« evidence | トップページ | Vowel(母韻)型 »

2007年8月 4日 (土)

ボクシング

ビジ英L9のWord Watching でボクシング用語由来の「pull no punches(手心を加えない)」が解説されていました。これは、ボクシングの、pull one's punches パンチを引っ込める→手加減をする、の反対の表現で、現在では否定形が主流とのことです。
 また、4/21のビジ英、最初の見出し語「duke it out」は、2006年の6月の放送でクリスさんが「throw in the towel(降参する)」の解説時にボクシングつながりで紹介していました。
 このように、ボクシング用語から一般化した表現も意外に多いようです。以下、ボクシングに由来or関連する語句・表現を、ビジ英を中心にまとめてみました(括弧内はビジ英テキストのページ数)。

・be all over but the shouting 勝負あった
 *勝負の決着はついて歓声だけが残っているところから。but は「~を除いて」の意味の前置詞。
chuck/throw/toss in the towel/sponge (主語が)降参する<セコンドがタオルを投入して試合放棄する(2006年6月号p.48,53)
clinch ~を制する/勝利を収める/クリンチする(2006年6月号p.72)
down and out ノックアウトされて/窮乏して(Lisa先生ものしり)
duke it out とことんやり合う(<殴り合って決着をつける)(2007年4月号p.44,1st見出し語).
force/push/throw ~ out of the ring ~を競争圏外に追い出す
(straight) from the shoulder 単刀直入に *肩からすばやくストレートパンチを打つところから
hit/strike below the belt 反則をする(ベルトから下を打つのはルール違反)
(be) in the ring for ~ ~の競技に出ている
mouthpiece マウスピース/スポークスパーソン(2006年12月号p.18)
pull no punches 手心を加えない・手加減しない(2007年7月号p.53)
put one's dukes up 戦う準備をする
put someone down for the count (人)を打ちのめす
ringside seat 最前列席
・be saved by the bell 土壇場で救われて(bell=ラウンド終了時のゴング)
take off the gloves 本気で取り組む (<グローブを外して素手で殴る)
take ~ on the chin (冷静に受け止める/じっと耐え忍ぶ<アゴにパンチをもらう)
throw/toss one's hat in the ring (for~)(選挙/競争に)立候補する/名乗りを上げる(昔の賞金ボクシングの出場申込法から) *1912年、T. Roosevelt が使ったのが最初とされる(イデ由)。

boxing は「箱の材料、箱状のもの、箱詰め作業」の意味もあるので、boxing ring (ボクシングリング)は「箱状の輪」でちょっとしたoxymoron ですね。一方、相撲の土俵は文字通り、sumo ring でOKです。また、Boxing Day (ボクシングデー)と言えばクリスマス後の12/26(この日が日曜の場合は12/27)に郵便配達人/使用人など日頃サービスを提供してくれている人たちに箱に入れたギフト(Christmas box)を贈る日ですね。ボクシングをする日、ではありません(笑)。

|

« evidence | トップページ | Vowel(母韻)型 »

コメント

クリスさんの説明から duke it out を覚えたという記憶力に脱帽です。ボクシング関連語もけっこうあるんですね。mouthpieceは忘れていましたが、いい復習になりました。Boxing day といってもボクシングをしない、ことはやまちゅうさんもご存知と確信しております。
個人的にはボクシングは苦手。痛そう...。夫は大好き。男の人は、ボクシングにロマンを見るのか、本能的に血が騒ぐのか、普段温厚なタイプの夫が「そこだ、打て打て!」なんて言ってる姿を見ながら、いつも不思議な気がしています。

投稿: ラジ子 | 2007年4月22日 (日) 21時06分

ラジ子さん、Boxing Day、おおそうでした!これも(つづりだけとはいえ)関連語には違いないですね。いつもありがとうございます。
旦那様の気持ち、よ~くわかります。試合を見ていると感情移入して一緒に戦っている気持ちになるんです。私は格闘技や競馬が好きですが、勝っても負けても選手や馬達が最後まで必死になっている姿に元気をもらっています。ただ、今は小さい娘がいることもあって見るのを極力控えていますが^^; そのかわり、英語とプリキュアにはまっている毎日です・笑

投稿: やまちゅう | 2007年4月23日 (月) 00時30分

やまちゅうさん、こんにちは。今回の関連表現で最前列と言う意味で Ringside seat と言う台詞が
映画「恋愛適齢期」にでてきました。
海辺でのシーンで I think I'll stay down here and watch the sun set.  You interested? Ringside seat.
又映画「陽のあたる教室」で、先生が生徒に特訓中に終了のベルが鳴り Boy, were you saved by the bell. と言う台詞がありました。 ボクシングに由来していたんですね。なるほど。

投稿: Hilda | 2007年4月24日 (火) 17時01分

今晩のNHKニュースでお嬢さんを失ったルーシーさんのお父さんの会見で、I took it on the chin.
と言われていました (苦難にじっと耐える ボクシングに由来) 最愛のお嬢さんの命を奪われて本当にお気の毒です。

投稿: Hilda | 2007年4月24日 (火) 19時39分

Hilda さん、いつも貴重なコメントありがとうございます。早速、記事に追記させていただきますね。
Hilda さんは洋画にとてもお詳しいのですね。いつも勉強になります。
・ringside seat (最前列席) は、the front (of ~)だけでもOKですね(ただし theが必須とのこと)。
・悲しいニュースで覚えた英語・・・9/11の時の現地の方のコメント「I'm devastated.」を思い出しました。どうか世の中が「peace and quiet」でありますように!

投稿: やまちゅう | 2007年4月25日 (水) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボクシング:

« evidence | トップページ | Vowel(母韻)型 »