« PUN その1 | トップページ | 3語からなる句動詞(2) »

2007年1月20日 (土)

リベンジ

「リベンジ」という言葉がはやりだしたのはK-I のアンディ・フグ選手が活躍していた頃からでしょうか・・・。今日は今週のサロンで話題になったリベンジ関連についてまとめてみたいと思います。

「仕返しする」という意味の代表的な動詞にはrevenge avenge があり、revenge 個人的な憎しみ・悪意を動機とする仕返し、avenge は不正・悪事・圧迫に対して正義感からの正当な仕返しを意味する(英和中辞典/研究社)とあります。この説明からすると、日本語の「リベンジ」は正しく使われている気がします。以下、用法の注意点をまとめました。

avenge [something / somebody] on+[仕返しする相手]
・Hamlet planned to avenge his father. (ハムレットは父親のかたきを討つことを計画した。)
・Hamlet planned to avenge himself on his father. (ハムレットは父親に復讐することを計画した。)
 on のあるなしで大違い!これは要注意ですね。

revenge something とは言わない。
Oxford 現代英英辞典によれば、revenge は目的語として「人」のみをとることが「Grammar Point」として指摘されていました。

avenge、revenge はともに受動態でも使われ、しかも能動態と同じ意味になる。
 I will avenge myself on ~ → I will be avenged on ~(by myself は省略) と考えれば納得。再帰代名詞を省略できる分、受身形の方が好まれるのかも。おもしろい現象です。
・I will be revenged on him for my father's murder.
 私は彼に父親殺害の恨みを晴らすつもりだ。

revenge は名詞も同形、一方、avenge の名詞形はなぜか a が落ちてvengeance
名詞のrevenge、vengeance は無冠詞で、have, take, inflict, wreak などの動詞の目的語になります。

with a vengeance(やる気十分で)<ビジ英(1月号,p.44,with a grand passionの言い換え)
なぜか不定冠詞 a がつきます。無理やりavenge の名残とこじつけて覚えるのもいいかもしれません(笑)。

|

« PUN その1 | トップページ | 3語からなる句動詞(2) »

コメント

リベンジとアベンジ、とても楽しくまた興味深く勉強させていただきました。これで頭にしっかり刻まれました。
それにしてもアベンジがあの「ベンジョンソン」とも関係あったとは……「a」が落ちて「venreance」ですか。駄洒落もいいですが、このように本質から覚えることが大事ですね。
「avenge」に「r」をつけると「avenger」でこれは復讐者とでも訳すのでしょうが、もう一つ第二次世界大戦のアメリカの雷撃機にもアベンジャーというのがありました。アメリカは怖い名前をつけます。日本の同様の攻撃機は「天山」「流星」ですから美しさでは日本が上でしょう。
今週のビジネス英語の「varsity」も「university」からuniが落ちた、と説明されてスッキリ覚えることができました。

投稿: 五井利器(打ち間違え)剛力です | 2007年1月21日 (日) 00時40分

avenge と revenge の使い方、勉強になりました。私の場合、会話で使うには少々練習が必要です。再帰代名詞でいくか、受動態でいくか...。今日はラジオもないので、ときどき思い出して練習しま~す。
プライベートで使うことがないようにしたいものですね!
剛力さんは飛行機ファンでしたね。「avenger」vs 「流星」じゃ流星は負けますよ、あまりに儚い名前ですものね。

投稿: ラジ子 | 2007年1月21日 (日) 10時12分

剛力さん、avenge(r) は歴史的に重みのある単語だったんですね。ありがとうございます。やはりネーミングも英語はストレートです。それが戦争がらみならなおのこと・・・。今後の世の中で戦争やテロを通して英単語を覚える皮肉がないよう祈るばかりです。

ラジ子さん、少しでもお役に立てたなら嬉しいです。私は何倍もラジ子さんにお世話になっているわけですから。いま、私の参加している英会話サロン(週1)ではもっぱらラジ子さんのブログがトピックの源になっています。

さて、剛力さんにもコメントしていただいたvarsity はトップレベルのスポーツチームを表すとのことでしたが、反対に初心者のクラスを日本語で「ノービスクラス」と言うことを最近知りました。調べると、novice(初心者)という名詞があり、聞き慣れない分、beginner よりも聞こえがよいなぁと思いました。

投稿: やまちゅう | 2007年1月21日 (日) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リベンジ:

« PUN その1 | トップページ | 3語からなる句動詞(2) »