« A Thousand Winds | トップページ | プリケア? »

2007年10月20日 (土)

PUN その8(きりわけ型)

今回はpun の中でも難しめと思われる「きりわけ(scission)型」にチャレンジしてみました。

Ben Johnson wants to take vengeance with a vengeance in the next race.
 ベン・ジョンソンは次のレースでしゃかりきに復讐したいと思っている。

 以前、PUN その2でご紹介した文章をさらにアレンジしてみました。イディオムの「with a vengeance (やる気十分で)」も盛り込んだ形です。ちなみにvengeanceavenge「(正義感を動機として)復讐する」の名詞形です(なぜか a が落ちます)。

Oxymorons include axioms and morals.
 オクシモロンは格言と教訓を含む。

 オクシモロン(矛盾語法)愛好家(=私)にとってはなかなか味わい深い?文章です。ある意味、人間の存在や精神の葛藤、そして社会との関わりの中には、何らかの形でoxymoron が潜んでいるともいえます。「axioms and morals(格言と教訓)」は、ビジ英9月号p.36に出てきましたが、axiom(格言)と同じ意味の単語にmaxim がありました(音も偶然似ています)。一方、moralthe moral of the story(その話・物語の教訓)という形でしばしば目にします。 ちなみに、moral の語尾に e をつけるとmorále(士気)になり発音とアクセントが変わりますね(このアクセントの移動パターンに一定の法則?を見つけましたが、そのトピックはまた次回に・・・)。

Táciturn people tend to toss and turn.
 無口な人は寝返りを打つ傾向がある。

 ↑最近発表された新しい学説です(ウソ)。「toss and turn(寝返りを打つ)」をできるだけ速く10回発音するとあら不思議、「taciturn(無口な)」になります。ただし、最初の母音は(文章の前から順に)[ae]と[o(:)]で異なります。ちなみに、tacit だけだと「無言の」になります。他に語源的に仲間と考えられるものには「reticent(無口な/嫌々の)」がありました。「tacit」や「-tic-」はラテン語の「黙する(tacere)」に由来します。

|

« A Thousand Winds | トップページ | プリケア? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PUN その8(きりわけ型):

« A Thousand Winds | トップページ | プリケア? »