« Yes! プリキュア5(基礎編) | トップページ | ビジ英・2月号の復習その1 »

2007年2月 9日 (金)

ビジ英・格言の復習

格言シリーズ

To err is human. No one's infallible. (12月号,p.22)
過つは人の常。完璧な人などいません。

気になったのはinfallible の発音。[fae]なんですね。fall のつづりだけからは「インフォ(ー)リブル」?と思ってしまいますが、この単語は形容詞fallible(誤りやすい)の否定形で、ラテン語の「fallere(欺く)」が語源でした。語源的に近い語としては、fail (failure)falsefallacy(fallacious)。つづり&発音的にはfallacy (虚偽、謝り)が同じ[fae]で一番近いですね。

History repeats itself. (12月号,p.31)
歴史は繰り返す。

日本語でもよく言いますね。良くも悪くも使える場面はたくさんありそうです。history を用いた決まりフレーズには、ある物事の説明をしている途中で、相手が話の続きを知っている場合に、The rest is history. 「後はご承知の通りです。」(ものしり2005、馬越先生)というのがありました。こういった時にhistory は無冠詞で使うんですね。

|

« Yes! プリキュア5(基礎編) | トップページ | ビジ英・2月号の復習その1 »

コメント

Yesterday is history
Tomorrow is a mystery
Today is a gift, that is why we call it present.私が好きな言葉です。

投稿: Hilda | 2007年2月13日 (火) 12時51分

Hildaさん、とても含蓄のある言葉ですね。最後の文章はwit も効いています。
私はこの言葉を読んで、なぜかドリカムの「Winter Song」を思い出しました。♪The greatest gift I ever had was you.~ とてもいい歌で大好きなのですが、歌詞に使われている単語はなかなかレベルが高いです^^b

投稿: やまちゅう | 2007年2月14日 (水) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジ英・格言の復習:

« Yes! プリキュア5(基礎編) | トップページ | ビジ英・2月号の復習その1 »