« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月28日 (火)

おくしもろん(文章編)

久しぶりにビジ英に文章型の Oxymoron が登場していました。

“Always” and “never” are two words you should always remember never to use. ―Graffiti Corner (2007年8月, p.27)
 「いつも」と「決して~ない」は決して使わないことをいつも覚えておくべき2語である。

Thank God, I'm an atheist! ―Luis Bunuel (Mexican filmmaker, 1900-1983)
 神様、私は無神論者でよかった!

These Are the Good Old Days ―Fortune 紙
 今こそ古きよき時代 →Those were the good old days. (あの頃はよかった。)という決まりフレーズのモジリ。

芸術分野のレトリックとして使われるとさらにインパクト大です。

I'll go to hell for heaven's sake. ―♪“Go To Hell” by Megadeth
 オレは地獄に行くゼ、絶対。
for heaven's sake はお願い事の強調。hell と heaven の対比が皮肉になっていておもしろいlyrics です。

I must be cruel only to be kind. ―“Hamlet” by W. Shakespeare
 残酷にならねば、やさしくなるには。

Parting is such sweet sorrow. ―“Romeo and Juliet” by W. Shakespeare
 別れはかくも甘美な悲しみだ。(sssの頭韻にも注目)

 

 2006年上期(8月)の遠山顕先生の英会話上級で、「Oxymoron特集」をスポット的に聴きましたが、その中で遠山先生が頭韻を踏んでいることを「head rhyming」と言っていました。頭韻は「ビジ英」や「ものしり」にも頻繁に出てきますが、杉田先生や小林(章)先生はよく「alliteration」と言っています。一方、脚韻については普通はrhymeのみでOKですが、頭韻と区別するためにend rhyme と言うのが正確かもしれません。ということで、このブログではセットフレーズ集の中で、head rhyme 型とend rhyme 型と呼んで分類しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

アクセントの移動

 以前に、「色+名詞」のアクセントパターンについて書いたのですが、調べていると同じフレーズでも辞書によってアクセントの位置が違うことがありました。具体的な例としては、「色」と「名詞」が一体化していない場合では、同じフレーズでも、強勢が「色」だけに置かれるものと、「色」と「名詞」の両方に置かれるものがありました。そこで、そのときは、いくつかの辞書をあたって見出された以下の規則性について言及しました。

強勢の関係を式で表すと、
●一般に、色≧名詞
●固有名詞化 or 1つの品詞に転化している場合は、色>名詞
 *
品詞として両者が独立している場合で、色>名詞となる例は限られている。

 ところで、最近、アクセントに関する新しい知見を得ました。すなわち、新英和中辞典第5版(研究社)によると、後方に第1アクセント(primary accent)を持つ単語Aの直後に、第1アクセントを第1音節(first syllable)に持つ単語Bが続くと、Aの中で第1アクセントがその前方の第2アクセント(secondary accent)への移動が起こる場合があるという記載がありました(p.1962)。ちなみにこの辞書では、このアクセント移動が起こりうる単語には、発音記号の最後に、上付きの「←」の表示が施されています。

(例)Japanése (オリジナル)→ Jápanese bóys (アクセント移動型)

 この現象はやはり発音のしやすさが優先されるために起こるものと考えられますが、もしかしたら上述した「辞書によるアクセントのばらつき」も、似たようなことが不規則に起こっているからなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

kiss and ride(revised)

暑中お見舞い申し上げます。
ビジターの皆様、連日の猛暑の中、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

