと申します。初めて訪問してみて、内容の密度の濃さに感動しました。ラジ子さんにしても、やまちゅうさんにしても、とても良い刺激になります。今後ともよろしくお願いいたします。

追伸 私はA little knowledge goes a long way.を耳にしたときは、along wayかと思いました。どうも、goの後にwayが来ると、まず前置詞がほしくなるようで・・・along the wayでなくては、この推論も成り立ちませんけど。あいまいなときは、まずチェックですね。I have to be careful not to go my way.ってかんじです。

投稿: monto | 2007年11月 3日 (土) 22時35分

monto さん、初めまして。
記事がお役に立てたらとても嬉しいです。こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。
日本語だとたまたま「~の道を行く」のように訳せますが、go は「行く」という意味では自動詞なので、monto さんのおっしゃるように、前置詞が欲しくなりますよね。きっと「go ~way」は慣用的な言い回しなのでしょう。

投稿: やまちゅう | 2007年11月 4日 (日) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mandarin Way:

« 国名・地名(Revised) | トップページ | 記号系 »