« killer | トップページ | way »

2007年4月 5日 (木)

PUN その3(グレイ&ホワイトナイト)

1つの文章中で音の似た2つの表現を関連づけて一気に覚えるというコーナー、「PUN」の3回目です。今回は久々にオリジナルのPUN をラインナップしてみました。

Write off the bad loan right off the bat. (既出)
 ただちにその不良債権を償却せよ。

right off the batベースボールの回で触れました。

Shades of GLAY(gray)! (新作)
 GLAYを思い出すね!(はっきりしないね!)

◇まだまだ現役のGLAYに対してはちょっと失礼な文かもしれませんが、「なつかしい」という表現の中でも最もコンパクトなのが、この「Shades of+(思い出す物事)!」。一方、(白黒)はっきりしない領域・部分の意味のgray area の言い換えとしてshades of gray もこなれた表現ということでpun になっています。ちなみに、GLAYのバンド名の由来は、その音楽性が白(pops)でも黒(rock)でもない灰色=GRAY で、そのRをLに変えた造語。彼らの出身地・函館の冬空の灰色にもかけているそうで、なかなかしゃれたネーミングです。

The white knight spent the white night. (新作)
 その救世主は眠れない夜を過ごした。

◇「ホワイトナイトwhite knight)」は企業買収のニュースで日本語としても頻繁に目にするようになりました。ビジネス界では、買収側、被買収側のどちらに加担するかで形成が一気に変わる重要な立場にいる人、企業を指します。まさにその決断の日の前夜、ホワイトナイトがどちらにするか決めかねて眠れない夜(white night)を過ごしたということで。本来の「白馬の騎士」→救世主とは少しイメージが違う気はしますが・・・。ちなみに「白夜(びゃくや)」は、night of/under/with the midnight sun と言うそうです。

|

« killer | トップページ | way »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PUN その3(グレイ&ホワイトナイト):

« killer | トップページ | way »