« Lisztomania | トップページ | ビジ英・10月号の復習その2 »

2006年10月14日 (土)

ディーラーにて

 さて、今日は用事があっていきつけの車のディーラーに行ってきました。そこで展示してあった濃い青色の車の説明書きに「車色:ストラトブルー」とあり、ストラトがどういう意味かわかりませんでした。どこかで聞いたことあるようなないような・・・。帰ってから調べてみるとstrato-は層(雲)を表す接頭語で、ストラトブルーはstratosphere =成層圏 のような深青色ということでした。でも、濃い青といえば、例えばcobalt blue (コバルトブルー)、ultramarine(群青色)、indigo(藍色)などがあって、それらの「色別(しきべつ)」はとても難しそう。
 一方、店内には「Strada」というカーナビが展示されていました。こちらはどうやら人名由来。私はStrada のつづりを見て、ビジ英で習ったsocial strata (社会的階層)を連想しました。strata stratum (階層)の複数形で、語源は上記のstrato-と同じ、ラテン語の「広がり」→「層」という意味展開でした。文字通り、英単語の「広がり」を体感できました。車の用語にも勉強になる単語がたくさんありそうです。 
 ちなみに今年の春天3着馬・ストラタジェム(<stratagem)は一語で「戦略」の意味で、こちらはstrategy と同様、ギリシア語の「将軍・Strategos の技」に由来する単語のようです。

|

« Lisztomania | トップページ | ビジ英・10月号の復習その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディーラーにて:

« Lisztomania | トップページ | ビジ英・10月号の復習その2 »