« barometer | トップページ | End Rhyme(脚韻)型 »

2007年7月21日 (土)

♪Mary Had A Little Lamb

最近、英会話サロンで話題になった「メリーさんのひつじ」の英語バージョンを娘の教材から見つけました。この英語の歌、小学生の時に母親から習ったことをなつかしく思い出しました。

Mary Had A Little Lamb
 
Mary had a little lamb,
Little lamb, little lamb,
Mary had a little lamb,
Its fleece was white as snow.

And everywhere that Mary went,
Mary went, Mary went,
And everywhere that Mary went,
The lamb was sure to go.

It followed her to school one day,
School one day, school one day,
It followed her to school one day,
Which was against the rule.

It made the children laugh and play,
Laugh and play, laugh and play,
It made the children laugh and play,
To see a lamb at school.

And so the teacher turned it out,
Turned it out, turned it out,
And so the teacher turned it out,
But still it lingered near.

And waited patiently about,
-ly about, -ly about,
And waited patiently about,
Till Mary did appear.

“Why does the lamb love Mary so?”
Mary so? Mary so?
“Why does the lamb love Mary so?”
The eager children cry.

“Why, Mary loves the lamb, you know,”
Lamb you know, lamb you know,
“Why, Mary loves the lamb, you know,”
The teacher did reply.

「メリーさんのひつじ」の歌は、このように8番まで歌詞があったんですね。すっかり忘れていました。
ということで、今回は関係の単語を以下にまとめてみました。比喩的な意味にもよく使われるようです。

<基本編>
ewe [ju:] 雌の羊
lamb [laem] 子羊(の肉)/子羊を生む  *いわゆるラム肉のラム
mutton 羊の肉
ovine 《学術》羊(の)
ram [raem] 雄の羊
sheep

<応用編>
as gentle as a lamb とてもおとなしい・とても従順な
as innocent as a lamb 純真無垢な
one's ewe lamb とらの子(一番大切にしているもの)<聖書
like a lamb 従順な/だまされやすい
my lamb お嬢ちゃん/坊や
muttonhead 愚か者 *-ed をつけて形容詞化。
mutton dressed/done up as lamb 若作りの年増女
stray sheep 迷える子羊
 *stray n./adj./vi. 路上生活者/はぐれた/はぐれる

ram は「雄の羊」で、lamb が「子羊」、これまた発音的にややこしいですね。「雄の子羊」はram lamb ? また、とても大事にしているものを日本語では「とらの子」と言いますが、英語では「雌の子羊(ewe lamb)」と表現するのがおもしろいと思いました。

|

« barometer | トップページ | End Rhyme(脚韻)型 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ♪Mary Had A Little Lamb:

« barometer | トップページ | End Rhyme(脚韻)型 »