2024年2月26日 (月)

競走馬名の由来 (2024.2.25)

2/25(日)、今週は海外(サウジアラビア)で世界最高賞金レース「サウジカップ」が行われる週ということで、語学学習と競馬観戦のコラボ企画(主旨:言語学的に気になる競走馬名の由来を調べながらその馬を応援)の6回目をやっていきたいと思います。今回もJRAのHPにお世話になります。

阪神4R①ブリックワーク (Brickwork):レンガ造り
⇒偉大な父ブリックスアンドモルタル (Bricks and Mortar: レンガとモルタル) の作品はレンガ造りというシャレた命名
。結果は低評価(10番人気)を覆す着。ちなみに○○ワークという現役馬は、奇しくも同期にアートワーク (Artwork: 芸術作品)とサルヴェージワーク (Salvage Work: 海難救助作業) がいます。

中山6R⑧イージーブリージー (Easy Breezy):とても簡単な
⇒脚韻を踏んだ同意語からなる反復セット。
結果は、気の若さを見せながらも着。似たパターンの馬名としては、現役のサンデーファンデー (Sunday Funday: 楽しい日曜日) が挙げられます。ちなみにイージーを名に持つ現役馬は、本日中山7Rで2着に好走したイージーオンミー (Easy on Me: お手柔らかに) やスピークイージー (Speakeasy: 米国の禁酒法時代のバー) らがいます。

中山11R中山記念 (GII) ジオグリフ (Geoglyph):地上絵
⇒母の母がナスカ (Nasca)なので「隔世命名」。最強世代と呼ばれる現5歳で、あのイクイノックスを破って皐月賞を勝った馬。その後は連戦連敗で低迷中でしたが、今回
は復活を十分に予感させる着(4番人気)。ちなみに、1番人気で1歳下の皐月賞馬ソールオリエンスSol Oriens: 朝日(ラテン語))はジオグリフから半馬身遅れの4着。

| | コメント (0)

2024年2月19日 (月)

競走馬名の由来 (2024.2.18)

2/18(日)、今日は今年最初のGIレース「フェブラリーステークス」が開催される日ということで、語学学習と競馬観戦のコラボ企画(主旨:言語学的に気になる競走馬名の由来を調べながらその馬を応援)の5回目をやっていきたいと思います。今回もJRAのHPにお世話になります。

東京2R⑥ニシノコルベット (Nishino Corvette):冠名+快速艦
⇒corvetteの
発音は[kɔrvét]。corvetteの綴りを見てなぜかcommittee (委員会)を連想しましたが、どちらもフランス語由来の説があったので妙に納得。結果は流れに乗る先行策で見事に着(6番人気)。

京都10R③セオ (Theo):男子名。父名(スピルバーグ)からの連想(管理人注:スピルバーグ監督の息子の名)、ディオ (Dio):神(伊)

⇒出走表を見ておもわずニヤリ。Theoはギリシア語由来の「神」、Dioはイタリア語の「神」。この2頭が隣り合って神対決。実は1度対戦(その時も隣同士)があり、その時はセオが1着、ディオが2着。今回の結果は・・・ディオが1着でリベンジ、セオは3着。JRAの実況もかなりアツかったです。

東京11RフェブラリーS (GI) アルファマム (Alpha Mom):リーダー格のママ
アルファ=α (alpha) を名詞Nの前に付けると第一位のNという意味になります。例えば、1つの星座の中で最も明るい星はα星、猿の群れで最も強い雄はαオス(俗語のボス猿は誤解を招くおそれがあり学術的に推奨されないとのこと)ですアルファマムはいろんな意味で強そうですが、結果は10着。近年稀にみる超ハイペースの消耗戦決着で大外枠も厳しかったようです。

