« thumb | トップページ | barometer »

2007年7月15日 (日)

berry

前に、blueberry の発音(第一音節に強勢)について書きましたが、berry とは、植物学的な分類を指す名称ではなく、多肉質の小果実の総称なのだそうです。berry のつく果物を thumbing through してみると、英語の場合は植物の科を超えて、かなり概念が広いことに気づきます。

blackberry ブラックベリー/黒イチゴ(バラ科)
blueberry ブルーベリー(ツツジ科)

boysenberry ボイゼ(セ)ンベリー(バラ科)
 注1:ローガンベリー・ブラックベリー・ラズベリーの交配新種
 注2:英語では s が濁って発音。Boysen は開発者の人名。
 cf. ブルボンのお菓子は「ボインベリーチーズケーキ」

cranberry クランベリー/ツルコケモモ(ツツジ科)

gooseberry セイヨウスグリ/グーズベリー(スグリ科)
 注1:発音は、[gu':s~]と[gu':z~] の2種類。
 注2:次の成句で「邪魔者」の意もあり。
 play gooseberry 《英口》 ありがた迷惑な同行者/同席者になる

juniper berry (セイヨウ)ネズ・杜松(ヒノキ科)
 *お酒のジン(gin)の語源(ジューニパー→ジン)

raspberry ラズベリー(バラ科)
 注1:舌を両唇にはさんで震動させるヤジ(軽蔑の念)の意もあり。
 ex. 《俗》 give/get a/the raspberry(バカにする/される)
 注2:p は黙音
 
strawberry イチゴ/ストロベリー(バラ科)

 ~berry のつく単語は、やはりどの場合も berry ではなく第一音節の方に強勢が置かれていました。意外にも(You'd be surprised.)、gooseberry raspberry には裏の意味もありました。
 余談になりますが、キウイフルーツ(kiwi fruit)は原産地の中国から20世紀初頭にニュージーランド(New Zealand)に持ち込まれた当時、Chinese gooseberry と呼ばれていたそうです。ところが、これをアメリカに輸出する際、悪化していた米中の国際関係を考慮し、ニュージーランドに生息する飛べない鳥(kiwi)に外見が似ていることから、kiwi fruit と名づけられた経緯があります。ちなみに、我らが英会話サロンの “fruit master” によれば、 kiwi fruit は、あの fluffy な皮ごと食べるのが通なのだとか。

|

« thumb | トップページ | barometer »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: berry:

« thumb | トップページ | barometer »