« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月30日 (月)

生物観

 学生の頃に読んだR.ドーキンスの「利己的な遺伝子(The Selfish Gene)」は衝撃的だった。人間をはじめとする生き物は利己的な遺伝子の「乗り物」(vehicle)に過ぎず、その利己的な遺伝子が次々と世代を乗り換えて存続し続けるといった仮説は極論ではあると思うが、実際に人間は他の生物より(少しだけ)知能が高いというだけで、本質は恐ろしく単純で非常に利己的であることに気づかされることがしばしばある。現在、先進国では少子化(declining birthrate)が進んでいるが、これは人間をとりまく複雑な社会環境が、遺伝子にストレスを与えている影響であり生物学的には異常事態である。それとも、それも増殖抑制の1つの形としての必然なのだろうか?いずれにしても、そういった異常な「ひずみ」が自殺や犯罪を引き起こす確率を引き上げている可能性は否定できない。
 一方、地球上の生物の構成要素のほとんどのアミノ酸がなぜL型なのか、ということも生物の起源や進化に関連して興味深い問題である。硤合先生(東理大)の不斉自己触媒の研究に代表されるような、生成物自身が自己を生成する不斉自己触媒となり自己増殖しながらその不斉を著しく増幅させ、ほぼ一方のみの光学異性体に至る過程は、生物の起源と進化についての最もシンプルなモデルの1つのようにも思える。生物の起源はたぶんちょっとした偶然のゆらぎであり、進化とはそれが必然の要求や摂理によって誘導される壮大で複雑なストーリーである。自己の存在意義さえ一生をかけて考えるような一個人が一晩で解ける問題では決してない。そのため、弱い存在であると自己認識したヒトは生きるための防衛手段として教義や宗教といった仮説にすがるのだろう。しかし、分子生物学(molecular biology)を始めとしてさまざまな学際的アプローチ(interdisciplinary(注) approach)が少しずつ生物の神秘のベール(aura of mystery)をはがし(strip) つつあることは事実であり、現代を生きる人間のスタンスとしては、仮説と事実の間でうまくバランスを保ち、建設的に1日1日を過ごすことが大切であると考えている。

注:inter(~の間の)+disciplinary(研究領域の) で「研究領域と別の研究領域の間の」→「学際領域の」となる。元の名詞=discipline は「しつけ」が真っ先に思い浮かぶが、もう1つの意味として(研究などの)専門分野という意味がある。最近では、職業の「分野」にも使うとのこと(by杉田先生)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

高松宮杯

 私も約20年前に出場したことがあります・・・といっても競馬のレース(現・高松宮記念)ではありません(笑)。高松宮杯(現・高円宮杯)全日本中学校英語弁論大会。尊敬する杉田先生も48年前に東京代表で決勝大会に出場、以来大会運営にも尽力され、30年ほど前から全国大会の審査員をなさっていると、11月号のビジ英テキストに書かれていました。ということは、私が出たときには既に審査員をなさっていたわけですが、力及ばず県大会まで。なんだかとても不思議な感じがします。
 ビジ英のVignetteには韻(脚韻:rhyme, 頭韻:alliteration)を踏んだ表現や重複表現(redundancy)がたくさん出てきますが、弁論、PR、CMなどはいかに人の耳に残り、心地よく響くかが鍵であることを考えると、これはごく自然なことだと思います。私は英語を音楽と似た感覚でとらえているので、こういった表現がとても好きですが、心地よいうえに語彙を増やせるというメリットは大きいものです。ちなみに、これまでに私が学んできた、韻を踏んだ表現を自分なりにカテゴリーのセットフレーズ集でまとめています。もし、この他に「これは」という韻をご存知の方がいらっしゃいましたらご一報いただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

のだめカンタービレ・その2

 第2話を見ました。だんだんドラマのペースにも慣れてきました。今回のメインはベートーベンのVnソナタ第5番「春」。私めも少し練習したことがありますが、とてもいい曲ですね~。この曲には少しモーツァルトっぽさも感じます。ところで、千秋様は飛行機&船に乗ることに対して異常な恐怖を感じるため、ヴィエラ先生のもとへ海外留学できません!

飛行恐怖症aviatophobia / aviophobia / flying phobia / pteromerhanophobia
 もし会話で使うなら迷わず flying phobia でしょうね。余談ですが、前にカナダ人の方と話していて、fright (恐怖)が flight (飛行)に聞こえてしまい話がこんがらがってしまったことがあります。なら、「飛行の恐怖」は flight fright となり、「l」と「r」の発音練習にもってこいです。あと、avi~ は「鳥→飛行」に関係する語根(例:aviator=飛行士、avian flu=鳥インフルエンザetc.)なので最初の2語はイメージがしやすいかも。

海洋恐怖症thalassophobia 
 乗船に対する恐怖症というのはちょっと見つかりませんでしたので、強いて挙げればこれでしょうか・・・。ギリシア語のthalassa(海)からの派生語のようです。

 そういえば、その昔、ブラームスがケンブリッジ大学からの名誉博士号授与を断った理由の1つが、イギリスへの船旅がとても嫌だったからという話を思い出しました(英語が不得手で嫌だったという説もあります)。

 -phobia 「-恐怖症」はびっくりするくらいたくさん種類がありますが、頻度の高いものは、acrophobia(高所恐怖症)、hydrophobia(水恐怖症)、claustrophobia(閉所恐怖症)あたりでしょうか。最近では、ITなど新しいテクノロジーに嫌悪感・恐怖心を持つことを technophobia と言うそうです。あるいは大きなくくりでneophobia(新しいもの嫌い)でしょうか。形容詞形はいずれも~phobic。反対に「~好き」は「~philia」、その形容詞形は「~philic」。いろいろな恐怖症に興味がおありの方はPhobia Listをご参照下さい。意外な恐怖症が見つかるかもしれません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

チョコ菓子・その1

 最近お気に入りのチョコレート菓子を紹介します。傾向として、チョコとマッチングした味(例えばコーヒーや紅茶など)がついているものが私は好きです。

紗々 キャラメルカプチーノ味(ロッテ) ビターチョコとキャラメルカプチーノチョコが織り合った繊細かつ濃厚な味が特徴。デザインは京友禅・千總(ちそう)のプロデュースというこり方で、表面に銀箔(silver leaf)をちりばめた芸術的な一品!

アルフォート ミニチョコレートミルクティー(ブルボン) 紅茶パウダーを練り込んだチョコとミルク風味のビスケットのコンビネーションは絶妙。紅茶味のチョコ菓子はレアなのでポイントが高い!

 ということで、今日の注目単語は銀箔。金箔は beaten gold, gold foil, gold leaf なので、銀箔は gold と silver を入れ替えて、beaten silver, silver foil, silver leaf。ちなみに箔の厚さは、foil>leaf。このfoilは「(金属の)箔」で、アルミホイル(aluminum foil)にも使われていますね。他には、giltという単語も金箔(金粉)を表します(銀箔はsilver gilt)。ギルトって確かドラクエの貨幣か魔法かに出てきたような気がしますが・・・これ、なんと guilt(有罪)と同音異義語(homonym)です。元は動詞のgild(金箔をきせる、金めっきする、金色に塗る)の過去分詞のようです。細かいことですが、金箔を「きせる」って言い方は奥ゆかしい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

凱旋門賞2006 疑惑

 レース後のイプラトロピウム検出により凱旋門賞失格が濃厚となったディープインパクト。事実関係にまだ不明瞭な点があるとはいえ、こんな事態はプロの仕事としてありえないことで、現地でディープを担当したフランス人獣医が、ディープに凱旋門賞を勝たせないという陰謀(conspiracy)のもとに買収されていたのでは?と疑う声が上がるのも無理はない。
 疑惑(suspicion)といえば、シドニー五輪柔道・100kg超級決勝「篠原VSドイエ」の判定が思い出される。内またを放ってきたドイエを篠原がうまくすかし、ドイエは完全に背中から落ちた。しかし判定はドイエに「有効」がつき篠原は敗れた。偶然だがドイエはフランス人選手。試合の主審は、国籍はニュージーランドだが仏系(副審2人は旧仏領国出身)で、それまでに五輪の主審経験はなかった。
 さて、個人的には、シロッコ(8位=最下位入線)の負けすぎが非常に気になっている。2着のプライドとの力関係から、重賞4連勝、前走フォア賞でハリケーンランを破ってここに臨んだシロッコが最下位とはちょっと解せない。実は勝ったレイルリンクとシロッコがすり替わっていたとしたら・・・。その点は主催者側の馬体確認検査が公正に行われているはずなので絶対不可能だが、偶然にもレイルリンク、ハリケーンラン、シロッコ(全てファーブル厩舎)の3頭はいずれも鹿毛(bay)の牡馬で顔の流星もよく似ている。ハリケーンランとシロッコの額にはわずかな星、レイルリンクには彼らよりも大きめの星が額についている。ふと、昔読んだ推理小説、シャーロック・ホームズの白銀号事件(Silver Blaze)で、馬の顔の流星に細工を施した替え玉(ringer)をレースに出走させようとするくだりがあったのを思い出した。まさかとは思いつつ凱旋門賞のビデオを確認したところ・・・3頭とも「顔」におかしな点は認められなかった。疾走時のフォームについても、レイルリンクの首の高い走法は、首差しを低くして走るシロッコのそれとは明らかに違った。3頭は同厩舎とはいえ馬主は異なり(昨年すでに凱旋門賞を制覇しているハリケーンランはまだしも)、シロッコは凱旋門賞を勝つためにわざわざドイツからフランスへ移籍してきた馬だ。したがって、今回のレースでシロッコがディープ対策のおとり役(decoy)だったというのも考えすぎだろう。
 いずれにしても、ディープの薬物検出問題の真相が明らかになることを待ちたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

ボディスラム

 先日TVの「スポーツジャンク」で大横綱・千代の富士(現・九重親方)が現役時代に取った衝撃の相撲を取り上げていた。相手はつっぱりで鳴らした寺尾。いつものように立会いから容赦なしに顔面を張ってくる寺尾の攻撃をまともに受け続けた千代の富士が、ついにまわしを取ると土俵際に追い込み、半身になった寺尾をそのまま「送り出し」かに思われた。が、その瞬間・・・なんと寺尾を土俵内に引き戻し、高々と抱え上げてから、鬼のような形相で土俵にたたきつけたのだった!私はライブでTV観戦していたが今でもその衝撃が鮮明によみがえるほど。公式発表の決まり手は忘れてしまったが、あれは明らかに相撲の技の域を超えていた。あえて表現するならプロレスのボディスラム(body-slam)!当時、千代の富士はインタビューで「寺尾は土俵際でとてもしぶといから念には念を入れた」と答えていたが、今回の「スポーツジャンク」では「相撲取りは顔が命だから。捕まえたら何かしてやろうと思っていた。」と笑って本音を話してくれた。その後の2人の対戦で寺尾がどう立ち会ったかは定かではないが、そのあたりの心境を寺尾にもぜひ聞いてみたいところだ。
 *body-slam (動)大打撃を与える slam は「強くたたきつける」「厳しく非難する」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

のだめカンタービレ・その1

 これまで何人かの方に「おもしろい」と紹介されて、結局原作を読まずに今日まできてしまいましたが、ついにっ!月9でドラマがスタート。そして、なぜか!我が家には「のだめ」の記念すべき新連載スタートの第一話が掲載された雑誌「Kiss」が1冊だけ存在します。家内が別の漫画を読みたくて買ったものらしいのですが、私も家内も漫画雑誌を買うことは滅多にないだけに不思議な縁(curious coincidence)です。
 ともあれ、始まりからベートーベンのピアノソナタ・「月光」(第3楽章)や「悲愴」、モーツァルトの「2台のピアノ~」などなど、ストーリーの展開と合わせてクラシック音楽も楽しめて、適度なコメディタッチとシリアスさのバランスが心地よかったです。手元に唯一ある「第一話」を先ほど読んだのですが、ストーリーとキャラ設定がかなり忠実に再現されているように思いました。ただ、ドラマの中で、千秋君ののだめに対する振る舞いに多少行き過ぎ(going too far)を感じたところもありました。例えば、細かい話ですが、千秋君がのだめの「手」を力任せに叩く(slap)シーンなどは、「手が命」のはずのピアノ専攻の音大生(同士)にはちょっとキツいシーンでした。ひょっとして千秋君は原作でもちょっと乱暴なところがあるのでしょうか?(ドラマで単に誇張されていただけならよいのですが・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

キター!