フェブラリーSは日本ダート界(マイル)の頂点を決めるGIレース。今回のレースの大きなポイントは、(i)真のトップ層が不在(1週間後の海外GI サウジカップ出走)、(ii)人気馬が気性難、という点。まず(i)の背景から芝路線組を含む各陣営のヤル気が倍増、芝スタートから加速した逃げ馬⑮ドンフランキーの異常なスピード、その番手で4頭の先行馬が激しくポジション争い、これが空前のハイペースを生みました。レースが流れると(ii)の気性難は自然解消される(人馬が折り合う)こともありますが、1番人気の⑤オメガギネスにとっては、道中で進路カットや接触を伴う消耗戦。レース経験の浅さ、テン乗りも災いしたのか直線で早々に失速。一方、2番人気の⑭ウィルソンテソーロも、レース前のイレコミによる体力消耗、オーバーペースの番手でよく粘りましたが、ラスト2ハロンで徐々に後退。結局、人気と連動しづらい終始一貫したタフさが問われるレースとなりました。結果は、三連単の配当が153万円超の大波乱。的中した皆様、おめでとうございます!

| | コメント (0)

2024年2月12日 (月)

競走馬名の由来 (2024.2.11)

2/11(日)、語学学習と競馬観戦のコラボ企画(主旨:言語学的に気になる競走馬名の由来を調べながらその馬を応援)の4回目をやっていきたいと思います。今回もJRAのHPにお世話になります。

東京4R新馬戦 ⑪バスティオン (Bastion):要塞。誰にも攻略を許さない圧倒的な存在になることを願って
個人的にbastionは初めての単語ですが、base (基地) と関連していると思われます。発音は[bǽstiən]ですが、USでは[bǽstʃən]とも。後者の発音ならSebastian's bastion (セバスチャンのとりで)でイケそうです(入れ子型の押韻)。結果は残念ながら10着(16頭中)。 

京都8R②サンライズプルート (Sunrise Pluto):冠名+冥王星。
2006年8月に惑星から準惑星に「降格」された冥王星。そのため、plutoが「降格させる」という意味の動詞(米・口語)にもなりました結果は1番人気を背負いましたが6着。「惑星から見る日の出」というつながりでは、ブルーサン (Blue Sun) という現役馬がいます。この馬名は、火星から見た朝日(夕日)の色が青いことに由来しています。

小倉11R⑧ファロロジー (Pharology):灯台学
⇒灯台学という学問を初めて知りました
。「明日をも照らす希望の光のような存在に」という願いが込められていそうです。結果は差のない10着(18頭中)。
珍しい学問名の現役競走馬としてはジェモロジー (Gemology: 宝石学) がおり、過去にはアンソロポロジー (Anthropology: 人間学) やトポロジー (Topology: 位相幾何学) がいました。

東京11R共同通信杯GIII ⑦パワーホール (Power Hall):入場曲名。
現役時代、革命戦士と呼ばれたプロレスラー「長州力」の入場曲。馬主は「スワーヴ」の冠号で有名な㈱NICKS。結果は、低評価(単勝151.2倍)を展開の利(超スローペースの逃げ)で覆して着。ちなみにサンダーストーム (Thunder Storm: 嵐、7戦0勝) が入場曲の天龍源一郎は、滑舌の悪さで長州力と双璧を成す存在

灯台学 (pharologyで思い出したのが研究社の英語辞典「ライトハウス」。LIGHTHOUSE(灯台)には、未知の英語の世界を照らすガイドのような意味が込められていると書いてあった気がします。後に、この辞典の編集に、NHK「基礎英語」でお世話になった小島義郎先生が携わっていたことを知りました。ちなみに-logy」は「~学」という複合語を作る接尾辞ですが、シンプルに言語や論理という意味で語形成に使われる場合もあります。紛らわしい例としては、mythology(神話(学))と misology(理屈・議論を嫌うこと <miso(嫌う)+logy(論理))があります。したがって、お味噌の学問の「ミソ学」は先客(後者)がいるため-logyを用いた単純な造語は厳しいかもしれません。

| | コメント (0)

2024年2月 5日 (月)

競走馬名の由来 (2024.2.4)

