« PUN その4(ヘッドオフ&レンチ) | トップページ | Simile(直喩)-(as) A as B- »

2007年4月29日 (日)

語形変化

今回は語形変化を中心に整理してみます。次の事実が意外でした。
proprietary は名詞/形容詞
crucible は名詞
nuts は形容詞
dog-tired の語感

properproprietyproprietary
 properには様々な意味がありますが、その名詞形が意味によって変わってきます。
①礼儀正しい → propriety(礼儀正しさ)
②固有の・独特の →proprietary(所有者)
 *proprietary は形容詞(私有の・独占の)としても使えます。

セロリの名詞形は機敏celery (セロリ)→ celerity (機敏)
 セロリ(celery)の由来は、ギリシャ語セリノン(selinon=パセリ)→伊語セレリ(seleri)→仏語セルリ(celeri)→英語(celery)。なので、celerity とは関係ないですね、たぶん。実際にはセリ科の一品種スモーリッジ(古い英名)が17世紀前半に仏、伊で食用になりセロリになったそうです。

nut (変人、~狂)の形容詞形は nuts (≒crazy)
 名詞に「s」をつけて形容詞にするパターンはちょっと見たことがありません。独語だと名詞と名詞から複合語を作る際、その間にs を挟みますが・・・。「nut」関連の詳細はプリキュア(ナッツ編)で。

crucible の形容詞形はcrucial
 crucible (るつぼ/試練)自体が形容詞っぽい形をしていますが実は名詞。「試練」の意味では crucial (厳しい、致命的な)がその形容詞形と見なすことができます。二語とも「十字架」に関係する単語なのですが、詳細は crux で。

dog-tired へとへとに疲れて(ビジ英4月号p.44)
 忠犬ハチ公など、日本では一般にプラスイメージの「犬」ですが、欧米の比喩表現では、犬=「くたくた」「みじめ」のイメージとして使われる傾向があるようです。まさに、ところ変わればですね。The Beatles の歌「A Hard Day's Night」にも♪「And I've been working like a
dog
」と出てきますが、やはり意味は「くたくたになって働いてる」ですね。ちなみに英語圏でポジティブに熱心に働く動物は、「work like a beaver」のように「ビーバー」ですね。

|

« PUN その4(ヘッドオフ&レンチ) | トップページ | Simile(直喩)-(as) A as B- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 語形変化:

« PUN その4(ヘッドオフ&レンチ) | トップページ | Simile(直喩)-(as) A as B- »