« 化学から・その2 | トップページ | crux »

2007年4月21日 (土)

bilateral

物事には多かれ少なかれ二面性bilateral character)があるため、同じ事象でも人や立場、見方によっては全く異なって見えることがありますね。単語やフレーズで考えれば、反語表現がそれに相当しますね。この形容詞 bilateral は、国際ニュースなどで、bilateral talks (二国間交渉)のような形でよく耳にする単語です。

It's a recession when your neighbor loses his job; it's a depression when you lose your own. (ビジ英2005年8月号p.84より)
 隣人が失職するとrecession であり、自分が職を失うとdepression である。

recession は「一時的な景気後退」であり、depression は「不況・不景気」ということですが、景気の動向がいざ自分の身に及んでくると事の重大性を実感し、depression という言葉で表現するようになる、という意味です。つまり、深刻度はrecession<depression ということですね。

as good as it gets これが最高/これが限界
 映画「恋愛小説家」の原題としても知られるこのフレーズは使い方によって全く逆の意味になる点でおもしろい表現です。同様に、「元の意味」とその「反語」を合わせ持つ表現に「take the cake (最高だ/最低だ)」があります。こちらは、米南部で黒人の cakewalk (風変わりな歩き方の競技)コンテストの賞品としてケーキが使われたのが由来で、cake の代わりにbiscuit も用いられます。なお、cakewalk には「簡単なこと」という意味もあり、同じ意味のa piece of cake (<as easy as eating a piece of cake)と関連付けて覚えることにします。

|

« 化学から・その2 | トップページ | crux »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: bilateral:

« 化学から・その2 | トップページ | crux »