« ディーラーにて | トップページ | キター! »

2006年10月15日 (日)

ビジ英・10月号の復習その2

sure thing 確かなこと/(相手の言ったことに対して)もちろんOKです。(p.10, 2行目)
 Vignette では後者の意味で。前者の意味では、長井秀和風に「間違いない」といったところでしょうか。TVで長井氏自身は「間違いない」を「No doubt.」と訳していました。ちなみに「no doubt」を文章中で副詞的に使うと「きっと、たぶん」といった推量(断定ではなく)を表すようです。クリスさんは同じ意味の言い回しとして“You bet!”を紹介していました。
 ちなみにthing つながりで「あんな時~」(p.30)では、Well, the thing is this. (え~、つまりこういうことなんです。→以下状況説明に入る)が紹介されてました。

●Say What You Mean より
  (Inquisitive) indicates qualities that incline a person to ask questions, especially questions inordinately or improperly probing about the affairs of others.  It is roughly synonymous with curious or nosy.

 テキストの文をほぼそのまま載せましたが、最後の同義語にnosyを付け加えてみました。答えは(  )の中の文字を反転させて確認して下さい。

be on drugs (p.29の練習問題2より)
 Refusing to submit to a random drug test is akin to admitting you're on drugs.
 任意の薬物検査を受けるのを拒むということは、薬物を使用していると認めるようなものだ。

 薬物を使用していることを be on drugs と表現するのは、be on a diet (ダイエットをしている)に似ていると思いました。いわゆる「継続のon」で、on以下に関わっている状態がずーっと続いている感じがよく出ていますね。

|

« ディーラーにて | トップページ | キター! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジ英・10月号の復習その2:

« ディーラーにて | トップページ | キター! »