« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月25日 (日)

2005&2006年の12月に特集された「ものしり語法塾」(松本茂先生)の「色シリーズ」を中心にまとめていきます。
1回目の今回はred です。

see red 激怒する 
 怒った人の顔は真っ赤なので、赤=怒りのイメージはわかりやすいですが、この表現は杉田先生によると「牛が赤(いもの)を見ている(状態)」から、だそうです。ちなみに「ついかっとなって」を意味する表現には下記のようなものがありました。
in a fit of rage (cf. fits of rage「かんしゃく玉」:ビジ英2007年1月号p.70中程)
in the heat of the moment(やさビジ1997年12月号p.120,4th見出し語)
 怒っている人は「怒り空間」の中にいる(in ~)というイメージなんですね。fit(発作、激発)はfit でも、in a fit of laughter 「どっと笑って」の方がいいですね。

red carpet 丁重な扱い
 大切なお客様をもてなすときの表現で、実際に敷いてなくても使えます。要人を出迎えるときの空港やアカデミー賞の受賞式の会場などにはroll out してますね。ちなみに結婚式の「ヴァージンロード」は和製英語だそうです。
We rolled out the red carpet for a president.
 社長を盛大に歓迎しました。
I was treated to the red carpet. 
 私は丁重なもてなしを受けました。

他の比喩的な使われ方を列記します。in the red 「赤字で」、red flag 「警戒/危険を示す赤旗(ビジ英2月号p.10)」、red tape 「お役所流」cf. slash red tape 形式主義を切り捨てる(ビジ英1月号p.62)、red cent 「(否定文で)つまらないもの/こと(←銅製の1セント硬貨の銅色から」、red hot 「熱烈な(←鉄などが真っ赤に焼けた状態から)cf. a red hot fan (熱烈なファン)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

ベースボール(その2)

塁=ベース(base)関連を3つほど。

have the bases covered 抜かりなく手配する(2005, ビジ英4月号p.18,2nd見出し語)
 例えば、一塁線のゴロをファーストが前進してきて取った場合、がら空きの一塁にピッチャーが走って行ってベースカバーに入る、という風に日本語でも言いますね。各塁(bases)がしっかり野手でカバーされている状態(covered)にする=万全の体勢にする、となります。ベースカバーが不完全だと走者をアウトにできません。

touch base with someone (人)と連絡をとる
 余談ですが、子供の頃、よく「タッチベース」という野球もどきの遊びをやった記憶があります。確かドッジボールを投げて足で蹴る遊びだったような・・・あれは日本のオリジナルの遊びなんでしょうか。

can't get to [reach] first base 全然うまくいかない
 「1塁にも行けない」ことから。

 その他、off base 関連表現がラジ子さんのブログでフォーカスされています。

続いて、バット(bat)関連を3つほど。

bat a thousand 完璧な結果を出す(イデ由No.770)
 a thousand は野球の打率(batting average)で1.000(10割)のこと。つまり「10割を打つ」という意味。例えば、3割なら0.300 と書き、three hundred と読む。

go to bat for ~ ~のためにひと肌脱ぐ(イデ由No.38)
 pinch-hit (代打に出る)を、昔はこう言ったことから。

right off the bat すぐに/最初から
 2回目の登場なので、今度はpun で攻めてみます。結構自信作です(笑)。さあ、リズムに乗って行きますよ~(圭南先生風)。
Write off the bad loan right off the bat.
 
ただちにその不良債権を償却せよ。

play hardball 強気の態度をとる/手厳しい態度をとる
 前回のベースボール編でHilda さんにご紹介いただいた表現です。文字通り、「硬球でプレーする」にもなりますが、hardball は名詞(真剣勝負)、形容詞(真剣勝負の)、そして自動詞(play hardball と同じ意味)もあるんですね。どことなく、drive a hard bargain「自分に有利に取引を進める/うんと値切る」(ビジ英'06.12月号,p.24)にも音が似ています。

sub-3.00 ERA 防御率3.00未満
 投手の成績を示す指標の1つに防御率(ERA=Earned Run Average)=一試合(9回)平均の自責点 があります。sub-を前置詞的に使って3.00点未満とした表現ですが、マラソン界では完走時間を「サブスリー(2時間台)」のように言うそうです。サッカーの出場年齢制限を表すU22 に対抗した言い方でしょうか(笑)。ちなみに、もともとsubはラテン語で前置詞のunder に相当する言葉だったようです。関連表現を挙げてみます。
sub rosa ひそかに・内密に
 *「バラの下で」ということですが、古代ではバラ=秘密の象徴だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

銘菓シリーズ

久しぶりに、私のお気に入りの銘菓の紹介です。なお、今回ご紹介する下記のお菓子のメーカーはいずれもHPを持っていないようです。

ミルフィユ ベルン(㈱ベルン)
・パイ生地の間にホワイトクリームと多めの空気の層を折りこみ外側をチョコレートでコーティング。
・「ヘーゼルナッツチョコレート」、「スイートチョコレート」、「ハイミルクチョコレート」の3種類。
・小花模様(millefleurs)のかわいらしいパッケージ。
・百貨店系に売られている可能性が比較的高い。 

吉原殿中(永井製菓㈱)
・水戸銘菓。
・もち米のあられを水飴でコーティングしたものにきな粉をまぶし外側をオブラートで包んだお菓子。
・オレンジのパッケージに梅花と葵の御紋をあしらい水戸らしさを演出。
<由来>第9代水戸藩主 徳川斉昭が間食を所望した折、奥女中の吉原が斉昭の食べ残しの飯粒を干して蓄えておいたものを蒸し直してきな粉をかけて出したところ、普段から節制(abstention)を説いていた斉昭は喜びこれを「吉原殿中(よしわらでんちゅう)」と名づけたのが由来。

遠足(とおあし)ポテト(㈲冨士屋菓子舗)
・群馬県安中銘菓
・しっとりとしたスイートポテト。なかなかボリュームもあり、マラソン(marathon)をする方にはぜひおすすめです。
<由来>幕末の安政2年(1855年)5月、安中藩主 板倉勝明が藩士の心身鍛錬(discipline of mind and body)を目的に遠足(とおあし)を実施。この「安政遠足」は日本のマラソンの発祥とも言われ、これを偲んで毎年5月に当地で安政遠足 侍マラソンが行われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

おくしもろん(語句・短文編)

2006年上期(8月)の遠山顕先生の英会話上級「Oxymoron特集」やビジ英などから、oxymoronic な語句・短文をまとめてみました。oxymoronとは相容れない矛盾する2つの物事・性質の組み合わせから新しいコンセプトを生み出す効果のある表現のことで、演説や商品名などに意図的にも使われる手法です。oxymoronは広義では自己矛盾をも含みます。ちなみに俳句の世界では、矛盾していなくてもかけ離れていて意外な物事・性質の組み合わせを句に盛り込む手法を「二物衝撃」と言います。

$はオリジナル表現です。

$abscond in a second たちまちこっそり逃亡する(vi.
absent presence 「うわの空」状態(ビジ英・07年10月号p.60)
adult child(ren) 成人した子供(達)
act naturally 自然に演技する、気兼ねしない
$anonymous unanimous 無記名で満場一致の
baby grand (piano) 小型グランドピアノ
backseat driver 後部座席から運転の指示を出す人/無責任な口出しをする人/おせっかいをする人(ビジ英・2006年6月号p.53)
Beauty and the Beast 『美女と野獣』
(in one's)birthday suit はだか(で)
bittersweet ほろ苦さ(ほろ苦い)/苦楽(の)
Bull Nakano ブル中野(元女子プロレスラー)
business casual 職場でのカジュアルな服装
civil war(fare) 内戦 *civil には「礼儀正しい」という意味もあるため。
cold comfort 慰めにならない慰め
$flagrant and fragrant [fle'igr(э)nt][fre'igr(э)nt]
 言語道断でよい香りの
definite maybe はっきりとした不確実性(I'll give you a definite maybe.)
discord, dissonance 不協和音
damn good 上出来の・ものすごくよい
fail-safe (二重)安全装置(の)
foodaholic 食べ物中毒
Good grief! やれやれ!、信じられない!(GoodはGodの代替語)
good bad hero 正義と悪の両方の心をもつヒーロー(例:怪盗ルパン)
  ⇔*bad good villain (発音注意:ヴィラン)
good moaning 上手なうめき
good problem うれしい悩み
grateful dead 安楽死(=euthanasia)
home away from home 自宅同様にくつろげる場所、憩いの場(ビジ英・2006年11月号p.26)
honest error 悪意のない間違い
hope against hope 見込みのない希望を抱く(直訳は意味不明、雰囲気で使われる)
irrational number 無理数(整数比で表せない実数)←数字で完全に表現するのが不可能な数字
 「rational number 有理数=整数で表せる数を「合理的な数=有理の」と誤訳?し、その対義語が「無理数」となった。
$lame rhyme ぎこちない韻
・(be) late for one's own funeral いつも遅刻する(自分の葬式にも)(実ビジ・2008年9月号p.14,31)
legal murder 合法的殺人(死刑執行や生体実験etc.)
Less is more. 過ぎたるは及ばざるが如し。
mandatory volunteering 強制ボランティア
open end 開口端、オ-プンエンド
open-end(ed) 無期限の/追加借入ができる
open secret 公然の秘密
original copy 原本、正本
paid volunteering 有給ボランティア
personal vengeance 個人的かつ社会的正義のための復讐
 *vengeanceは通常personalではなく社会的正義感を動機とする
 cf. personal vendetta 個人的な恨み
pet hate 毛嫌いしているもの(お気に入りの+嫌いな物事)
pet peeve 不平の種(お気に入りの+気に入らない物事)
 peeveは形容詞peevish(気難しい、怒りっぽい)からの逆成語
prose poem[poetry] 散文詩(韻を踏んでいない詩)
 cf. pros of prose(散文のプロたち) 
pretty ugly かなり醜い
same difference 変わり映えのしないこと、あまり重要ではない差異(ビジ英・2006年11月号p.30)
$somber samba 陰気なサンバ [a]-[ae] (ラジ子さんご提供)
(the) sound of silence 静寂の音
start over やり直す
such sweet sorrow かくも甘美な悲しみ(*三連の頭韻にも注目)。
Thanks, but no thanks. 「(相手の申し出に対して)いいえ結構です」の丁寧な型)
true lie(s) 本当のうそ
white lie 罪のないうそ/社交辞令
$winding strait 曲がりくねった海峡
working retiree 働いている退職者(≒嘱託)
Yes and no. どちらとも言えません。(あいまいな返答)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

