« 白 | トップページ | 意外なシリーズ・英作文編 »

2007年3月 6日 (火)

ビジ英・2月号の復習-可能性-

L11の「あんな時、こんな時」は可能性があると言う時でした。

chance について
 杉田先生の説明だと、chance は「可能性」の意味では複数形で使うことが多いとのことでした。一方、遠山顕先生の連載記事「英語の森探検隊」(AERA English, 4月号)ではちょうど「可能性を語る」がテーマで、「a ~ chance」がたくさん出てきていました。

He stands a chance of winning gold.
(彼は金メダルをとるチャンスがある。)
The forecast said there was a zero/40% chance of rain today.
(天気予報は今日は降水確率ゼロ/40%と言っていた。)
There is a slim/fat chance of that happening.
(それが起こる可能性はほとんどない。)
There's a snowball's chance in hell.
(チャンスはまるでない。)

 ③はslim chance でもfat chanceでも「可能性がほとんどない」で同じになるのがおもしろいと思いました。fat ~ は反語表現で、単独で「Fat chance!(ありえない!)」のように使うそうです。
 ④は「(灼熱)地獄における雪玉の持つ可能性」というドラマチックな表現でいかにも遠山先生好みという気がしました・笑。

可能性を表す副詞群について
 上述のAERAの記事で、遠山先生が「probably は8,9割、possiblymaybe と似て五分五分が相場」と書かれていました。
 また、バベルの「翻訳検定対策講座」のテキストでは、確度の高い方から、
probably(70~80%)maybe≧possibly(30~50%)>④perhaps の順でした。
 一方、「Eゲイト英和辞典」のネットワークでは、
probablymaybe(米語でよく使われる)=perhaps(maybeよりもformal)≧possibly の順でした。

 う~ん、それぞれの確度(蓋然性)は、話し手/書き手の主観も絡んでくると思うので定量化はなかなか難しいということなんでしょうか。ただ、possible に関しては本来、五分五分の「客観的な」可能性を表すので、むしろmaybe perhaps の確度が話し手や状況によって上下するということなのかもしれません。
 まとめると、probably は明らかに確実性が高く、残りの3つはどれもだいたい五分五分を示し、口語でmaybe、formalにはperhaps、客観的な意見としてpossibly を使うということでよさそうです。

|

« 白 | トップページ | 意外なシリーズ・英作文編 »

コメント

ネイティブに質問してみました。maybe / possibly / perhaps あたりは、やはり話し手によってかなり確率が変わるそうです。話の流れ、声の調子、ボディランゲージ、などトータルで判断する必要がある、とのことでした。

投稿: ラジ子 | 2007年3月10日 (土) 00時45分

ラジ子さん、いつもありがとうございます。
なるほど、この3つの副詞はやっぱり曲者なんですね。そういえば昔、何かの可能性についてネイティブに質問した時、いかにもいぶかしそうな顔で「Could be...」とゆっくりと発音していたのを思い出しました。
余談ですが、昨夏の遠山先生の英会話上級で、
I'll give you a definite maybe.(はっきりしていることは、はっきりしていないということだ。)というoxymoron を紹介していました・笑。

投稿: やまちゅう | 2007年3月10日 (土) 11時07分

自分のブログからやまちゅうさんの記事に飛ばせたかったんですけど、いまひとつトラックバックの意味がわかってなくて、自分のやりたかったことと逆の結果になってしまいました。
パソコン音痴にもほどがありますよね、トホホ...。
お時間があったら、TBしてください。

投稿: ラジ子 | 2007年5月 5日 (土) 12時41分

何度もごめんなさい。
飛ばせることに成功しました。
ご報告まで。

投稿: ラジ子 | 2007年5月 5日 (土) 12時50分

ラジ子さん、トラックバックありがとうございます。また、5/5の記事中でもご紹介いただき光栄です。
私もブログの機能についてはfull-fledged に使いこなせていません。トラックバックに関しても、「netiquette」の理解不足も手伝って実際にはしたことがありません。ですが、今後はラジ子さんを見習って積極的にTBしてみますね。

投稿: やまちゅう | 2007年5月 6日 (日) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジ英・2月号の復習-可能性-:

» あなたもたった1年でニュース英語を完全に聞き取れる [お気軽主婦がネットで副業生活]
自分でも信じられません。でも本当にCNNが聞き取れるんです!あなたもたった1年でニュース英語を完全に聞き取れる待ってました! という感じですぐに申し込みました。リスニング教材って高価なだけで、結局実際には使えないものばかりでした。でも、『毎日1...... [続きを読む]

受信: 2007年4月14日 (土) 23時49分

» Fat chance! [NHKラジオ/英語復習帳]
5/4・5「英会話上級」 みなさん、いろいろな連休を過ごされているようで。毎日ラジオを聞いてる私は果たして幸せなのか、それとも淋しい人なのか、ちょっと疑問に思い始めました。が、昨日は夫と2人でドライブして、景色のいい所でご飯を食べて、連休っぽいことが経験できた..... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 12時35分

« 白 | トップページ | 意外なシリーズ・英作文編 »