( )内に適切な副詞を入れて文を完成させましょう。答え合わせは( )内を反転して下さい。

①His piano recital came ( off ) better than expected.
 彼のピアノリサイタルは予想以上にうまくいった。

☆演奏が舞台を離れて観客の方まで届く感じ。これと似ていると思ったのが次の句動詞。
 This flower gives ( off ) a good smell. この花はいい匂いがする。

 そういえば日本語でも、いい意味で「これ、きてるね~」とか「きたよ、きたきた」とか言いますね。これってcome off のイメージそのもの。つまり、「伝わってくる」わけです。名づけて、“かもし出し”の「off」。 

②I can't tell you how I came ( by ) the money.
 そのお金をどうやって手に入れたかは君に言えない。

☆普通「立ち寄る」で使いますが、「(入手困難なものを)手に入れる」意味にもなるところがスゴイ。その時はたぶん幸運を伴うから、能動的ではなく、モノ側を主体に考えて私がたまたまモノの「そばにくる」という感覚なのでしょうか。

③I'm just a beginner; I don't want to take ( on ) an expert player.
 私は初心者なので、ベテラン選手を相手にするのはイヤだ。

☆自らを手にして相手のところにのせる→対戦する。う~ん、このイメージ、何となくはわかるけど、じゃあ、face off (against~)で「対戦する」になるのはなぜ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

ビジ英・10月号の復習その2

sure thing 確かなこと/(相手の言ったことに対して)もちろんOKです。(p.10, 2行目)
 Vignette では後者の意味で。前者の意味では、長井秀和風に「間違いない」といったところでしょうか。TVで長井氏自身は「間違いない」を「No doubt.」と訳していました。ちなみに「no doubt」を文章中で副詞的に使うと「きっと、たぶん」といった推量(断定ではなく)を表すようです。クリスさんは同じ意味の言い回しとして“You bet!”を紹介していました。
 ちなみにthing つながりで「あんな時~」(p.30)では、Well, the thing is this. (え~、つまりこういうことなんです。→以下状況説明に入る)が紹介されてました。

●Say What You Mean より
  (Inquisitive) indicates qualities that incline a person to ask questions, especially questions inordinately or improperly probing about the affairs of others.  It is roughly synonymous with curious or nosy.

 テキストの文をほぼそのまま載せましたが、最後の同義語にnosyを付け加えてみました。答えは(  )の中の文字を反転させて確認して下さい。

be on drugs (p.29の練習問題2より)
 Refusing to submit to a random drug test is akin to admitting you're on drugs.
 任意の薬物検査を受けるのを拒むということは、薬物を使用していると認めるようなものだ。

 薬物を使用していることを be on drugs と表現するのは、be on a diet (ダイエットをしている)に似ていると思いました。いわゆる「継続のon」で、on以下に関わっている状態がずーっと続いている感じがよく出ていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

ディーラーにて

 さて、今日は用事があっていきつけの車のディーラーに行ってきました。そこで展示してあった濃い青色の車の説明書きに「車色:ストラトブルー」とあり、ストラトがどういう意味かわかりませんでした。どこかで聞いたことあるようなないような・・・。帰ってから調べてみるとstrato-は層(雲)を表す接頭語で、ストラトブルーはstratosphere =成層圏 のような深青色ということでした。でも、濃い青といえば、例えばcobalt blue (コバルトブルー)、ultramarine(群青色)、indigo(藍色)などがあって、それらの「色別(しきべつ)」はとても難しそう。
 一方、店内には「Strada」というカーナビが展示されていました。こちらはどうやら人名由来。私はStrada のつづりを見て、ビジ英で習ったsocial strata (社会的階層)を連想しました。strata stratum (階層)の複数形で、語源は上記のstrato-と同じ、ラテン語の「広がり」→「層」という意味展開でした。文字通り、英単語の「広がり」を体感できました。車の用語にも勉強になる単語がたくさんありそうです。 
 ちなみに今年の春天3着馬・ストラタジェム(<stratagem)は一語で「戦略」の意味で、こちらはstrategy と同様、ギリシア語の「将軍・Strategos の技」に由来する単語のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