意外なシリーズ/語句編1

flea market フリーマーケット(Aera English 3月号p.43)
 フリーマーケット(蚤の市)は文字通り、flea marketが正しいつづり。語源で最も有力なのは、パリのがらくた市で蚤(flea)が飛び交っていたから。日本ではイメージが悪いことからfree market とつづられることがありますが、英語でfree market は経済用語で「自由市場」ですね。

exercise an option 選択権を行使する(ビジ英2月号p.18,1st見出し語)
 exercise にはこんなカタい意味があるんですね。むしろこっちが本来のexercise かも。例えば、同じページに出てくるcommute は「通勤(する)」ですが、他動詞で使うと「(刑罰などを)減刑する」という意味もあります。この手の単語も要注意ですね。

tell with someone (人について)本当のことがわかる
 サロン中に出てきた表現です。出典は大西先生の「ハートで~」の本。
 Jack が今日のパーティーに来るとは言っていたけど、
 You can't tell with Jack.
 ジャックはあてにならないよ。

という感じでした。この表現のすぐ後ろに(tellの目的語として)、what he/she is thinking などが続けば自ずと意味はとりやすいのですが、短いだけにこれも要注意ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

ビジ英・2月号の復習その2

There's a fine line between frequent sick leave and chronic absenteeism.(p.18中ほど)
度重なる病欠と常習的な欠勤との違いは紙一重です。

a fine line between ・・・と・・・との間の微妙な違い
 確か少し前のビジ英で、walk/tread a fine/thin line between (・・・と・・・の間の問題で物議をかもすのが必至の決断をする)という表現も見出し語になったことがありました。別の言い方では、It's very difficult where to draw the line....があります。白黒つけられない、どちらとも言えない「微妙な領域」はgray area ですね(日本語ではグレイゾーンと言ったりしますが英語だとarea しか出会ったことがありません)。

absenteeism 計画的欠勤、サボリ癖
 これと対照的なのが、presenteeism 「欠勤すると失業するかもしれないという恐れなどから正当な欠勤理由があっても出勤してしまう状況または感情」(p.27)ですね。
 接尾語の-ism racism(人種差別,1933)からの類推で -ism が差別という概念にも使われるようになった(1960年代以降)とされています(昔のビジ英より)。
(例)
sexism 性差別(1968)
ageism 年齢による差別(1969)
lookism 容姿による差別(1978)
nepotism 縁故者びいき

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

ビジ英・2月号の復習その1

sanction 制裁措置/認可/認可する(p.13,1(b))
 見た目が名詞の動詞ですね。同じパターンとして、function(機能する)を思い出しました。そういえば、見た目が形容詞の名詞periodical 定期刊行物(1月号,p.62)もありました。

dovetail (with~) ぴったりと当てはまる(p.14)
 この単語を見たとき、鳩の尾っぽ・・・って???と思ってしまいましたが、鳩尾(きゅうび)型のほぞを用いて架材を接合するところからきているようです(クリスさんも同様の説明あり)。ちなみに鳩尾は「みぞおち(=胸骨の下のくぼんだ所)」とも読むそうです。dovetail の同意語は、interlock(1月号,p.48)、mesh(2月号,p.17,3(b))。mesh はいわゆるメッシュのイメージが強いですが、「歯車のかみ合わせ」のことも言うんですね~。

ところでL10(1) では(親族の)死に関する表現が出てきていました。現在私は、
I am in mourning for my father-in-law who passed away a week ago.
なので、ズシリと重く感じています。