2/4(日)、語学学習と競馬観戦のコラボ企画(主旨:言語学的に気になる競走馬名の由来を調べながらその馬を応援)の3回目をやっていきたいと思います。この時期、何とかデビューにこぎつけた新馬(最初の2頭)を皮切りに、今回もJRAのHPにお世話になります。

東京5R④アルドール (Ardor):情熱(西)。母名(ヒルダズパッション)より連想。
⇒ラテン語の炎が語源ということで、英語だとardent (情熱的な) あたりが関連語。1番人気(単勝2.8倍)に支持されましたが結果は10着。ちなみに、ardorのrを全てlに変えるとaldolというβ-ヒドロキシカルボニル化合物になります。このaldolを生成するアルドール反応の最初の発見者とされているのが、意外にも
「韃靼人の踊り」で有名な作曲家のA. ボロディン(実は有機化学者で医師)。上記の反応が「ボロディン反応」となっていないのはスティグラーの法則どおり。

京都5Rスターリングアップ (Stirring Up):(心が)奮い立つ。
stir upは句動詞で(気持ちを)かき立てる。どんな気持ちかは目的語次第。
結果は着とまずまず。ちなみに、名前が~アップで終わる現役馬は、キイモップアップ (Kii Mop Up: 冠名+完成、総仕上げ)、ターニングアップ (Turning Up: 折り返し)、ブレークアップ (Breakup: 空が破れたかのように見えるオーロラ) など。過去にはJCを勝った豪のベタールースンアップ (Better Loosen Up: くつろいでよね) という名馬がいました。

京都10R③ヴァガボンド (Vagabond):風来坊。
⇒漫画の『天才バカボン』(諸説あり)や『バガボンド』にもみられますが、英語の発音は[vǽgəbɑ̀nd]。別の言い方だと man of pleasure(放蕩者)。なお、
ヴァガボンドは牡馬(オス馬)なので、Vagabond の綴りのままフランス語(ただし最後のdは黙音)でもいけます。母馬はカプリースレディー (Caprice Lady: 気まぐれな淑女) なので少し関係がありそうです。結果はインコースから逃げて最後までよく粘り着。

東京12R⑬フィンガークリック (Finger Click):ジャズでよく用いられる指パッチン。
⇒「指パッチン」は芸の呼称で正式ではないかもしれませんが便利な表現です。結果は馬番と同じ13着と振るいませんでしたが、興味深いのは父馬の名前=マインドユアビスケッツ (Mind Your Biscuits)。米の馬だし、あのシービスケット (Seabiscuit: 海軍用の堅パン、父馬はHard Tack: 乾パン) にちなんで?と思ったら「Mind Your (Own) Business (大きなお世話だ)」を捩(もじ)って付けられたとのこと。英語で「勢い型」のダジャレは珍しいと思いました。

ところで、vagabond の別の表現として man of pleasure を紹介しましたが、こんな時はポリコレ的に「person of pleasure」と無性語を使うべきと主張する人がいます。いつかのラジオ講座で、対象の性別がはっきりとわかっている状況でわざわざpersonを使うのは逆に変だと教わりました。例えば、会議の議長が男性であることが明白な時に、その議長に対する呼びかけや言及にchairpersonは使いません。一般論において、議長を勝手に男性と決めつけてchairmanとしないことがポリコレの考え方なので、無性語が常に万能なわけではないことに注意したいです。  

 

| | コメント (0)

2024年1月29日 (月)