Lisztomania

 リスト、ワーグナー、ブラームス、彼らの間には結構複雑な関係が存在する。リスト(=ワーグナーの義父)は交響詩、ワーグナーはオペラ音楽とそれぞれ標題音楽を掲げて新境地を開拓していく中、ブラームスは古典派への回帰を貫くスタンス。当然のごとくワーグナーは(キャラも手伝って)ブラームスを激しく攻撃したが、当のブラームスは初めはリストには反発(のちに和解傾向)したものの、ワーグナーの音楽に対しては公に批判したことはなく逆に興味を持っていたようだ。
 さて、リストといえば、いわゆるリストマニア(Lisztomania)と呼ばれる熱狂的な信奉者達に囲まれている大ピアニスト(virtuoso pianist)といった華々しいイメージが先行するが、ヴァイマールに移ってからは教職につくなど、思慮深く、とても聡明な人だったようだ。実際、リストのもとを訪れたのはパトロン(patron)ではなく、芸術家、哲学者、政治家などの面々で、晩年は宗教的関心を深めて(make a religious commitment) いたようだ。
 現在、NHK-TVのスーパーピアノレッスン講師を務めるミシェル・ダルベルト氏は、リストの音楽について、「技術的課題をクリアした上でアーティスティックな表現をしなければならない点で困難を極める(utterly difficult)」と評している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

ビジ英・10月号の復習その1

snug 心地よい、ぬくぬくとした(p.10,下から2行目)
 この形容詞は2005年度6月号(p.10&26)にも登場していて、「as snug as the bug in the old rug(古巣に戻ってぬくぬくと居心地がいい)」の3連発の脚韻が強烈でした。今回は、a snug nest 「快適な場所」のように使われていました。どうやらsnug は、虫や動物が巣の中でぬくぬくとしている様子を連想させるようです。 
(ex.) He was warm and snug in his down sleeping bag.
   彼は羽毛の寝袋に入っていたので、暖かくて心地良かった。

hold down (職や地位に)就いている(p.14中段)
 コアイメージで考えると、(職や地位を)足元にしっかりと一時的に押さえておく、という感じでしょうか。ちなみに、「新感覚☆キーワード 9月号」のhold の動詞句の項には出てきていませんでした。
(ex.) My husband holds down two jobs to pay off his debt.
   夫は借金を返すためにずっと二つの仕事をしている。
 p.18の1st見出し語にもなっているnail down (を確定する、見極める)にも似た響きを感じます。釘でしっかりと固定化する、例えば、nail down a contract (契約を取り決める)のようにも使うそうです。nail といえば、hit the nail right on the head (釘の頭を正確に打つ→図星である)という決まりフレーズもありました(2005年度4月号p.14)。

rest of the world 諸外国(p.18中段)
 なにげない表現ですが、(自国から見て)世界のその他の国々、日本で言えば海外という表現になりますね。
(ex.) Measurements taken in the country don't necessarily apply to the rest of the world.
   その国での対応が世界の他の国々でも通用するとは限らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

クリケット

 10月。辺りにはキンモクセイの香りが漂って、夜には虫の音が聞こえる風流な季節になった。先日、コオロギを意味するcricketの語源が擬音語から来ていると教わった。欧米の人にとって虫の音はノイズ(noise)だというが、コオロギの鳴き声は「クリケッ、クリケッ」のように聞こえたようだ(?)。さらに、英のスポーツの「クリケット」も、球を打つ音がそう聞こえたことからcricketになったのだとか。こちらはなんとなくわかる気がする。さらに、クリケットが紳士的なスポーツであることから、cricketが「スポーツマンシップ」や「フェアプレイ」を意味するようになった。ということで、cricketは以上3つの意味を押さえておけばいいみたい。

 It's not cricket. それはフェアじゃない。

つまり unfair ってこと。あ・・・、一昨日ビデオに撮った「アンフェア」見なきゃ。映画化もされるらしいし。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

ビジ英・9月号の復習その4

「Quote...Unquote」から

●Difficulty is, for the most part, the daughter of idleness. (p.47)
 困難とは、多くの場合、怠惰の産物である。
 
 耳の痛くなる文ですが、おもしろいのは(怠惰の)産物にdaughterが使われている点。mother の場合には、Necessity is the mother of invention. (必要は発明の母)や、motherhood(母親の精神)が米を象徴する1つの代表的な概念だったりと、プラスイメージがありますが・・・。この文では詩的にかっこよくdaughterを使っただけ?昔、生物を習ったときに「娘」という接頭語を見たことがあるので、ちょっと学術的な匂いもします。

●Consistency is the last refuge of the unimaginative. (p.21)
 一貫性とは想像力に欠ける者たちの最後のよりどころである。

 まるで「偽ベテラン(by 畑村洋太郎氏)」の定義のようですが、この構文はいろいろ応用ができそうです。似た言い回しとして「○○ is the last resort... (○○は最後の手段である)」や○○ is the last person to do... (○○は絶対~しない人だ)」などなど。「the+形容詞」でそういう「人」を表すのも復習になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

凱旋門賞2006 完結

 おつかれさま、ディープインパクト。走り慣れないアウェイで59.5キロ、しかも勝ち馬にマークされるきつい展開での世界の3着。とても立派な走りだった。
 ビデオをよく見ると、ディープは残り750mでそれまでの右手前から左に、500mで右、300m手前でまた左と、何回も手前を変えていた。相当苦しかったのだろう、ゴール前の1.5ハロンは跳ぶようなフォームが消え、足が上がらずにピッチ走法のようになっていた。しかし、それでも勝ったレイルリンクに最後まで追いつこうとがんばっていた。勝ち馬と立場が逆なら・・・。しかし私はむしろ、スタミナが切れても最後まで追いすがるディープに元気づけられた。まだまだこれからいくつも夢と感動を与えてくれるはず。自分もがんばらなければいけない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

ビジ英・9月号の復習(競馬編)

across the board 全面的に、総括的に(p.52、1st見出し語)
 このboardは競馬の着順掲示板に由来。前にも「ビジ英」で解説があったはず。a bet across the boardで同じ馬の1着~3着の馬券を同額買うことだとか。でも、ネイティブがこのイディオムが競馬由来と聞いたら驚く(byクリスさん)ほど、もはや一般化している表現。「全社的に一律」という時にも使われるので、私はこのboardは、board member(会社役員)やboardroom(役員室)から来ているのかと思ってました。

neck and neck 接戦で、互角で(p.52、3rd見出し語解説中)
 競馬のゴール前で2頭の馬が「首の上げ下げ」状態である様子から。テキスト&放送では競馬由来であることには触れず。とても生き生きとした表現。
 ex. The two candidates for mayer are neck and neck in poll.
   その2人の市長候補者は世論調査では互角である

trot around 早足で歩き回る(8月号p.48,下から7行目)
 horse's gait(馬の足並み)の速度の順は以下の通りです。
 amble(ゆっくり歩く)→canter(少し急いで歩く)<trot(急ぎ足で歩く)<gallop(大急ぎで走る)
 canterだけは馬専用で人には使わないようです。競馬ファンの方なら、どの動詞もなじみがあるかと思います。例えば、「馬をキャンターに下ろす」と言ったり、その昔「トロットサンダー」というマイルのGI馬がいました。

 さて、英語の復習はこれくらいにして、これからディープインパクトの凱旋門賞の発走!!文字通り、勝って日本に凱旋(return in triumph)してほしいところ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »