« 記憶法 | トップページ | 7&9 »

2006年12月28日 (木)

Christmas

 ちょっと時期が過ぎてしまいましたが、先日のサロンでは「クリスマス」について話題になりました。

・キリストとサンタのつながりとは?
・日本人がクリスマスを祝うことについて

 これらのトピックについては、「ビジ英」12月号p.122のチータムさんのエッセイに詳しく書かれていました。要約すると、今のクリスマスの祝い方はキリスト教以前の北欧の宗教に由来し、最初のキリスト教徒がヨーロッパにやってきた時、クリスマスのお祝いにわざと古い祝典の様式を取り入れ、人々をキリスト教に改宗させるのに役立てたとのこと。だからサンタはフィンランド(Finland)出身で、Christの生誕の地=中東(Middle East)とは無関係なわけですね。
 結局、クリスマスは様々な宗教のチャンポン(mixture)なわけで、今となっては単なるお祝いイベントと考えるスタンスが、少なくとも日本では普通です。 ただ、Christmasという単語自体はChrist(キリスト)+mass(ミサ)ですし、PC(political correctness)上はやはり宗教的なものとして扱うのが無難のようですね。杉田先生や知り合いのネイティブによると、欧米の会社が社員にクリスマス休暇を強制or奨励するようなことはまずしないとのことです。

 せっかくですので、そのチータムさんのエッセイから気になった単語を抽出してみます。

no nothing 全く何もない
 二重否定→強い肯定かと思いきや、noはnothingの否定度を強めてやっぱり否定。ちなみに、never の口語の強調形はnever ever (今までもこれからも絶対~ない)となるのでした。  

winter solstice 冬至
 solstice の語源はラテン語のsol(=sun)+stare(じっと立つ)で太陽が静止する点。太陽と地球の位置関係を「時間」と「太陽の位置」の2次元のグラフで表せば、「至」の時の太陽の位置は曲線の極点になり、これを「静止する点」と表現したのでしょう。sol はsolar(太陽の)やparasol (パラソル、日傘)<para(~を回避する)+sol(=sun)などでおなじみです。

hold water 筋が通る
 「(容器が)水を漏らさない→完璧である→正論である」という意味展開。この表現の後に続けて、hold even less water (ますます筋が通らない)という強調形も使われていました。

|

« 記憶法 | トップページ | 7&9 »

コメント

hold water、私は初めて知りました。water つながりで、water under the bridge(取り返しのつかないこと)なんていうのもありましたね。覚えても覚えても知らないことがでてきて、いやになりそうな時もあるけど、それだけにまだまだ挑戦のしがいがあるってもんでしょうか、語学って。今年は含蓄のあるコメントをたくさんありがとうございました。来年は馬で大当たりできるといいですね!

投稿: ラジ子 | 2006年12月31日 (日) 14時18分

あけましておめでとうございます、ラジ子さん。
●water under the bridge(取り返しのつかないこと)、なるほど、すぐに流れていってしまうものだからですね、勉強になりました。ありがとうございます。
さて、昨年はこちらこそ、たくさんのコメントをありがとうございました。実は私が昨年ブログを始めたのはラジ子さんのブログがきっかけでした。同じ志をもつ方達と一緒に英語を学習する楽しさと心強さは何事にも変えがたいものです。今年もラジ子さんは私の目標です。よろしくお願いいたします!

投稿: やまちゅう | 2007年1月 2日 (火) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Christmas:

« 記憶法 | トップページ | 7&9 »