ガチョウ騒動について

つい先日、ガチョウ(goose/geese)にまつわる翻訳記事が原因でちょっとした騒ぎがありました。それは、昨年末から年初にかけてJRA短期免許を初めて取得し日本競馬に騎乗していたL. Morris騎手(英国)が、自らの申請で免許取消、予定より1か月早く帰国して英国メディアに「I couldn’t turn geese into swans.」とコメントしたことに端を発します。日本のS社は、彼のコメントを「ガチョウを白鳥には変えられない」と直訳してネット配信したのですが、これが騎乗馬の質が悪くてどうにもならなかった(日本での通算成績:80戦1勝)という「捨て台詞」として受け取られ、日本で同騎手を批判する声が相次ぐ事態になりました。直訳記事はその後まもなく「長所を最大限に引き出すことができなかった」という同騎手の反省の弁に訂正されましたが、すると今度は批判の矛先がMorris騎手からS社に移り、「turn geese into swans」は「長所を最大限に引き出す」という意味の慣用表現なのだから誤訳(直訳)には悪意がある、Morris騎手に正式に謝罪すべきとの意見が出る始末・・・

ところで、私は「turn geese into swans」が上記の意味の慣用句だという話には懐疑的です。ただ、「All his geese are swans. (自分に身近な人やものは全てよく見えるものだ.)」という諺は有名なのでgoose (geese)とswan(s)の対比はしっくりきます。そもそも「What a goose! (なんてバカなんだ!)」という表現があるくらい、英語圏ではガチョウにあまりいいイメージがないので、Morris騎手のコメントに「ガチョウ=駄馬」という皮肉はなかったとしても、これを長所云々と訳すのはちょっと飛躍している感じがしました。

となるとこれは文脈上の意訳かと思い、英国レーシングポスト紙の元記事を読んでみました。すると該当箇所は「I had just the one winner and many places, but it’s quite tough going and I worked out that the average SP (管理人注: starting price) of my rides was 54-1. I soon realised that I couldn’t turn geese into swans.」となっていました。つまり、Morris騎手は、事実としてオッズで低評価だった自分の騎乗馬(ガチョウ)を勝ち馬or着順上位馬(白鳥)にすることはできなかったと冷静に状況分析をしているわけです。私がもしコタツ記事を書くとしたら「私が勝てたのは1度だけで2、3着は何度もありましたが、状況はかなり厳しく、計算したら私の騎乗馬の平均最終オッズは55倍でした。この低評価を覆して大きな成果を上げるのは難しかったとすぐ理解しました。」という感じになります。昨今のメディアやネット民は「切り取り」がすぎるので、S社も無難に意訳しておけばいろいろとカドが立たず、炎上拡大阻止のため妙な訂正でお茶を濁すこともなかったかもしれません。

ちなみに、元記事の中でMorris騎手は、今回の日本での騎乗をタフだが素晴らしい経験だったと述べ、JRAへの深い感謝や再来日への意欲も示しています(なので捨て台詞を吐くわけがありません)。公式には「一身上の都合」とされている早期帰国の理由も、騎乗停止処分(2/3,4)を受けたこととJRAは土日しかレースがないので、とビジネスライクな対応(短期免許取消と同日(1/24)に早速英国で騎乗再開)だったことが明かされています。

それにしても、今回の騒動は洋の東西を問わず「白鳥がガチョウよりも優れている」という共通認識(見た目?or ガチョウ=家畜だから?)が根底にあり、ガチョウにとっては相変わらずかわいそうな役回りでした。ですが、そのガチョウにも「golden goose (無限に利益を生むもの)」という最強のポジティブ表現があります(イタリアの人気アパレルブランド名にもなっています)。これは「kill the goose that lays the golden eggs (目先の利益に目がくらんで将来の利益を台無しにする)」という慣用句と同様、「黄金の卵を1日に1個ずつ産むガチョウ(golden goose)を持っていた男が、一度にたくさんの黄金の卵を手に入れようとしてそのガチョウを殺してしまった」というイソップ寓話に由来しています。いつか「○○○グース」と名付けられた競走馬にMorris騎手が騎乗してスワンS (GII)を勝ったら最高のリベンジになりますが、その確率は・・・オッズで555倍くらいでしょうかw


Photo_20240128233501
「金の卵を産むガチョウ」は時々
 なぜか全身も金色で描かれます。

| | コメント (0)

2024年1月22日 (月)

