« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月27日 (水)

ピアニストと悪魔のヴァイオリニスト

pianist ピアニスト
 最近、アクセントが2通り(第1音節or第2音節)あることに気づきました。きっかけは、Lisaさん(ものしり・07年5月「floor」の回)の発音で見事に第1音節に強勢が置かれていたのを聞いたこと。はじめは、元の名詞= piano が第2音節に強勢なので少し違和感を感じましたが、Chrisさん(ビジ英・06年9月p.24,1st見出し語例文)も第1音節に強勢でした。さらに手元のE-Gate英和辞典には、第1と第2音節が融合して[pja':]となる発音も載っていました。どうやら、pianist は短く一気に発音するのが最近の傾向のようです。

paganism 異教信仰・異教崇拝 *[pei]に強勢
 思わず「悪魔のヴァイオリニスト」ニコロ・パガニーニ(Niccolò Paganini,1782~1840)を連想します。彼の演奏技術は悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れたものだ、と噂されるほどの超絶技巧を駆使し、一世を風靡した鬼才です。パガニーニは自分の演奏技術を盗まれるのを極端に恐れていたため、自作の曲の楽譜を出版せず、自分のオーケストラ曲の練習ではオケの団員の前でソロパートを決して弾かず、本番終了後は団員からパート譜を回収する徹底ぶり。彼の演奏に魅せられた観客の心境は異教崇拝の領域に近いものがあったかもしれません。非常に残念なことに、パガニーニの技術は伝承されることなく彼一代で完結してしまいました。参考までに、このパターンで覚えた「-ism」の付く単語にvandalism がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

cucumber

キュウリ=cucumber は、ラテン語の「cucuma(壷形の容器)」が語源とされています。学名は Cucumis sativus(Cucumis=キュウリ属、sativus=栽培された)。

日本語の漢字では胡瓜(胡=中国の北方/西方の地域、から来た瓜)と当てることが多いですが、語源的には黄瓜(黄色い瓜)のようです。「きゅうり」の文献情報を以下に示します。

・「黄瓜」の記載――『正倉院文書』(奈良時代)
 →奈良時代には既に栽培か
・和訓として「キウリ」の記載――『和名抄』(平安時代)
 →江戸時代までは[キウリ]と発音
・「日本人は黄色く熟したキュウリを食べていた」
       ――『日欧風習対照覚書』(1585年)
・「漢の張騫が西域(胡)に派遣された時に中国にもたらされた」
                   ――『和漢三才図絵』(1712年)

cucumber を用いた表現には次のようなフレーズがあります。
as cool as a cucumber とても冷静で
 頭韻を踏んだ直喩(simile)です。昔、温度計が発明された時、キュウリの中身が外気より6~7℃低いことがわかったことから生まれた表現のようです。

つづりつながりでは次の単語もありました。
cumber 妨害・邪魔/~を妨害する・苦しめる
cumberer 邪魔者
cumbersome わずらわしい・面倒な (= troublesome)

 さて、最近、ペプシのキュウリ味「ペプシアイスキューカンバー」が出たそうです。ひょっとして上述の「as cool as a cucumber」からの発案でしょうか?飲むのに少し勇気が要りそうですが、果たして味はいかに!?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

Blue Moon Revisited

Blue Moonの追加情報です。
「ハテ・なぜだろうの物理学Ⅲ(by J. Walker,培風館)」のp.45に次のような説明を見つけました。

「青い月」
『私(著者)の祖母の生まれはテキサスのアレドで、そこは住民が100人ほど、それに犬や鶏がいるだけだった。彼女の話によると、楽しいことといえばごくまれに見られた青い月ぐらいだった。』

―略答― 『可視光波長程度(0.4~0.9ミクロン)が大気中の煙霧質による光の散乱でまれに月が青く見えるときがある。煙霧質の粒子の大きさは短波長(青)より長波長(赤)の光を余計に散乱させるため、月の白い光が煙霧質を通ると赤い光が減って青く見える。煙霧質とは火山噴火や山火事からくるもので、大気中での沈殿作用や、小さな核による凝結作用のために粒子の大きさがそろっている。』

著者の年齢と出版年から類推して、上記の話はおそらく1950年以降だと思われます。「once in blue moon」と関係があるのか、それとも全く独立した話なのかは不明ですが、なかなか興味深いです。
なお、ご紹介した本の原題は『The Flying Circus of Physics with Answers』で1977年に出版されていました。ちなみに、著者のフルネームはJearl Walkerさんですが、first nameをイニシャルで読むと jaywalker (信号無視して渡る人)と発音が同じになります。Sorry, no pun intended. (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

「歩く」系

今回は少し変わった「歩く」系の単語を集めてみました。

crisscross 縦横無尽に動き回る/十字(n./adj./adv.)
 私の定義によるとこれは頭脚両韻型に属します。発音(アクセントは第一音節)もつづりも実に美しい単語です。crossで十字架をイメージできればなんとか思い出せそう。攻撃系なら、crossfire 「十字砲火/一斉射撃」がありました。

jaywalk 信号を無視して渡る
 この単語が使われていたのは、「日本人と違ってアメリカ人はjaywalk する傾向がある」といった文章でした(本当?)。ちなみにこの動詞と同名のバンド「JAYWALK」がありますね。私の頭の中ではつづりがいまだに「J-WALK」でしたが、1995年に表記が変わっていました。今回、バンド名がまさにこの単語由来であったことに気づいた次第です。

trespass (他人の土地などに)無断で侵入する
 No trespassing. 「立入禁止」といった立て札をよく見かけますというビジ英の解説で登場したことがありました。こちらは上述のcrosscriss と違って前半はsが1つ。

wade (川などをバシャバシャと)歩いて渡る
 wade into :~に精力的にとりかかる といった言い回しもあり、困難な状況下でも負けずに歩いていくpositive な動詞のようです。cf. wader: 水の中を歩く人/防水長靴

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

L5の復習

My hubby and I ... 夫と私は...(p.62)
 エリザベス女王も、My husband and I ... と言うそうです。「○○ and I ...」は厳密なルールで、特殊な場合を除いて I は必ず後ろに置きます。その特殊なケースとは、例えば友達と結託したいたずらがばれて告白する時には「I and my friend ...」と私からまず告白する、と教わったことがあります。
 考えてみると、英語では敬語がない代わりに、相手への呼びかけ(addressing)や、主格における相手と自分の語順(word order)といった形で敬意を表現するんですね。

fill the bill 必要条件を満たす・期待に沿う(p.62)
 韻を踏んできれいな表現です。bill =プログラムを fill する(埋める)というのが元の意味だったことを知って驚き。bill =ビラの語源なんですね。他に「ビラ」を表す単語には flyer/flier がありました。

gab with people 人とおしゃべりする(p.69)
 chat の言い換えでgab を動詞で充てるQuiz でした。以前、ビジ英でgift of gab(スラスラと話せる能力)が出てきました。

 He really has a gift of gab.
 彼は本当に話し上手だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

3Rs

今回は、いわゆる3R をまとめてみました。なお、本来は3R's と表記しますが、最近では3Rs (ビジ英テキスト)のようにアポストロフィ「’」をつけないことが多いようです。

しつけ編(1)
 ・Reading 読むこと 
 ・Writing 書くこと
 ・Arithmetic 算数

 どれも最初の(強勢)音が[r]の音になっている3R
 いわゆる「読み・書き・そろばん」ですね。

しつけ編(2)<「ビジ英」1997年8月p.72
 ・Respect 尊重
 ・Responsibility 責任
 ・Restraint 自制

 最後の「自制」の意味では、self-discipline も出てきていました。ちなみに、プロ野球ロッテのバレンタイン監督は最後のRestraint を Reality と置き換えて3R としていました。

環境編
 ・Reduce (消費)削減
 ・Reuse 再使用
 ・Recycle 再生利用

 ノーベル平和賞(2004年)も受賞したワンガリ・マータイ(Wangari Muta Maathai)氏の提唱する「もったいない」の精神を具体的な行動に表した3R

サッカー編
 ・Ronald ロナウド
 ・Rivaldo リバウド
 ・Ronaldinho ロナウジーニョ

 2002年のワールドカップで優勝したブラジル代表チームの攻撃の中心であった3選手のこと。

メンタル編
 ・Rest 休息
 ・Recreation 気晴らし
 ・Relaxation くつろぎ

 ストレス解消法で効果的な3R

日本動物実験代替法学会編(Russel and Burch, 1954)
 ・Replacement 動物実験以外の方法への置き換え
 ・Reduction 動物実験使用数の削減
 ・Refinement 動物への苦痛を減らす実験の改良

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

競馬用語から(その2)

