« berry | トップページ | ♪Mary Had A Little Lamb »

2007年7月18日 (水)

barometer

この記事の更新版はこちら

 「健康のバロメーター」のように、今では一般的な日本語としても使われる barometer は元々「気圧計」の意味でした。また、~meter で終わる単語は -meter の直前の音節にアクセントがあるという傾向が強いようです。これは日本語の感覚とは少し違ったイントネーションです。

altimeter 高度計
anemometer 風力計
audiometer 聴力計
barometer 気圧計/バロメーター
hygrometer 湿度計
kilometer キロメートル(km)
 *[ki]を強める発音もあり。以下の単位系は最初にアクセント。
 ・centimeter センチメートル
 ・nanometer ナノメートル
manometer 圧力計(blood pressure ~で血圧計)
odometer オードメータ・走行距離計
parameter パラメータ(ー)、変数
pedometer 歩数計(以前、ビジ英の高橋修三さんの企画で出てきました)
perimeter (飛行場・基地の)周辺
seismometer 地震計(サイズミター)
speedometer 速度計
 *この発音は衝撃的!気になる方は→こちら
thermometer 温度計
tachometer タコメータ・回転速度計
telemeter 遠隔計器

◆「地震の」の意味の形容詞 seismic は「サイズミック」と発音する要注意の単語ですね。cosmic(宇宙の)のコズミックに少し似ています。

似たアクセントパターンとしては以下のような単語があります。
distributor 配布者/販売業者
 *「tri」にアクセント。気になる方は→こちら
astronomer 天文学者
 *「tro」にアクセント。astronomy(天文学)も同様。

さて、ビジネスシーンでは、日本語を話す時になぜか横文字を使うのが非常に好きな方がいます。例えば、「この場合のプライオリティはね・・・」、「現地のディストゥリビューターが・・・」という具合。でも残念ながら、この「distributor」を正確に発音している日本人にはあまり出会ったことがありません(杉田先生は当然きれいに発音されていました)。

|

« berry | トップページ | ♪Mary Had A Little Lamb »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: barometer:

« berry | トップページ | ♪Mary Had A Little Lamb »