アワード vs. アウォード

今回は「award」の発音にまつわる雑談回です。日本語で賞を意味する「アワード」が定着してから大分時間が経った気がしますが、awardの発音は[əwɔ́rd (US)/əwɔ́ːd (UK)]なのだから、日本語もアウォードとするべきだという人がいます。なぜなら「Star Wars」は「スター・ーズ」ではなく「スター・ウォーズ」ではないか、と。実は外国語の言葉を日本語に取り入れる場合には字訳、音訳、または意訳があり、どれが採用されるかはその言葉次第なところがあります。このawardに関しては、アワードが字訳でアウォードが音訳ですので、字訳が広く受け入れられているという現状です。心配なのは、英語を喋るときに綴りやカタカナ語に引きずられて発音を間違えてしまうことですが、それはawardに限らずよくある話です。綴りでいうと、spinach(ほうれん草)はスピッチではなくスピッチ [spínitʃ] と発音するのが個人的には最もインパクトがあるトラップです(ほかにも、bury [bri], women [wmin] など)。

さて、実際にググってみると検索結果数はアワードが全体の99%以上(アワードとアウォードの二択で)を占めており圧倒的でした。言葉は「一度定着したものは回収しがたい」性質があるので、この状況だとアウォードがメジャーになることはほぼないかもしれません。そんな中、果敢にもあえてマイナーなアウォードの方を公式に採用している団体や組織があるのか調べてみると以下の2つが見つかりました。

Jリーグアウォーズ((公社)日本プロサッカーリーグ (Jリーグ))

東京ドラマアウォード((一社)日本民間放送連盟)

やはり、アウォード派を探すのは一苦労で、ほとんどがアワード派でした。上記の2団体(社団法人)には「アウォード賞 (AWARD AWARD)」を差し上げて、その勇敢さを称えたいと思います。ちなみに、NPB AWARDS(プロ野球)や B.LEAGUE AWARD(プロバスケ)など、あえて英語のまま(発音は謎ですが)にしている団体もありました。

外国語の単語をカタカナ語にする場合、音訳には原語自体の発音ゆれの問題や音声学的な限界がある一方、字訳に頼ると原語の発音からは遠ざかることになります。ダイアベティス(糖尿病の代替語候補)もそうですが、学術用語には字訳が多い印象です。ちなみに、日本化学会には化合物の化学名(メインはカタカナ表記)が一通りに決まる字訳基準表があります。例えば、化学物質のxyleneは、日本語では字訳により「キシレン」となりますが、英語では「ザイリーン [záiliːn]」なので発音にはかなりの開きがあります。学術界で字訳を採用する理由としては、原語の発音を犠牲にしても表記ゆれをなくすことを優先し、論文や特許の正確な検索をしやすくするメリットなどが考えられます。

Photo_20240129005801
 この賞は「アウォード・アワード」と読みます。

| | コメント (0)

2024年1月15日 (月)

Mnemonic Aids

今回は mnemonic (aid)=記憶を助けるもの、つまり単語などを暗記してすらすらアウトプットするための語呂にフォーカスします(過去記事でもpunとして少し触れています)。まず、mnemonic という単語自体が覚えづらいわけですが、私は鶏のムネ肉をイメージして「ムネも肉」と覚えています(ただし実際の発音は冒頭のmが黙音なので注意です)。以下、前半は綴りや発音が難しい(と思う)英単語の覚え方、後半は英文法(概念)関連の有名な覚え方をそれぞれご紹介していきます。

