« PUN その8(きりわけ型) | トップページ | 国名・地名(Revised) »

2007年10月24日 (水)

プリケア?

先週のプリキュア=Precure(Pretty Cureの略)は「パルミエ王国の王子・ココがメタボで大ピンチ」という愉快な話でしたが、このプリキュアに似た音の「plicare」はラテン語で「重ねる(fold)」という意味があり、ここから派生した「-plicate」を語幹とする動詞が結構あります。接頭辞(prefix)をつけると意味が展開します。一番ピンとくるのは、complicate あたりでしょうか。

complicate 複雑な/複雑にする
explicate 詳説する/展開する
 
*重なっているものを外に広げる(= unfold)
implicate 巻き込む(しばしば受身で)
replicate (折り返して)重ねた/重ねる
 
*réplica(レプリカ/生き写し)も同じ語源。
supplicate 嘆願する
 
*sup(p)=sub、下に(ひざまずいて)(手を重ねて)祈る

複写系 以下、全てにn, adj, vt があります。
dúplicate 副本(控え)(を作る)/二重にする/vi 二重になる
tríplicate 3通(正1、副2)(を作る)/三重にする
quadrúplicate 4通(正1、副3)(を作る)/四重にする
quintúplicate 5通(正1、副4)(を作る)/五重にする

これらのうち、duplicate は時々見かけますし、 quadruplicate は論文の投稿規定中の指示に出てきて、実際に4部の原稿を提出した記憶があります。

最後に、prefix なしのplicate [pláikeit]単独の形容詞がありました。発音にちょっと注意ですね。

plicate ひだのある
 plicate ひだのある
plicate ひだのある
 plicate ひだのある
plicate ひだのある
 plicate ひだのある
plicate ひだのある
 plicate ひだのある
plicate ひだのある
 plicate ひだのある
plicate ひだのある
 plicate ひだのある

ひだひだ感を表してみましたが、いかがでしょうか(笑)

|

« PUN その8(きりわけ型) | トップページ | 国名・地名(Revised) »

コメント

ふむふむ・・と真面目に読んでいましたが、最後の「ひだひだ」にやられました。 素敵です♪

投稿: mijoka | 2007年10月24日 (水) 15時50分

mijoka さん、ありがとうございます。2次元でも工夫できることはたくさんあるかも、ですね。週末のTOEIC、がんばって下さい!

投稿: やまちゅう | 2007年10月25日 (木) 08時21分

mijokaさんと同じく「ひだ攻撃」にびっくりしました。でも、いい感じに余裕が表れてますよ!
> quadruplicate は論文の投稿規定中の指示に出てきて、...
のくだり、かっこよすぎます。論文ですもんね、なんてったって!英語の論文なんて、私には想像もつきません。

投稿: ラジ子 | 2007年10月26日 (金) 12時05分

ラジ子さん、英語論文はやはりテクニカルでカタい単語が好んで使われます。化学の世界ではアメリカ化学会(ACS)の「The ACS Style Guide」がBibleで、実際とても役に立ちます。文法、文体、用語法などが事細かに書かれていて、例えば、「ダッシュには3種類ある」とか、「コロンとセミコロンの使い分け」とか、笑ってしまうほど厳密です。今度、この本をネタにした記事も書いてみますね。

投稿: やまちゅう | 2007年10月26日 (金) 22時52分

やまちゅうさん、こんばんは。
ひだひだ感 意外性があってすごい!唱えているうちに覚えられそう。
ところで私以前からコロン、セミコロン、などの表記法に弱いので解説楽しみにしています。

投稿: Hilda | 2007年10月29日 (月) 21時07分

Hilda さん、こんにちは。
皆さんにこれだけウケたら「ひだひだ」も本望ですね(笑)。また何かひらめいたら書いてみます。ジャンルは・・・さて何になるんでしょう?
表記法については、ではまず、コロン、セミコロンなど記号系からご紹介していきますね。

投稿: やまちゅう | 2007年10月30日 (火) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリケア?:

« PUN その8(きりわけ型) | トップページ | 国名・地名(Revised) »