« L4の復習 | トップページ | 競馬用語から(その2) »

2007年6月 6日 (水)

school

「ものしり英語塾」のリサ先生のコーナー、今週は school がクローズアップされています。以前、ビジ英ではB-school(経営学大学院)などが出てきました。

school of hard knocks 世間の荒波・厳しい実社会
 学校の教科書では教われない部分って大事ですよね。
It's very important to learn accepted protocol in the school of hard knocks.
 厳しい実社会で一般的な慣習を学ぶことはとても大切です。

old school 母校/(the)保守派・昔ながらの考え
 ・She is an old school type of teacher.
  彼女は古い考えをするタイプの教師だ。
のように形容詞的に使えるようです。ビジ英では母校の意味で alma mater が以前出てきましたが覚えていませんでした。ラテン語由来ですが、ma-ma の音の特徴と、mater に motherが見えてくれば何とか・・・。一応、End-to-Head型に加えておくことにします。

school of thought 考え方/学派・論派
 簡単に言うと、the way of thinking ということですが、school of thought の方が高級感があります。

school + 動物 動物をしつける/調教する
 他動詞としての school ですね。日本語でも「スクーリング」という言葉を時々耳にします。ちなみに、競馬では以下のように使い分けます。
school a horse (コースを)教え込ませる/慣らせる
train a horse (速く走れるように)調教する

他に、school には(魚の)群れという意味もありました。sch~で始まるのは学問系が多いですね。schooler(生徒)、schalar(学者/(奨)学生)、scheme((陰謀)計画/理論体系)、などなど。

|

« L4の復習 | トップページ | 競馬用語から(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: school:

« L4の復習 | トップページ | 競馬用語から(その2) »