« ビジ英・10月号の復習その2 | トップページ | のだめカンタービレ・その1 »

2006年10月16日 (月)

キター!

( )内に適切な副詞を入れて文を完成させましょう。答え合わせは( )内を反転して下さい。

①His piano recital came ( off ) better than expected.
 彼のピアノリサイタルは予想以上にうまくいった。

☆演奏が舞台を離れて観客の方まで届く感じ。これと似ていると思ったのが次の句動詞。
 This flower gives ( off ) a good smell. この花はいい匂いがする。

 そういえば日本語でも、いい意味で「これ、きてるね~」とか「きたよ、きたきた」とか言いますね。これってcome off のイメージそのもの。つまり、「伝わってくる」わけです。名づけて、“かもし出し”の「off」。 

②I can't tell you how I came ( by ) the money.
 そのお金をどうやって手に入れたかは君に言えない。

☆普通「立ち寄る」で使いますが、「(入手困難なものを)手に入れる」意味にもなるところがスゴイ。その時はたぶん幸運を伴うから、能動的ではなく、モノ側を主体に考えて私がたまたまモノの「そばにくる」という感覚なのでしょうか。

③I'm just a beginner; I don't want to take ( on ) an expert player.
 私は初心者なので、ベテラン選手を相手にするのはイヤだ。

☆自らを手にして相手のところにのせる→対戦する。う~ん、このイメージ、何となくはわかるけど、じゃあ、face off (against~)で「対戦する」になるのはなぜ?

|

« ビジ英・10月号の復習その2 | トップページ | のだめカンタービレ・その1 »

コメント

「face off」=元はアイスホッケーの「試合開始」の意。サッカーのkick off に相当する言葉。

アイスホッケーの試合開始時に、リンクの中央(フェイスオフスポット内)に審判がpuckを落とすことをface (off) するというそうです(落ちたpuckを両者で取り合う)。そのpuck がスポットに向かう(face)+審判の手から離れる様をoffで表現しているんですねぇ。

同じ「試合開始」でも、kick off の方は「(会合など)が始まる、を始める」という意味になるのが面白いと思いました。

投稿: やまちゅう | 2006年10月20日 (金) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キター!:

« ビジ英・10月号の復習その2 | トップページ | のだめカンタービレ・その1 »