先週は帰省のためブログもお休みしていました。久しぶりに digital divide (情報格差)を体感しましたが、そんな休み中にも、いくつかの面白い英語表現に出合いました。

offhand talk 非公式の談話
 トークがハンドを使った形容詞に修飾されているのが少し面白く感じました。オフハンドからはつい Hands off! (触らないで!)を連想しますが、offhand は「(あまり考えずに)手から(勝手に)離れる」→「即座の・思いつきの/無造作な/無作法な」というイメージ展開と考えられます。日本語にもなっている freehand(フリーハンドで)にちょっと似ています。

kiss-and-ride キス・アンド・ライド方式(の)
 交通関係のTV番組を見ていたら日本語でさーっと普通に使われていました(番組の途中から見たからかもしれませんが)。初めて聞いたので調べてみると、「妻(または家族の者)に車で駅まで送ってもらい、そこから電車に乗って勤務先などに行くこと」とありました。つまり、朝、駅まで送ってくれた運転者(身内)に「じゃ行ってくるね」と kiss をし、電車に乗車(ride)するパターンだそうです。日本人にはなんともロマンティックな表現だと思います。古めの辞書には載っていなかったので、わりと最近できた表現のような気がします。Wikipediaによると1956年に作られたフレーズのようで、以下のような説明文が載っていました。

Many train stations and airports with good road connections include a separate area where cars can discharge passengers in the morning and pick them up in the evening, allowing the driver, often a spouse and possibly after a kiss (hence the name), to quickly return to the highway.

 一方、これと対照的な表現に、park-and-ride(自分で駅の近くに車を駐車した後、電車に乗り換えて勤務先などに行くこと)がありました。例えば、江ノ電は夏季限定で、自家用車を駅周辺に駐車し、江ノ電やバスに乗り換えて観光を楽しむ「パークアンドライド」キャンペーンを実施しているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

Vowel(母韻)型

頭韻や脚韻を踏んでいないのに何となく言いやすいセットフレーズがあります。そんな時は単語の中の母音同士が同じになっているかもしれません。このパターンの「韻」を、母音の音(イン)を韻にかけて、個人的にVowel(母韻)型と呼んでいます。例を以下にまとめてみました。

#:2音節以上の母音が韻を踏んでいるもの

advice and guidance 助言と指導 [ai]
An ounce of prevention is worth a pound of cure.
 転ばぬ先の杖 [aun] *1オンスは1/16ポンド、約28g
blaze a [the] trail 先導的役割を果たす [ei]
blood and guts 暴力もの、戦争もの [∧]
blood and thunder 暴力シーン、暴力映画 [∧]
bad rap 不当な非難・ぬれ衣 [ae] *bum rap とも
cakes and ale 浮かれた宴会/安楽な暮らし [ei]
clean sweep 一掃/完勝・全勝 [i:]
cut and run 急いで逃げる [∧]
down and out 打ちのめされて
#eager beaver 頑張り屋・やり手(否定的な響きあり)
final and binding 絶対服従の [ai]
hate mail 嫌がらせの手紙・中傷文書
hit or miss のるかそるか・行き当たりばったりの
kick [sit] back and relax ゆっくりくつろぐ [ae]
 *and の後がthinkponder で「じっくり考える」
lo and behold 驚いたことに [ou]
lump sum 一時金、一括払い(の金額)、総額 [∧]
make the grade 成功する/標準に達する
make waves 波風を立てる [ei](イデ由No.814)
make a name 名を成す
mend fences (with) (~と)関係改善を図る [en]
naysayer いつも反対する人[ei]
neat and clean こざっぱりした、清楚な[i:]
on an even keel 安定して [i:]
put someone down for the count (人)を打ちのめす
rise and shine 起きて元気よく一日を始める [ai]
rough-and-tumble n. 乱闘騒ぎ/adj. 大混乱の [∧]
squeaky wheel ごねる人、うるさ方[wi:]<諺
stuck in a rut マンネリである [∧] *rut=わだち
warts and all 全てありのままに [o:]
 *顔のイボ(warts)も全て肖像画に書かせたという O. Cromwell (17世紀の政治家)の逸話から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

ボクシング

ビジ英L9のWord Watching でボクシング用語由来の「pull no punches(手心を加えない)」が解説されていました。これは、ボクシングの、pull one's punches パンチを引っ込める→手加減をする、の反対の表現で、現在では否定形が主流とのことです。
 また、4/21のビジ英、最初の見出し語「duke it out」は、2006年の6月の放送でクリスさんが「throw in the towel(降参する)」の解説時にボクシングつながりで紹介していました。
 このように、ボクシング用語から一般化した表現も意外に多いようです。以下、ボクシングに由来or関連する語句・表現を、ビジ英を中心にまとめてみました(括弧内はビジ英テキストのページ数)。

・be all over but the shouting 勝負あった
 *勝負の決着はついて歓声だけが残っているところから。but は「~を除いて」の意味の前置詞。
chuck/throw/toss in the towel/sponge (主語が)降参する<セコンドがタオルを投入して試合放棄する(2006年6月号p.48,53)
clinch ~を制する/勝利を収める/クリンチする(2006年6月号p.72)
down and out ノックアウトされて/窮乏して(Lisa先生ものしり)
duke it out とことんやり合う(<殴り合って決着をつける)(2007年4月号p.44,1st見出し語).
force/push/throw ~ out of the ring ~を競争圏外に追い出す
(straight) from the shoulder 単刀直入に *肩からすばやくストレートパンチを打つところから
hit/strike below the belt 反則をする(ベルトから下を打つのはルール違反)
(be) in the ring for ~ ~の競技に出ている
mouthpiece マウスピース/スポークスパーソン(2006年12月号p.18)
pull no punches 手心を加えない・手加減しない(2007年7月号p.53)
put one's dukes up 戦う準備をする
put someone down for the count (人)を打ちのめす
ringside seat 最前列席
・be saved by the bell 土壇場で救われて(bell=ラウンド終了時のゴング)
take off the gloves 本気で取り組む (<グローブを外して素手で殴る)
take ~ on the chin (冷静に受け止める/じっと耐え忍ぶ<アゴにパンチをもらう)
throw/toss one's hat in the ring (for~)(選挙/競争に)立候補する/名乗りを上げる(昔の賞金ボクシングの出場申込法から) *1912年、T. Roosevelt が使ったのが最初とされる(イデ由)。

boxing は「箱の材料、箱状のもの、箱詰め作業」の意味もあるので、boxing ring (ボクシングリング)は「箱状の輪」でちょっとしたoxymoron ですね。一方、相撲の土俵は文字通り、sumo ring でOKです。また、Boxing Day (ボクシングデー)と言えばクリスマス後の12/26(この日が日曜の場合は12/27)に郵便配達人/使用人など日頃サービスを提供してくれている人たちに箱に入れたギフト(Christmas box)を贈る日ですね。ボクシングをする日、ではありません(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

evidence

昔のビジ英(97年12月号p.120)で、新CEOを評してこんな文がでてきていました。
 If he has a sence of humor, it's not evident.
 彼にユーモアを解する心があったとしても、歴然としません。

evidence の「証拠」のイメージが強すぎて、このevident がいまいちピンときませんでした。evidence は「証拠・物証/形跡」という意味の名詞で、語源はラテン語の「外に見えているもの」。一方、evident は「(証拠があって外から見ても)明らかな」という意味の形容詞。つまり、上述の文は「彼にユーモアを解する心があったとしても、それが言葉や態度として表に出てくるのを実際に確認していないのでわからない」といったニュアンスですね。私の場合、evidentevidence については、語源は同じでも少し分けて考えたいと思います。ちなみに、evidence の形容詞形は evidential 「証拠の・証拠となる」だそうです。これですっきりしました。
以下に、evidence 関連の表現をまとめてみました。

anecdotal evidence (個人の体験事実に基づく)事例証拠
circumstancial evidence 状況証拠
counter-evidence 反証
cumulative evidence 重複証拠
growing evidence 次々と上がる証拠There is growing evidence ~)
hearsay evidence 伝聞証拠
in evidence 見られて/証拠として
negative evidence (反対のことが存在しないという)否定的証拠・反証
on evidence 証拠があって
scientific evidence 科学的証拠
state's evidence (米)共犯証言(者)、国側の証言(者)
statistical evidence 統計学的証拠

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »