« じゃじゃ馬慣らし | トップページ | Dear Mr. Slump: »

2006年11月22日 (水)

Sオケ、最高!

「のだめ」が第6話まで来ました。

 Sオケの進取の気性(gumption)は聴衆を楽しませ、私を明るく前向きにします。 普段のSオケはアットホーム(homey)で、楽しかった高校の部活(=室内楽部、chamber music club)を思い出しました。もし音大があんな楽しい場所だったら通ってみたいと思いました(もちろん能力があったらの話ですが^^;)。  そして、シュトレーゼマンと千秋君との最初にして最後?の競演はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番でした。私も大好きな曲ですが、最近では第1楽章を女子フィギュアスケートの村主選手が演技曲に使ったり、第2楽章の主題が名曲「All By Myself」のイントロ部分に使われたりしてますね。巨匠というのは・・・やはり大きな存在です。まず巨匠と出会う幸運が必要であり、そして巨匠から全てを吸収するには時間があまりにも限られている。それだけに巨匠と共有できる時間が美しく尊いものとして感じられるのです。

|

« じゃじゃ馬慣らし | トップページ | Dear Mr. Slump: »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sオケ、最高!:

« じゃじゃ馬慣らし | トップページ | Dear Mr. Slump: »