<単語編>
bleary [blíəri] ぼやけた
 意味を「ブレあり」でぼやけた、と覚える。

Caribbean [kəríbiənカリブ人[海] (の)
 ①「カリブ豆(Carib+bean)」でカリビアンコーヒー豆を意識。
 ②「カリッビアン」を意識してbbとダブる。
 「カリブ語」はCarib [kˈærib]。

dinosaurs [dáinəsɔ̀rz恐竜(複数形)
 綴りをディノサウルス(架空の恐竜)と覚える。発音に要注意!
 単数形は最後にs [z] がない。

・euthanasia [jùːθənéiʒə] 安楽死
 発音を youth in Asia(アジアの若者)と覚える。ネイティブ直伝。

hierarchy [háiərɑ̀rki] ヒエラルキー、階層
 発音を Hi, Araki!(はーい、荒木!)と覚える。

juxtaposition [dʒ`ʌkstəpəzíʃən] 並置二物衝撃(俳句)
 意味を、熟したポジションの俳人の円熟テクニック=「二物衝撃」と覚える。oxymoron(撞着表現)もその1つ。

mnemonic aid 記憶を助けるもの(語呂など)
 最初のが黙音であることに注意しつつ、綴りを「ムネも肉」と覚える。
 語源は mnesia 記憶(ラテン語)。cf. amnesia 健忘症 (a=否定の接頭辞)

ruddy 血色のよい
 綴りは、血液が流れてddとダブる。
 cf. ruddy Rudy 血色のよいルディ
 cf. ruddy apple 真っ赤なリンゴ(<An apple a day

vulnerable [vʌ́lnərəbl] 脆弱な/傷つきやすい/(経済が)不安定な
 意味を「バーナー(で)あぶる」と脆くなる、と覚える。
 cf. (gas) burner (ガス)バーナー

<文法編>
FANBOYS:7つの等位接続詞⇒ for, and, nor, but, or, yet, so
 基本は、[第1文], 等位接続詞 [第2文] のように使います。
 ×[第1文]の後にコンマを打っていきなり[第2文]を続ける
 ×[第1文] 等位接続詞 [第2文] (文同士が短い場合を除く)
 [結果の文], for [理由の文]。倒置しない(becauseと同様)
 yetは逆接の等位接続詞で、butよりも意外感が出る
 soは口語的(文頭のSo(接続副詞)は特に)⇒論文ではNG

CHIN FAT TO MOM:12個の接続副詞(文語調)
⇒consequently, however, indeed, nevertheless, furthermore, as a result, therefore, thus, on the other hand, moreover, otherwise, meanwhile
 文語では、[第1文]; 接続副詞, [第2文] の使い方が便利です。

BE WISE AT WAR:11個の従属接続詞
⇒because, even if, when, if, since, even though, although, though, while, as, whereas
 ①[主文] 従属接続詞 [従属文] or ②従属接続詞 [従属文][主文]
 ②の「,」は倒置のコンマ(cf. Joe Shimamura=Shimamura, Joe)
 because+[初出の理由]は①、since/as+[既知の理由]は②の形
 whereasの意味でwhileを使わない(The ACS Style Guide)

MEGAFEPS(メガフェプス)動名詞だけを目的語に取る動詞
⇒mind, enjoy, give up, avoid, finish, escape, practice, stop
 追加でPACSMIDA(パクスミダ)(韓国語っぽい自作の語呂)
  postpone, admit, consider, suggest, miss, imagine, deny, advise

MPTルール副詞(句)の基本的な配列順序
 
[主語]+[動詞](+[目的語])+[方法(Manner)]+[場所(Place)]+[時間(Time)]
 ただし、副詞句の長さに割と差があるときは短い方が前に来る

学生だった頃、『英単語連想記憶術』(青春新書) なる本を買ったことがありましたが、その中に「ラーメン食べる(lamentable悲しい受験生」というフレーズがあったのを今でも覚えています。実際の発音は [ləméntəbl] で少し違うのと、ラーメンは ramen です、とツッコミをしたくなりますが、それが気にならないくらい語呂も良くて秀逸な作品です。そういえば「r」の発音を苦手にしている日本人が自虐的に言う「日本のラーメンは他の国と違って lamen と書くんですよ」というジョーク(from 杉田敏先生)を思い出しました。
  

2_20240124223901
LAMEN
日本のラーメンは一味(一文字)違う!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«語形成の突然変異