« Ethics | トップページ | thumb »

2007年7月 8日 (日)

PUN その5(ガム&ワイン)

久々に同音意義語(homonym)を使ったpun を作ってみました・笑。

Chewing gum often sticks to my gum(s).
 チューインガムがよく歯茎にくっつく。

 知人の方からアイディアをいただきそれを英訳してみました。歯茎のgum [gΛm] は通常複数形で使うようです。そういえば、歯周病(gum/periodontal disease)に効果的という「GUM」(サンスター)という歯磨き粉が売っていますね。ちなみに、ガムの語源はgum (ゴム)の木から取れるチクルが原料というところからだそうです。形容詞形は、gummy (ゴム性の、ねばねばした)でした。

Don't whine over wine! 
 ワインを飲みながらグチらないで!

 whine [(h)wa'in] には「めそめそ泣く/めそめそと泣き言を言う/(犬が)クンクン泣く」などの意味があります。over を about の意味にとれば「ワインのことでグチらないで」の意味になるかもしれません(通常はabout+グチる内容)。動詞の「泣く」にもいろいろあるようです。

blubber 泣きじゃくる・泣きわめく(+out で泣きながら話す)
cry 声を上げて泣く(うれし泣きもあり)、+for で~を求める
lament aloud 号泣する(aloud なしだと、悲しむ、哀悼する)
sob 声をつまらせてすすり泣く・すすり泣きながら~を言う/話す
wail 声を上げて泣き叫ぶ
weep 声を上げずに涙を流す(文語的、無生物主語もあり)
whimper すすり泣く/すすり泣きながら~と言う
whine (哀れっぽく)めそめそ泣く/めそめそと泣き言を言う

 おもしろいことに、これらの動詞にはいずれも自動詞と他動詞があり、他動詞の cry/weep では、S+V+O(再帰代名詞)+Cの文型で「泣いて~の状態になる」という意味になるそうです。

 ・The boy cried/wept himself asleep.
  少年は泣いているうちに眠ってしまった。

 さらに、今月のビジ英では、a cry for help(助けをもとめる行為,p.10)、sob story(聞くも涙の物語,p.14,2nd見出し語)が出てきたばかりでした。sob whimper はともにすすり泣きの擬音語だそうです。また、組み合わせとして、weep and wail(嘆き悲しむ)という頭韻を踏んだ言い方もありました(昔のビジ英より)。

|

« Ethics | トップページ | thumb »

コメント

こんばんは。天気予報のコーナーに気付き
早速地域コードを入力しました。
これから便利に活用させていただきます。
前からありましたっけ?
やまちゅうさんの地域と、私の住む地域が近いらしいですね。ちょっとびっくり。 

泣くシリーズに、いつも泣かされています。ハリーポッターを読んだ時もニュアンスの違いがなかなかつかめませんでした。 笑う 見る にもいろいろな表現があリ読み進めるのに苦労しました。
以前 泣く表現をNHKの霜崎先生の講座で blubber howl なども紹介されていました。

投稿: Hilda | 2007年7月 8日 (日) 20時44分

Hilda さん、こんにちは。いつもありがとうございます。
blubber howl は、うなり声・うめき声といったカンジでしょうか。blubber は泣きわめく・泣きじゃくるといった訳語がありましたので、わりと激しい泣き方のようですね。記事に追加させていただきますね。
Hilda さんと私とは同じ県内なんですよね(ラジ子さんのブログより)、ホントに奇遇でびっくりしてます。ご近所同士としても、今後ともよろしくお願いいたします!

投稿: やまちゅう | 2007年7月 9日 (月) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PUN その5(ガム&ワイン):

« Ethics | トップページ | thumb »