ビジ英の5月号、短いL5(1) には偶然にも、競馬のコースでも使われるdirt (ダート=砂)とturf (芝)が同時に登場。しかも重要表現として扱われています。

hit pay dirt (偶然うまく)掘り当てる(ビジ英5月号p.62,74)
 pay dirt は「payするdirt」=砂金がとれる採掘地。
この「hit」の感覚が生きていると思われる別の表現に、come by ~がありました(問題の②)。

turf 領域・なわばり(ビジ英5月号p.62)
 She is on home turf when it comes to computer graphics.
 彼女はCGが得意の分野です。
 この場合、home ground が同意語ですね。

trot into ~に行く、駆け込む(ビジ英6月号p.18)
 駆け足系の動詞は以前まとめました→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

school

「ものしり英語塾」のリサ先生のコーナー、今週は school がクローズアップされています。以前、ビジ英ではB-school(経営学大学院)などが出てきました。

school of hard knocks 世間の荒波・厳しい実社会
 学校の教科書では教われない部分って大事ですよね。
It's very important to learn accepted protocol in the school of hard knocks.
 厳しい実社会で一般的な慣習を学ぶことはとても大切です。

old school 母校/(the)保守派・昔ながらの考え
 ・She is an old school type of teacher.
  彼女は古い考えをするタイプの教師だ。
のように形容詞的に使えるようです。ビジ英では母校の意味で alma mater が以前出てきましたが覚えていませんでした。ラテン語由来ですが、ma-ma の音の特徴と、mater に motherが見えてくれば何とか・・・。一応、End-to-Head型に加えておくことにします。

school of thought 考え方/学派・論派
 簡単に言うと、the way of thinking ということですが、school of thought の方が高級感があります。

school + 動物 動物をしつける/調教する
 他動詞としての school ですね。日本語でも「スクーリング」という言葉を時々耳にします。ちなみに、競馬では以下のように使い分けます。
school a horse (コースを)教え込ませる/慣らせる
train a horse (速く走れるように)調教する

他に、school には(魚の)群れという意味もありました。sch~で始まるのは学問系が多いですね。schooler(生徒)、schalar(学者/(奨)学生)、scheme((陰謀)計画/理論体系)、などなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

L4の復習

杉田会の復習です。

cure-all  万能薬
 発音はcureに強勢。プリキュアの「こまち」のお姉さん「まどか」が変身するキュアオールという癒し系の新キャラを勝手に作り出し、娘に聞かせた私。
 同意語のpanacea は「パナシア」として日本語の商品にありそうと話していたら、実際、ネットで採用多数が判明。

shut-eye 眠り・うたた寝
 「シャライ」と聞こえるところから、短い単語を聞き取る難しさの話に発展。
 知り合いのフランス人が「アインビーユー」と発音するのでわからなかったという「I envy you.(あなたがうらやましいです)」。envy は名詞と他動詞の両方あることを確認。同意表現は以下の通りで、「~」がうらやましい対象になります。

 ・be/go green with envy
 ・begrudge ~
 ・envy ~
 ・be envious of ~
 ・be in envy of ~
 ・be jealous of ~

checkup 健康診断(physical checkup)
 口語ではphysical (←この場合は名詞)だけでもよいという説明から、以下の単語が気になり確認。

physician 医師(内科医)
・physist ではなくてphysicist 物理学者
 「ist」は学者系の接尾語。physics (物理学)のcまでが語幹。
 だけど [s] が連続なのでやや発音しづらいです。
 似た語尾変化で他にまぎらわしい単語といえば、[si] が連続する以下の2つが思いつきます。
toxic(有毒な)→ toxicity(毒性)
basic(塩基性の)→basicity(塩基性)
 さすがに学問系の単語は、発音のしづらさはおかまいなしといったところでしょうか・笑。つい [si] を1つ省略して発音してしまいそう。ちなみに、cello(チェロ)→cellist (チェロ奏者)は、よくcellorist と間違える人が時々います。テロリストに引きづられるためでしょうか。

 以前にはビジ英でgeneral practitioner(GPと略):一般開業医registerd nurse(RNと略):正看護師なども出てきました。

hit the hay 床につく
 これを聞いた知人は、昔NHKでもやっていた「大草原の小さな家」で、子供が熱を出した時に寝藁に氷を敷き詰めて寝かせたシーンを連想すると言っていました。
 私の場合は、なぜか hit the shelves(売れる)というイディオムを連想・・・商品棚に置かれるやいなや、すぐ買われる様子が hit (~にぶつかる)で表現されているから、という勝手な解釈をした私。ヒット商品はこの表現とどう関係するのか?単純に野球の hit から来ている気もするし・・・といったところで今週の杉田会終了(約30分)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »