« 防災の日 | トップページ | 1周年 »

2007年9月 7日 (金)

テレグノシス

 以前活躍した競走馬にテレグノシス(Telegnosis)という名マイラーがいました(今は種牡馬)。ビジ英L12では、ITを利用して場所や時間にとらわれない労働者= teleworker の解説で松下さんが「tele = far away」と説明してくれました。telepathytelephonetelevision の例を考えるとなるほどわかりやすい接頭辞です。ちなみに、television に関する動詞としては、televise 「テレビ放送する」、teleview 「~をテレビで見る」があります。冒頭のテレグノシスは、 telegnosistele(遠くで)+gnosis(認識・霊知) で「透視力、千里眼」という意味だそうです。
 ここで、「tele」で始まる単語を集めてみました。なんとなく、神秘的な雰囲気も漂う単語群です。

telediagnosis (病状の)遠隔診断
 <tele(遠くで)+dia-(横切って)+L.gnoscere(認識)
telegnosis 透視力/千里眼
telephotograph 望遠レンズの写真(を撮る)
telescope 望遠鏡
telesis (ある目的のための自然力や社会状況の)意図的利用
telesthesia(tele+esthesia=感覚)遠感現象
 ex. 遠くにいる肉親が負傷した際, 同じ部位に痛みを感じる
telethon(television+marathon)長時間テレビ番組(慈善目的)
telework(=telecommute) 遠隔在宅勤務

|

« 防災の日 | トップページ | 1周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレグノシス:

« 防災の日 | トップページ | 1周年 »