気になった他の表現を列記します。
pay homage to one's ancestor(s) 先祖の墓参りをする/先祖に敬意を表する(2月号,p.10)
say one's prayers お祈りをする(1月号,p.62) prayer 「祈り」と「祈る人」は同形なんですね。

2月は生と死の別れの多い季節と聞きます。私も、今月に入って「I've never caught such a bad cold.」な風邪を引き、いまだに本調子ではありません。季節柄、どうぞみなさんもお体をご自愛なさってお過ごし下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

ビジ英・格言の復習

格言シリーズ

To err is human. No one's infallible. (12月号,p.22)
過つは人の常。完璧な人などいません。

気になったのはinfallible の発音。[fae]なんですね。fall のつづりだけからは「インフォ(ー)リブル」?と思ってしまいますが、この単語は形容詞fallible(誤りやすい)の否定形で、ラテン語の「fallere(欺く)」が語源でした。語源的に近い語としては、fail (failure)falsefallacy(fallacious)。つづり&発音的にはfallacy (虚偽、謝り)が同じ[fae]で一番近いですね。

History repeats itself. (12月号,p.31)
歴史は繰り返す。

日本語でもよく言いますね。良くも悪くも使える場面はたくさんありそうです。history を用いた決まりフレーズには、ある物事の説明をしている途中で、相手が話の続きを知っている場合に、The rest is history. 「後はご承知の通りです。」(ものしり2005、馬越先生)というのがありました。こういった時にhistory は無冠詞で使うんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

Yes! プリキュア5(基礎編)

4歳になる娘がいるため1年目から見ているプリキュアシリーズも今日から4年目に突入。今までは2人だったプリキュアが今度は一気に5人に(ややセーラームーン化している感あり?)。世間のパパさん達はいっそうプリキュアグッズのおねだり攻勢にさらされる(be under fire/attack)ことでしょう(笑)。

この系統のアニメで新しいキャラやアイテムの名前を次々に考え出すのは大変だと思います。今回注目のアイテム名や変身の言い回しなどをいくつか挙げてみます。

metamorphose 変態する/させる(ビジ英'06.9月号,p.22)
主人公 夢原のぞみがキュアドリームに変身するときのコールが「プリキュア、メタモルフォーゼ!」。変身時には光る蝶が現れるので、「蝶の変態」とうまく呼応させています。子供にはかなり難しい言葉だと思いますが、それをあっさり覚えてしまうのもまた子供。ただし英語の発音は日本語とはだいぶ異なり、mor に強勢があります。

collet コレット(宝石の受け座)
1つだけどんな願いも叶える力を持つ本「ドリームコレット」。colletのつづりを見たら、全く関係ないですが、ついblood clot(血栓)(ビジ英'06.11月号)を思い出しました。

pinky ピンクの/小さい/小指
願いを叶えるためには「ピンキー」というキャラを55匹探さなければなりません。ちなみに英語でも、pinky-swear(指切りをして約束する)、pinky promise(指切りげんまん)があるんですね~。これは初耳。ちなみに「ピンキーとキラーズ」は、I know them only by name. です。

新生プリキュア、今後の展開にも要注目です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

ビジ英・1月号の復習その2

Lesson9はかなりレベルが高く、全体的にスルー気味です^^; そんな中、自分なりに気になった表現を復習します。

●a lode of gold 金の鉱脈・宝の山(p.66)
 この表現を聞いて、映画の「ロード・オブ・ザ・リング」の「ロード」と一緒かな?と思ったら、「The Lord of the Rings」=指輪の支配者 なので違いました。そういえば、landlord (大家さん/家主/地主)という単語もありました。そっちか~。

once in a blue moon ごくまれに(p.69,Daily Quiz 3(b))
 なかなか神秘的な表現です。その由来は『1833年にKrakatoa島の火山が大爆発し、その噴煙のために月が青みがかって見えた。このような大爆発は非常にまれであることから(イディオム由来辞典/三省堂)』だそうです。

fiddling 余計な手を出したがる(p.70)/くだらない、役立たずの
 動詞のfiddle about/around を伴って「ぶらぶらする」、名詞のfiddler は「詐欺師(英)」ですから、fiddle がらみはネガティブな単語のようです。これらはおそらく、fiddle =violin の軽快なイメージが比喩的に悪い方に使われたのだと思います(violin を弾くのが趣味の私には痛いですが^^;)。violin 本来の意味では次のイディオムが有名ですね。

(as) fit as a fiddle (←頭韻に注目!)とても元気で
play second fiddle to someone 人の脇役を務める
 ↑オケの第2バイオリンのイメージから(イメージなので無冠詞)。根底には「対等の能力があるのに」というニュアンスがあるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »